close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【最新版】日本橋のおすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで徹底解説

江戸時代(1603年〜1868年)の伝統や文化が色濃く残る「日本橋」。古いものを残しながら・よみがえらせながら、新しい文化を創り発信していく日本橋には、行列のできる老舗グルメや重要文化財に指定された百貨店、美術館や博物館など見逃せない観光スポットがたくさんあります。今回はその中から特におすすめしたい20選をご紹介します!

日本橋とは

江戸時代(1603年〜1868年)に城下町として栄えた「日本橋」地域は、各地を結ぶ5つの主要道路・五街道の起点でもあり、日本全国から商人や職人が集まるビジネスの中心地でした。その規模はパリやロンドンに匹敵すると言われています。現在も当時の文化や特徴が色濃く残っており、歴史的建造物が残る「室町エリア」、飲食店が立ち並ぶ「八重洲エリア」、問屋街が集まる商人の町「横山町・馬喰町(ばくろちょう)・東日本橋エリア」、金融の中枢を担う「兜町(かぶとちょう)・茅場町エリア」、町人文化が花開いた街「人形町・浜町エリア」の5つのエリアが存在します。

1. 金子半之助で天丼を食べる

絶品天丼を目当てに大行列ができる日本橋の老舗「金子半之助」。三越前駅A1出口から徒歩1分、歴史的建造物が残る室町エリアのメイン通りから少し入った路地にひっそりとたたずむ名店。和食をこよなく愛した金子半之助が残した「秘伝の江戸前の丼たれ」に合う食材を探し求めた結果出来上がった、究極の天丼が味わえます。粋で豪快で手頃な天丼、という金子半之助の思いを形にした「江戸前天丼(980円(税込))」は、毎朝市場から仕入れる新鮮な穴子や海老、イカ、半熟玉子を盛り付けたボリューム満点な一品です。

1. 金子半之助で天丼を食べる

東京都中央区日本橋室町1-11-15

2. 日本橋だし場 はなれのランチで日本の食文化を味わう

創業320年の鰹節専門店「にんべん」が運営する、こだわり抜いた出汁料理のお店「日本橋だし場」。三越前駅A6出口から徒歩2分のところにある商業施設・COREDO室町2の1階にあり、店内には素材感や伝統感、粋を感じる空間が広がっています。ランチは全部で3コース。数量限定の「今月のだし炊き込み御膳(2,040円(税込))」は、出汁が効いた炊き込みご飯に惣菜・デザートが付いた人気メニュー。具だくさんのお椀を和洋から選べる「だし椀御膳(1,020円(税込))」や、お肉・魚の主菜中心に一汁三菜がセットなった「一汁三菜御膳(1,220(税込))」もおすすめ!

2. 日本橋だし場 はなれのランチで日本の食文化を味わう

東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2

3. 日本橋いづもやで厳選したうなぎのみを使用したうな重を食べる

1946年創業の老舗うなぎ屋「日本橋いづもや」。三越前A8出口から徒歩3分、創業当時の建物が残る本店本館は、伝統を感じる落ち着いた雰囲気が広がっています。厳選した食材だけを使用し、うなぎの旨味を最大限に引き出すために1つ1つ手作業で丁寧に調理していく様子はまさに職人技。創業当時から継ぎ足されている秘伝のタレを使った蒲焼きは、うなぎの旨味とさっぱりしたタレ、山椒の風味の相性抜群!白米の上に蒲焼きをのせたうな重は、3,080円(税込)から。秘伝の割り醤油と本わさびで食べる「白焼き」もおすすめです!

