close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

六本木ヒルズなどの高層ビルが立ち並び、洗練された都会的な雰囲気の漂う街・六本木。グルメやショッピングはもちろん、アートを楽しめるスポットが多いことも特徴です。今回はそんな六本木のおすすめ観光スポットをご紹介します!

六本木とは

六本木ヒルズをランドマークとして、オフィスビルや高層マンション、高級ブランド店などが立ち並ぶ六本木。東京都心にあるので都内の主要駅からのアクセスも良く、都内の他の場所を観光した後に立ち寄ることもできますよ。
では、六本木の街を詳しくご紹介していく前に、都内主要駅からの時間とアクセスを確認しておきましょう。
東京駅から六本木駅までは東京メトロ丸ノ内線で霞が関駅へ行き、東京メトロ日比谷線に乗り換えるルートで、約16分。渋谷駅からは東京メトロ銀座線で青山一丁目駅まで行き、 都営大江戸線に乗り換えるルートで、約13分で着きます。銀座駅や新宿駅からも電車を使って10分程度でアクセスできます。

六本木ヒルズ展望台から東京の夜景を眺める

六本木といえば、ぜひ見ておきたいのは大都会の夜景!写真のようなまばゆい都会の光を眼下に楽しむことができます。東京タワーもしっかり写真に収められますよ。もちろん夜だけでなく、昼の眺望も絶景です。
ちなみにこの展望台は二段階に分かれており、52階には室内展望室「東京シティビュー」が、六本木ヒルズのビル屋上には「スカイデッキ」というオープンエアーの展望台があります。夜風に当たりながら、360度の都会の夜景に包まれるのも素敵な思い出になりそうですね。

料金:東京シティビュー/一般1,800円、学生(高校・大学生) 1,200円、子ども(4歳~中学生) 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
スカイデッキ/ 一般 500円、学生(高校・大学生) 500円、子ども(4歳~中学生) 300円、シニア(65歳以上) 500円
※スカイデッキは、別途森美術館、東京シティビュー、森アーツセンターギャラリーのいずれかのチケットが必要となります

六本木ヒルズ展望台から東京の夜景を眺める

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F

毛利庭園を散策してリフレッシュする

にぎわう六本木ヒルズのすぐそばで、緑の広がる静かな日本庭園が「毛利庭園」です。春は桜、秋は紅葉、そして時期によっては夜のライトアップやイルミネーションと見どころも多く、木々の間をゆっくり歩けば観光の疲れがリフレッシュできます。
もし立ち寄ったら、庭園の中の「毛利池」で泳いでいる小さな魚・メダカも探してみてくださいね。実はこのメダカは、1994年に日本人女性初の宇宙飛行士である向井千秋さんらがスペースシャトル「コロンビア」内で行った実験で、脊椎動物として初めて宇宙でふ化した「宇宙メダカ」の子孫なんですよ。

毛利庭園を散策してリフレッシュする

東京都港区六本木6-10-1

けやき坂通りでロマンティックなイルミネーションの中を歩く

もし11月上旬から2月中旬の間に六本木を訪れるなら、ぜひけやき坂で行われるイルミネーションを楽しんでください。けやき坂は六本木ヒルズの前を通る道で、2018年は70万灯のLEDが木々を美しく彩りました。特にクリスマスの時期は、近くの東京ミッドタウンや六本木ヒルズと合わせて壮大なイルミネーションを堪能できますよ。
※公式ホームページは2018年度のものです。

けやき坂通りでロマンティックなイルミネーションの中を歩く

東京都港区六本木6-12

グランドハイアット東京の洗練されたおもてなしを堪能する

「グランドハイアット東京」は、六本木ヒルズ内にあるラグジュアリーホテル。口コミでの評価も高く、高級感のある客室やスタッフの対応の良さが魅力です。プールやジム、スパなども活用して、贅沢な時間を過ごしたいですね。
レストランはフレンチ、イタリアン、中華、寿司、和食などさまざまなお店がそろっていますが、中でもおすすめは鉄板焼きの「けやき坂」。高級食材を目の前で調理してくれるので、鮮やかな手つきを見ながらとろけるような和牛のステーキを味わえます。

