close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

東京でジブリの世界にひたろう!三鷹の森ジブリ美術館の魅力

「千と千尋の神隠し」や「風の谷のナウシカ」などで知られる、世界的に有名なアニメーション映画監督宮崎駿のデザインによる美術館。2016年に設備リニューアルを行いますますパワーアップ!子供から大人まで楽しめて、「スタジオジブリ」や作品の魅力がいっぱい詰まった美術館の見どころをご紹介します。

三鷹の森ジブリ美術館とは?

「三鷹の森ジブリ美術館」は東京都三鷹市の井の頭公園内にある三鷹市立のアニメーション美術館。アニメーション映画「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」など世界的にも有名なスタジオジブリの作品を体感できる画期的な美術館です。宮崎駿のデザインを元に設計された建物は細部に至るまで凝っていて、キャッチコピーの「迷子になろうよ、いっしょに。」通りにその世界にどっぷり浸れます。入館チケットは日時指定の完全予約制になるので、事前にチケット入手が必須です。
入口ではニセの受付でトトロがお出迎え!入場券とフィルム付ききっぷを交換して、スタジオジブリの世界に出発!

三鷹の森ジブリ美術館とは?

東京都三鷹市下連雀1-1-83

ジブリ映画の制作過程を知ることができる!(常設展示)

たくさんのスケッチや小物、読みかけの本などが並ぶのが、1Fの常設展示室「映画の生まれる場所」。5つの小部屋で構成され、見学するとどのようにアニメーション映画が制作されていくかがわかるような展示になっています。ついさっきまで誰かがアイデアを練っていたような臨場感あふれる展示に、自分も映画の制作者の一員になったようなワクワクした気分が味わえます。

© Museo d’Arte Ghibli

企画展示を楽しむ(企画展示)

「千と千尋の神隠し展」「アルプスの少女ハイジ展」「天空の城ラピュタと空想科学の機械達展」など、2001年からこれまで14の企画展示が行われました。企画展示室では大体1年に1度、展示内容が変わります。アニメや映画制作について多面的な視点から練り上げられた企画は、ジブリファンでなくても見応えがあり、興味深く楽しめる内容になっています。2016年7月16日(土)~2017年5月(予定)は、これまでの企画展示を一堂に集めて紹介する「猫バスにのって ジブリの森へ」を開催。大人も乗れるネコバスなど、これまでに人気のあった展示物も再登場してますます盛り上がっています。

© Museo d’Arte Ghibli

オリジナル短編アニメを楽しむ!(映像展示室)

B1Fにある映像展示室「土星座」では、ジブリのオリジナル短編アニメ作品などが楽しめます。約80人ほどが入れる室内は、赤いベンチに青空が描かれた天井ととってもカラフルな雰囲気。
「たからさがし」「パン種とタマゴ姫」、「となりのトトロ」のキャラクターが出てくる「めいとネコバス」など9本ある短編映画のなかから上映スケジュールを変えて上映されます。これらの映画はDVDなどで発売されておらず、ここでしか見ることができませんので、ぜひお見逃しなく!

© Museo d’Arte Ghibli

ネコバスにのっちゃおう!(小学生以下限定)

2Fには、人気アニメ「となりのトトロ」に出てくる大きなネコバスがいる部屋があります。映画を見た人なら一度は乗ってみたいと思うあのネコバスになんと乗ることができます!ただし小学生以下限定です。ネコバスの背中に乗ったり、中に乗ったり、思う存分ネコバスを楽しむことができます。
大人の方は企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ(2016年7月16日(土)~2017年5月(予定))」に、大人も乗れるネコバスがが展示されているのでそちらへどうぞ!

© Museo d’Arte Ghibli

「天空の城ラピュタ」の「ロボット兵」に会いに行く!

屋上には、映画「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせる緑がいっぱいの庭園があります。そしてそこでは、ラピュタをずっと守っていた5mの迫力ある「ロボット兵」と会うことができます。ラピュタ語が書かれた「要石」のオブジェがあるのもファンには嬉しいですよね。天気のいい日は見晴らしも良く、周りの自然に癒されてリフレッシュ!ここが東京だということを忘れてしまいそうです。

© Museo d’Arte Ghibli

カフェやショッピングも楽しめる!

休憩や腹ごしらえをするならカフェ「麦わらぼうし」へ。美術館内に併設されているカフェで、ドリンク・デザートからしっかりとボリュームのある食事まで楽しむことができます。「麦わらぼうしのオムライス(1,100円(税込))」「ふぞろいイチゴのショートケーキ(800円(税込))」「野っぱらのクリームソーダ(600円(税込))」などジブリ作品のイメージそのままの可愛らしいメニューがいっぱい。おしゃれなラベルの「風の谷のビール」もおすすめです。
2Fのショップ「マンマユート」では、美術館オリジナルグッズを!混雑必至ですが、ジブリグッズがたくさん揃い、可愛らしいポストカードやセル画、クッキーなどあれもこれも欲しくなってしまいます。ぜひ、旅の思い出にお気に入りのアイテムをゲットしてくださいね!

チケットの購入方法

ジブリ美術館のチケットは日時指定の完全予約制になっています。予約なしに当日訪れても見学できないので注意しましょう。毎月10日10:00 amから翌月入場分のチケットが販売されるシステムです。日程・時間帯毎にチケットが販売されます(入れ替え制ではありません)。土日祝日や早い時間帯は競争率が高く売り切れるのも早いので、観光を考えている方は、早めにチケット入手の準備をしましょう。
日本でのチケット入手方法は1つ。コンビニエンスストアのローソンのみで購入可能です。また、訪日観光出発前に日本以外でチケットを入手する場合は旅行代理店を通して入手する方法と、ローソンのオンラインチケットで入手する方法があります。詳細は公式ホームページでご確認ください。
※チケットは記名式で本人確認を行う場合があるので、名前が確認できるパスポートなどの持参をお忘れなく。

チケット(入場引換券):大人・大学生1,000円、高校・中学生700円、小学生400円、幼児(4歳以上)100円(全て税込)、4歳未満無料
入場時間:10:00 am、12:00 pm、2:00 pm、4:00 pmの1日4回
休館日:火曜日ほか。長期休館あり

チケットの購入方法

いかがでしたか?東京観光の際は、ぜひ「三鷹の森ジブリ美術館」で童心にかえって楽しんでくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

東京 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!