3. 日本橋いづもやで厳選したうなぎのみを使用したうな重を食べる

東京都中央区日本橋本石町3-3-4

4. 老舗千疋屋総本店フルーツパーラーでパフェを食べる

1834年に創業した果物文化のパイオニア「千疋屋総本店」。三越前駅から地下通路で徒歩1分のところにある日本橋本店の2階には、白を基調とした洗練された空間が広がるフルーツパーラーがあります。世界中から厳選されたフルーツに専属パティシエの巧みなカッティングが施され、味も見た目も楽しめる極上のスイーツを堪能できます。フルーツパーラーに行ったら必ず食べたいのがフルーツパフェ。「千疋屋スペシャルパフェ(2,310円(税込))」や「マスクメロンパフェ(3,300円(税込))」が人気です。

4. 老舗千疋屋総本店フルーツパーラーでパフェを食べる

東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー2F

5. 日本橋高島屋でブランドショップを巡る

2009年に百貨店建築として初めて重要文化財に指定された「日本橋高島屋」は、2019年3月5日に新・都市型ショッピングセンターとしてリニューアルオープンしました。憩いの場「屋上庭園」・学びの場「高島屋史料館TOKYO」などが加わった本館、日本初上陸を含めた専門店が100店以上並ぶ新館、日本カルチャーを代表するポケモンカフェがある東館、トップブランドから希少品まで幅広い時計をそろえるタカシマヤ ウオッチメゾン東京・日本橋の個性あふれる4館でショッピングを楽しめます。銀座線・東西線の日本橋駅直結の好アクセス!

5. 日本橋高島屋でブランドショップを巡る

東京都中央区日本橋2-4-1

6. 日本橋三越本店でショッピングを楽しむ

三越前駅より徒歩1分、歴史的建造物が残る室町エリアのメイン通りにたたずむ「日本橋三越本店」。重厚感のあるルネサンス様式の本館は2016年に重要文化財に指定されました。本館の正面玄関にいる2頭のライオン像は、三越のシンボルとして待ち合わせスポットになっています。化粧品やジュエリー、ファッションはもちろん、日本橋らしい呉服(日本の織物の総称)など、幅広いジャンルでショッピングを楽しめます。2020年春にはビックカメラが出店し、日本橋エリアで唯一の家電専門店がオープンします!

6. 日本橋三越本店でショッピングを楽しむ

東京都中央区日本橋室町1-4-1

7. BUNMEIDO CAFEでふわふわのカステラを食べる

三越前駅から徒歩1分、創業1900年の老舗菓子屋「文明堂」が手がけるカフェレストラン「BUNMEIDO CAFE」。白を基調としたスタイリッシュなカフェエリア、小さな庭園を眺めるテラス席など、フロアによって雰囲気が異なるおしゃれな店内で、100年以上受け継がれる技法で丁寧に仕上げたふわふわのカステラを堪能できます。しっとりコクのある「特撰 五三カステラ」とかろやかな口どけの「特撰 ハニーかすてら吟匠」がセットになった「文明堂カステラ 特撰合わせ(880円(税込))」がおすすめ!

7. BUNMEIDO CAFEでふわふわのカステラを食べる

東京都中央区日本橋室町1-13-7

8. 店舗数約70店舗のコレド室町を散策する

「日本をにぎわす、日本橋」がコンセプトの「コレド室町」は、日本橋の歴史感じる老舗店や全国のこだわりの「食・モノ」を提供するお店、映画館や多目的ホールが集まった総合商業施設です。「コレド」は英語で核を意味する「CORE」と江戸「EDO」を組み合わせた造語で、コレド室町を起点にこれまでの歴史・伝統に新しい文化を融合し発信しています。コレド室町に行ったらぜひ立ち寄りたいのが「芋屋金次郎」。芋けんぴやスイートポテトなど、さつまいもを使ったスイーツが女性に大人気!2019年9月には新たに「コレド室町テラス」がオープンしました。三越前A6番出口から直結でアクセスも抜群!