グランドハイアット東京の洗練されたおもてなしを堪能する

東京都港区六本木6-10-3

東京ミッドタウンでお土産を買う

「東京ミッドタウン」は、最新のファッションブランドや雑貨、おしゃれなカフェ、レストラン、さらに美術館や公園など、さまざまな要素で構成された複合施設です。美術館があるためか、普通のファッションビルよりもアート系のイベントやインテリアショップが充実しているのも特徴!日本らしさを取り入れた、デザイン性の高いお土産を探すのにぴったりです。
インテリア雑貨を買うなら、「中川政七商店街」や刃物専門店の「日本橋 木屋」、たくさんの箸を扱っている「箸長」へ。ちょっと変わったお土産を探すなら、日本酒専門店の「SAKE SHOP 福光屋」も面白いですよ。1625年に創業された歴史ある酒蔵の直営店で、日本酒はもちろん、日本酒を使ったスイーツやコスメまで販売されています。

東京ミッドタウンでお土産を買う

東京都港区赤坂9-7-1

ミッドタウン・ガーデンで季節のイベントに参加する

東京ミッドタウンの中には、都心の真ん中でごろりと横になれる広大な芝生広場「ミッドタウン・ガーデン」もあります。こちらでは時期によってイベントが次々に開催されており、過去にも芝生の上でのヨガやグルメ、アートなどのイベントがありました。
さらに、東京ミッドタウンの芝生広場といえばクリスマスシーズンのイルミネーションも必見です。約19万個のLEDと約100個の光るバルーンが闇の中で浮かび上がる姿はまるで宇宙空間!昼間の芝生広場とは一味違う、幻想的な風景を楽しめますよ。

ミッドタウン・ガーデンで季節のイベントに参加する

東京都港区赤坂9-7

国立新美術館で文化的な視野を広げる

美術館の外観そのものがアートといえる、美しい建物の「国立新美術館」。こちらでは主に国内外の先進的な美術品を集めた「企画展」と、国内のさまざまな美術団体が作品を発表する「公募展」が開催されています。
展示内容もさることながら、こちらの美術館の特徴はミュージアムショップが充実していること!知名度やジャンルにとらわれず、「東京的な視点」で選ばれたアイテムがそろっているので、アート好きなら時間をかけてじっくり見たくなるはずですよ。ミュージアムショップは無料で入れるエリアにあるので、ショップにだけ立ち寄ることもできます。
ちなみに、この「国立新美術館」と、このあとご紹介する「サントリー美術館」「森美術館」は地図上で三角形の位置にあることから「六本木アート・トライアングル」として連携しており、各館で開催中の展覧会チケットの半券で他の2館の観覧料が割引になる相互割引を行っています。

国立新美術館で文化的な視野を広げる

東京都港区六本木7-22-2

サントリー美術館で工芸品の美しさに触れる

日本の歴史ある美術品を楽しみたいなら「サントリー美術館」へ。こちらの美術館では「生活の中の美」をテーマに、絵画・漆工・陶磁・ガラス・染織などが、企画展に合わせて展示されています。建物の内部も木や和紙が多く使われた温かみのある空間になっているので、美術品を眺めながら落ち着いた時間を過ごせますよ。
和と現代的なセンスが融合したオシャレなカフェやミュージアムショップもおすすめです。

