close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

東京都内のストリートアート5選!SNS映え抜群の壁画を探しに行こう!

アート好きが東京都内を観光をするなら、美術館へ行く人も多いのでは?実は、美術館だけではなく、東京の街並みの中にも壁画やオブジェを見つけることができます。そこで今回は、美術館に入らなくても街を歩きながらアート鑑賞できるストリートアート・ウォールアートをご紹介!どこも観光やショッピングを楽しめるスポットに近いので、予定に組み込みやすいですよ。

ストリートアートとは?

ストリートアートとは、美術館やギャラリーの中で展示されるアートではなく、建物の外壁など公共的な場所で鑑賞できるアートのこと。人混みを避けて街中を歩きながら鑑賞したり、写真を撮ったりすることができますよ。壁画の前に立って撮影すれば、まるでCDジャケットのようなSNS映え写真に!
今回ご紹介する原宿、高円寺、神保町、東京はショッピングにも便利な立地なので、ぜひ東京観光の予定にストリートアート鑑賞も組み込んでくださいね。ちなみにストリートアートというと落書きのイメージもありますが、今回ご紹介するアートは全て違法に描かれたものではありません。

1. デザインフェスタギャラリー(原宿)

原宿のデザインフェスタギャラリーは、国籍を問わず誰でもオリジナル作品を出展できるギャラリー。1階から3階まで、大小さまざまなスペースがあり、入場料無料でアートを楽しむことができます。
建物の中のギャラリーはもちろん、建物自体も立派なアート。黒いパイプを組み合わせたような外観が白い壁に映えて、無機質でおしゃれです。さらに、ギャラリー内に併設されているカフェには木が生えていて、アート好きの隠れ家といった雰囲気。ゆっくり時間をかけて見たい、楽しいアートスペースです。
展示によってはアクセサリーやオブジェの展示販売を行っている場合もあるので、アートな小物を買いにライターもぜひ行ってみたいです。

1. デザインフェスタギャラリー(原宿)

東京都渋谷区神宮前3-20-18

2. bar bonobo(原宿)

原宿から徒歩約12分の住宅街の中にある、イベントスペース兼バーのbar bonobo。1960年に建てられた日本的な古民家の壁にも、目立つストリートアートが描かれています。描かれているのは、青白い顔をした芸者の幽霊。前に生えている木の葉が顔を覆い隠すようになっているので、バーがオープンしている夜に見に行くとびっくりしてしまうかもしれませんよ。
こちらのバーではエレクトロミュージックが大音量で流れ、DJイベントも頻繁に開催されています。東京で夜に遊べる場所を探している方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

2. bar bonobo(原宿)

東京都渋谷区神宮前2-23-4

3. Mural City Project Koenji(高円寺)

多くのアーティストが住む高円寺に、壁画を鑑賞できるスポットをつくり、観光スポットとしようという取り組みがMural City Project Koenji。高円寺エリアの数か所で、建物の壁に描かれたアートを見ることができます。
こちらの写真はプロジェクトの第一作目の壁画で、夕日に向かって運転する女性が描かれています。振り返った表情がとてもセクシー!

場所:JR高円寺駅の高架下の駐車場 東京都杉並区高円寺南4-42-4

こちらの壁画は、6階建てのビルの壁に大きなワシが翼を広げていて迫力満点!カラフルで写真映えしそうな壁画ですよね。

場所:Studio L’agile(YSビル) 東京都杉並区高円寺南4-26-5

ご紹介した2つ以外にもプロジェクトの作品は高円寺の街に点在しているので、ぜひ歩いて探してみてください。ちなみに高円寺は若者向けの古着屋が多く、ライターもよく行きます。ファッション好きにもおすすめの街ですよ。

3. Mural City Project Koenji(高円寺)

4. ギャラリーかわまつ(神保町)

ピカソやダリなど、世界的に有名なアーティストの作品を扱うギャラリーかわまつ。そんなギャラリーの外壁に描かれたアートな壁画がこちら。型紙を使ったステンシルという技法で描かれた壁画は、どこか温かみのあるカワイイ雰囲気!お店が若手アーティストに依頼して描いてもらっているそうですよ。
ちなみにライターも神保町を散歩することが多く、古書店をのぞいたり、歴史ある蕎麦店でランチを食べることも。また、街を歩いていると趣のある建物を発見できるのも神保町の面白さです。電気街で有名な秋葉原から歩くこともできますよ。

4. ギャラリーかわまつ(神保町)

東京都千代田区神田神保町2-12-1

5. 丸の内ストリートギャラリー(東京)

最後は東京駅周辺で鑑賞できるオブジェ・丸の内ストリートギャラリーをご紹介。石畳が美しい丸の内仲通りを中心に、国内外で活躍する有名アーティストのオブジェの展示を鑑賞することができますよ。
草間彌生(くさまやよい)のカボチャのオブジェや、エミリオ・グレコの彫刻など、散歩やショッピングをしながらアート鑑賞も楽しめます。エミリオ・グレコの作品の近くにはライターもよく行く三菱一号館美術館もあるので、アート好きにはこちらもおすすめ。館内の外向きの廊下から、彫刻のある中庭を見下ろすこともできます。


三菱一号館美術館

5. 丸の内ストリートギャラリー(東京)

東京都千代田区丸の内2周辺

番外編:東京にはアートなトイレもある

東京の街でストリートアートを鑑賞するなら、ぜひ芸術的な公衆トイレにも立ち寄ってみてください!
写真は観光地・浅草からも徒歩圏内の厩橋際(うまやばしぎわ)公衆トイレ。人の顔が並んでいる目立つデザインで、一見トイレかどうか分かりません。
また、東京都渋谷区内には、世界的に活躍する16人のクリエイターが参加したプロジェクトにより、17か所のアートな公衆トイレが設置されています。透明な壁で中が丸見えなのに、内鍵をかけると一瞬で外から見えなくなる不思議な公衆トイレもありますよ!

番外編:東京にはアートなトイレもある

いかがでしたか?壁画からオブジェ、さらにはトイレまで、東京の街を歩いていると、思わぬところでアートに出合います。お気に入りのアートと一緒に撮影してくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!