8. 店舗数約70店舗のコレド室町を散策する

東京都中央区日本橋室町2-2-1

9. 日本銀行金融研究所貨幣博物館で日本の貨幣の歴史を学ぶ

三越前駅B1出口から徒歩1分のところにある「日本銀行金融研究所貨幣博物館」は、1982年の日本銀行創立100周年を記念して開館した博物館です。歴史的・文化的資料や8世紀に使われていたお金の実物、江戸時代の金貨「大判」の実物など約3,000点が展示されており、金融の街・日本橋で日本や世界のお金の歴史が学べる人気スポット。ご自身のスマートフォンできける英語の音声ガイドもあるので安心!所要時間は30分〜1時間程度。入場料無料です。

9. 日本銀行金融研究所貨幣博物館で日本の貨幣の歴史を学ぶ

東京都中央区日本橋本石町1-3-1

10. 日本橋の麒麟(きりん)と写真を撮る

日本各地を結ぶ5つの主要道路・五街道の起点に定められた「日本橋」には、1911年に木造から石造に架け替えられた際に同時に造られた麒麟の像があります。もともと麒麟に翼はありませんが「日本の道路の起点であるここから、日本中に飛び立っていけるように」という願いを込めて、この2体の麒麟には翼がつけられています。現在では日本橋のシンボルとして観光客に人気のフォトスポットです。日本橋駅B9出口から80mほど進むと麒麟の像があります。

10. 日本橋の麒麟(きりん)と写真を撮る

東京都中央区日本橋1-1-1

11. 三井記念美術館で貴重なコレクションを見る

江戸時代の大商人・三井家が約350年かけて収集した美術工芸品約4,000点や切手類約13万点が展示されている「三井記念美術館」。茶道具を中心に絵画・書跡・刀剣など多岐にわたる美術工芸品があり、国宝が6点と重要文化財が75点含まれています。三井記念美術館が入る三井本館の建物自体も重要文化財に指定されており、西洋建築の重厚なたたずまいが特徴的。三越前駅A7出口から徒歩1分。入館料は一般1,000円、大学・高校生は500円、中学生以下は無料です。

11. 三井記念美術館で貴重なコレクションを見る

東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館 7F

12. 福徳神社で参拝をする

三越前駅A6番出口より徒歩1分、コレド室町のすぐ隣にあるビルに囲まれた神社「福徳神社」。五穀豊穣(農作物の豊作)の神様がまつられており、別名「芽吹神社」とも呼ばれています。江戸時代には「富くじ」という宝くじの前身の発行を認められた数少ない神社だったことから、現在では宝くじの当選祈願をする人が集まる金運アップの神社としても有名です。24時間いつでも参拝はできますが、御朱印の受付は10:00 am ~ 3:00 pmだけなので要注意。

12. 福徳神社で参拝をする

東京都中央区日本橋室町2-4-14

13. 日本橋船着場からクルーズを楽しむ

日本橋は、日本橋川や神田川、隅田川など東京を代表する個性豊かな川とつながっており、2011年に20代目・日本橋の完成から100年を記念して造られた日本橋船着場からは江戸の風情を楽しめる様々な周遊クルーズが出航しています。日本橋川最大級の江戸橋の下をくぐり抜ける「日本橋川方面コース」やドイツのつり橋を模した重要文化財・清洲橋を眺める「隅田川方面コース」、最先端技術で作られた重要文化財・勝鬨(かちどき)橋を眺める「東京湾方面コース」があります。三越前駅B6出口から徒歩1分です。

13. 日本橋船着場からクルーズを楽しむ

東京都中央区日本橋1-9

【元旦から1月7日に日本橋七福神巡りをしてご利益をもらう】

毎年1月1日から7日に行われる「日本橋七福神めぐり」。七福神とは500年ほど前から信仰されている7つの神様の総称で、全て参拝すると災難を逃れ幸福を授かると言われています。日本橋七福神はそれぞれの距離が近く、巡拝時間が日本で一番短いのが特徴。人形町駅周辺の下町情緒あふれる街並みを眺めながら巡拝できると人気の行事です。日本橋七福神がまつられている7つの神社をご紹介します!