サントリー美術館で工芸品の美しさに触れる

東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F

森美術館で日本と世界の現代美術を楽しむ

日本とアジアの現代美術を中心に展示されている、六本木ヒルズ53階にある美術館です。10:00 pmまで(火曜は5:00 pmまで)開館しているので、ショッピングや食事の後に美術鑑賞を楽しむことができますよ。
さらに展覧会のチケットを使って、先ほどご紹介した「東京シティビュー」にも入館可能!美術鑑賞の後は夜景を眺めながら、六本木の夜を満喫してください。
ちなみに、こちらの「森美術館」の1階下・52階には森アーツセンターギャラリーという別の美術館もあり、全く別の企画展を行っています。

森美術館で日本と世界の現代美術を楽しむ

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

テレビ朝日本社のショップでキャラクターグッズを買う

「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」といった日本の人気アニメのキャラクターグッズが買える「テレアサショップ六本木店」。キャラクターのかわいいパッケージのお菓子や文具、雑貨がたくさん販売されています。小さくて安い雑貨も多いので、お土産にも向いていますよ。

テレビ朝日本社のショップでキャラクターグッズを買う

東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日本社ビル1F

ドン・キホーテ六本木店でユニークな日本土産を選ぶ

「ドン・キホーテ」は、医薬品から雑貨、化粧品、食料品などあらゆるものが店内に所狭しと並べられているディスカウントショップです。単に安いだけでなく、膨大な商品が店内に並べられている様子は見て回るだけでも面白く、お土産にしたら話題になりそうなユニークな商品がそろっていますよ。
面白さを狙うなら、頭にかぶるタイプのパーティーグッズはいかがでしょうか。馬や大仏など、見た人が思わず笑ってしまうようなインパクトのある商品です。

ドン・キホーテ六本木店でユニークな日本土産を選ぶ

東京都港区六本木3-14-10

EX THEATER ROPPONGIのステージを見てみんなで盛り上がる

六本木ヒルズの向かいに立っている「EX THEATER ROPPONGI」は、スタンディングで約1,700人収容可能なライブハウス。ライブの開催情報は公式ホームページで確認して、コンビニなどでチケットを購入できます。大きすぎない規模のライブハウスなので、パフォーマーと観客が一体になって盛り上がれるところが魅力ですよ。六本木にはクラブやバーが多数あるので、ライブの後はアルコールで乾杯!

EX THEATER ROPPONGIのステージを見てみんなで盛り上がる

東京都港区西麻布1-2-9

雛鮨 六本木店で高級寿司食べ放題を堪能する

六本木で美味しい寿司を食べようと思ったら、それなりの値段は覚悟しないといけません。そんな六本木にありながらも、食べ放題で美味しい寿司をお腹いっぱい食べられるのが「雛鮨 六本木店」です。清潔感のあるきれいな店内では、食べ放題とは思えないほど新鮮で種類の多いネタが食べられます。2名からの宴会プランなら「高級寿司食べ放題+飲み放題付コース」が1名5,500円(税込)。アルコールも入っていて食べ放題でこの価格なら、とてもお得ですよね。

雛鮨 六本木店で高級寿司食べ放題を堪能する

東京都港区六本木6-1-8 六本木グリーンビルB1

AFURIで正統派のさっぱり系ラーメンを食べる

寿司の次はラーメンをご紹介!「AFURI」は化学調味料を使わない、自然の素材の旨味を引き出したスープが魅力のラーメンです。黄金色に透き通ったスープは、あっさりとした中にも深いコクがあり、細めの麺とよく合います。上にのっているチャーシューも香ばしく焦げ目がつき、爽やかな柚子の香りもスープと相性抜群!食べ終わった後も、また食べたくなるラーメンです。六本木には「AFURI六本木 交差点」と「AFURI六本木ヒルズ」の2店舗がありますよ。

AFURIで正統派のさっぱり系ラーメンを食べる

東京都港区六本木4-9-4 UFビル4 1F

つるとんたん六本木店で本格うどんに舌鼓を打つ

「つるとんたん」は本格うどんが食べられることで人気のお店。多数のメニューがありますが、おすすめはうどんの上に天ぷら、肉、きつね(薄切りにした豆腐を揚げて甘辛く味付けしたもの)に溶いた卵を入れた「つるとん三昧(1,980円)」です。具材や出汁の美味しさを溶き卵が閉じ込めていて、体に染み渡るやさしい味わいです。

