close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

水着で入れるのがうれしい!東京近郊の温泉施設6選

「カップルで温泉を楽しみたい」、「裸になるのに抵抗がある…」。そんな方にぴったりなのが、水着ゾーンのある温泉施設。今回は東京近郊にあるおすすめスポット6選をご紹介します。

1. 大江戸温泉物語 浦安万華郷 (千葉県)

まずご紹介するのは、千葉県浦安市にある「大江戸温泉物語 浦安万華郷」。全38種類のお風呂が揃った温泉テーマパークです。
水着エリアには、それぞれに趣向を凝らした16種類の露天風呂がズラリ!なかでもおすすめは、まるでお城のような「源泉館」。地下1,400mから沸き上がる温泉が楽しめますよ。ごろんと横になれる「お休み処」や食事処も用意されていて、朝まで営業しているのもうれしい限り。

入館料(平日):大人1,748円、小人734円(全て税込)
※フェイスタオル・バスタオル付き

※画像は東京の店舗です

1. 大江戸温泉物語 浦安万華郷 (千葉県)

千葉県浦安市日の出7-3-12

2. 箱根小涌園ユネッサン (神奈川県)

人気温泉地・箱根にある温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」もおすすめ!
水着で楽しめるのは、屋内外にある16種の湯船。箱根の絶景を眺めながら温泉が満喫できる「絶景露天風呂」や神秘的な「洞窟風呂」、芳醇な香り漂う「ワイン風呂」など、趣向をこらした湯船がたくさん揃っています。

入場料金(水着エリアのみ):大人2,900円、こども1,600円(全て税込)

2. 箱根小涌園ユネッサン (神奈川県)

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297

3. 江の島アイランドスパ (神奈川県)

「江の島アイランドスパ」は、「世界と日本のスパ文化の融合」がコンセプト。海を望む展望レストランをはじめ多彩な施設を揃えたスパリゾートです。
水着着用エリアには、天然温泉が満喫できる「源泉」や、泡がはじける「気泡泉」などの湯船を用意。露天風呂「露天泉」は、湘南の海を見渡す最高のロケーションです。空気が澄んでいる日には、富士山を一望することもできるんですよ。

ワンデイ スパ:大人2,742円、小学生1,296円(全て税込)
※バスタオル・フェイスタオル・館内着付き

3. 江の島アイランドスパ (神奈川県)

神奈川県藤沢市江の島2-1-6

4. ホテル・ヘリテイジ (埼玉県)

埼玉県熊谷市の「ホテル・ヘリテイジ」に併設された「ときの湯温泉」は、首都圏最大級の天然温泉露天風呂。
水着着用ゾーンで楽しめるのは、ダイナミックな打たせ湯や岩造りの大露天風呂。どの湯船も緑豊かな森の中にひっそり佇み、開放感抜群!滝を眺めながらドリンクが飲めるドリンクバーも完備しています。個室の使用(有料)もOKなので、日帰りでもゆっくり過ごすことができますよ。

日帰り入館料:大人1,300円、小・中学生850円、子ども840円
※タオル付き

4. ホテル・ヘリテイジ (埼玉県)

埼玉県熊谷市小江川228

5. 豊島園 庭の湯 (東京都)

東京都内にある「豊島園 庭の湯」は、西武池袋線・豊島園駅から徒歩1分。1,200坪もの日本庭園を眺めながら安らげる、静かな大人の湯処です。
水着で利用できるバーデゾーンにあるのは、開放感あふれる「屋外天然温泉ジャグジー」や楽しみながら健康を目指せる「バーデプール」など。ゆったりくつろげるリラクゼーションルームも用意されています。

入館料(一般):2,310円(税込)
※館内着・タオル・バスタオル付き
※小学生以下は利用不可

5. 豊島園 庭の湯 (東京都)

東京都練馬区向山3-25-1

6. 勝浦ホテル三日月 (千葉県)

「勝浦ホテル三日月」は、千葉県・勝浦市にあるスパ・リゾートホテル。こちらには、屋内と屋外、2つのゾーンに分かれた全天候型絶景スパ「アクアパレス」が併設されています。
地上8階から、太平洋の大パノラマを楽しみながら湯浴みができる「天空露天風呂」や、50㎏の金無垢でできたバスタブの「海運の湯」酒風呂、ゲルマニウム温浴など、通常の温泉にはない個性的な約30種類のスパメニューで、温泉気分が味わえますよ。

日帰り入場料(平日):大人1,000円〜、小人600円〜(いずれも税抜)
※夏期を除く
※タオル付き

6. 勝浦ホテル三日月 (千葉県)

千葉県勝浦市墨名820

いずれも東京から日帰りで行けるスポットばかり。水着は、レンタル(有料)をしている施設も多いですが、数に限りがあるので持参するのがベターです。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪・泉州の観光スポット満載!

人気ランキング

東京 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!