【元旦から1月7日に日本橋七福神巡りをしてご利益をもらう】

14. 水天宮(弁財天)で安産・子宝祈願をする

水天宮前駅5番出口より徒歩1分のところにある「水天宮」。安産・子宝祈願として有名な神社で、毎月戌の日(いぬのひ・妊婦さんが腹帯を巻いて神社に安産祈願する日)は入場規制がかかるほど混雑します。水天宮の安産御守は「御子守帯」という帯そのもの。お産が軽く多産である犬にあやかった縁起物「福犬」のお守りも人気です。こちらには七福神の中で唯一女性の神様である「弁財天」がまつられており、弁財天は学業や金運のご利益があると言われています。

14. 水天宮(弁財天)で安産・子宝祈願をする

東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1

15. 茶ノ木神社(布袋尊)で防災を祈願する

水天宮前駅8番出口から徒歩1分のところにある「茶ノ木神社」。地域の方々から「お茶ノ木様」と親しまれており、夫婦円満・子宝の神として信仰が厚い「布袋尊」がまつられています。昔この地域を治めていた城主のお屋敷があり、一度も火事が起きなかったことから火伏せの神様としても信仰されています。社務所がないので1月1日から7日の日本橋七福神の開催中だけ特設テントで御朱印をいただけます。

15. 茶ノ木神社(布袋尊)で防災を祈願する

東京都中央区日本橋人形町1-12-10

16. 笠間稲荷神社(寿老神)で強運をつける

浜町駅A2番出口から徒歩4分のところにある「笠間稲荷神社」は、日本三大稲荷の1つ茨城県・笠間稲荷神社の東京別社。食物や農業の神様がまつられ、商人から庶民まで広く信仰を集めてきました。また、長寿の神・お導きの神・幸運の神である七福神「寿老神」が守護神としてまつられているので、強運を導きたい人におすすめです。

16. 笠間稲荷神社(寿老神)で強運をつける

東京都中央区日本橋浜町2-11-6

17. 末廣神社(毘沙門天)で勝負運をつける

人形町駅A3出口から徒歩2分のところにある「末廣神社」。江戸時代に吉原(国から認められた、遊女屋を集めた地域)の氏神様として信仰を集めていました。七福神の中で唯一武将の姿をしている「毘沙門天」がまつられており、勝運向上のご利益が有名ですが、病気平癒や厄除けといったご利益もあると言われています。

17. 末廣神社(毘沙門天)で勝負運をつける

東京都中央区日本橋人形町2-25-20

18. 椙森(すぎのもり)神社(恵比寿神)で当選祈願をする

人形町駅A5出口から徒歩5分のところにある「椙森神社」。今から約1000年前に創建され、雨乞い祈願などの記録も残る歴史ある神社で、商売繁盛の神様「恵比寿様」がまつられています。江戸時代に境内で「富くじ」を行っており、「富塚」と書かれた石碑があることから宝くじの当選祈願としても有名な神社です。

18. 椙森(すぎのもり)神社(恵比寿神)で当選祈願をする

東京都中央区日本橋堀留町1-10-2

19. 松島神社(大国神)でご利益を授かる

水天宮前駅7番出口から徒歩2分のところにある「松島神社」。1箇所の拝殿に14柱の神様がまつられている珍しい神社で、一度の参拝で多方面のご利益を授かることができるとひそかなブームが起きています。破壊と豊穣の神として信仰されていた「大国神」がまつられており、現在では豊穣の神の一面が強く残っています。

19. 松島神社(大国神)でご利益を授かる

東京都中央区日本橋人形町2-15-2

20. 「強運の神様」小網神社(福禄寿・弁財天)でお参りをする

人形町駅A2出口より徒歩5分のところにある「小網神社」。健康長寿の神「福禄寿」と商売繁盛・学芸成就の神「弁財天」がまつられています。近年では「強運・厄除け」の神社、また敷地内にある「銭洗い(ぜにあらい)の井」でお金を洗うと金運を授かるという「東京銭洗い弁天」としても有名で、お正月は7つの神社の中で1番混雑しているので時間に余裕を持って参拝することをおおすすめします。

20. 「強運の神様」小網神社(福禄寿・弁財天)でお参りをする

東京都中央区日本橋小網町16-23

伝統と革新の街・日本橋で見逃せないおすすめスポット20選をご紹介しました!日本ならではのグルメを堪能したり、美術館や博物館で学んだり、ショッピングをしたり、お好みに合わせたプランで日本橋をお楽しみください!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!