つるとんたん六本木店で本格うどんに舌鼓を打つ

東京都港区六本木3-14-12 六本木3丁目ビル

ニルヴァーナ ニューヨーク東京でSNS映えする写真を撮る

檜町公園の緑を見ながら本格インド料理が楽しめるおしゃれなダイニングが「ニルヴァーナ ニューヨーク東京」です。こちらのお店はその美味しさはもちろんですが、SNS映えする写真が撮れることでも有名なんですよ。天気のいい日はテラス席で、美味しそうなインド料理を並べれば写真映りも最高!店内はアジアンテイストのおしゃれな内装になっているので、優雅な気分でスパイシーな料理を楽しめます。

ニルヴァーナ ニューヨーク東京でSNS映えする写真を撮る

東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス1F

出雲大社東京分祠で良縁を祈る

ここまでおしゃれでラグジュアリーな六本木をご紹介してきましたが、伝統的な日本文化にも触れたい方は、出雲大社東京分祠で良縁祈願をしてみてはいかがでしょうか。日本では、出雲大社は縁結びの神社として有名で、その東京分祠が六本木にあります。参拝の際にお守りを買うなら、「縁むすびの糸(初穂料1,000円)」がおすすめ。紅白の糸を自分の衣服などに結び付けておけば、良縁に恵まれると言われています。

出雲大社東京分祠で良縁を祈る

東京都港区六本木7-18-5

remm Roppongiこだわりの「よい眠り」で疲れを癒やす

「よい眠り」を得ることにこだわった個性的なホテルが「remm Roppongi」。眠りのための工夫はホテルの随所にあふれており、例えば客室では浴室の天井の大きなシャワーヘッドから流れる「レインシャワー」で身体を包み込むように洗って疲れを癒やします。他にも、マッサージチェアが部屋に完備されていたり、ベッドのマットレスはスプリングにこだわった上質なものが使われていたりと、部屋の中にも工夫がたくさん!ぐっすり眠って観光の疲れを癒やせるので、翌日からの観光も存分に楽しめますね。よく眠った翌朝は、バランスのとれた安心・安全な朝食が食べられますよ。

remm Roppongiこだわりの「よい眠り」で疲れを癒やす

東京都港区六本木7-14-4

ESPRIT TOKYOで夜を楽しみつくす

六本木の夜といえば、クラブで夜遊び!こちら「ESPRIT TOKYO」は初心者でも入りやすいクラブで音も良く、常連客だけで盛り上がっているということもありません。イベントを開催している日もあるので、ホームページを確認して行ってみましょう。音楽に乗って踊りながら、六本木の夜を遅くまで楽しんでくださいね!

ESPRIT TOKYOで夜を楽しみつくす

東京都港区六本木5-1-6 六本木B&Vビル2F・3F

THE PUBLIC SIXでお酒を飲みながらスポーツ観戦を楽しむ

クラブは苦手、という方は、スポーツバーで夜遊びをするのはいかがでしょうか。シックな店内では6種類の国産クラフトビールをはじめ、国産ワイン・日本酒といったこだわりのお酒が並び、フィッシュアンドチップスやポークチョップなどを食べながら大型スクリーンでスポーツ観戦をして盛り上がれます。
アルコールやフードの種類が多いので、スポーツ観戦がメインでない方でも楽しく飲むことができますよ。

THE PUBLIC SIXでお酒を飲みながらスポーツ観戦を楽しむ

東京都港区六本木6-8-22 イケガミビル1F

いかがでしたか?昼の観光も、ナイトライフも、思う存分楽しめる六本木は、見どころも盛りだくさん!ご紹介したスポットをうまく組み合わせて、自分だけのプランを立ててみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!