WOW! JAPAN

東京

観光

東京から足をのばして行ける有名温泉地5選

2016.11.10

Writer name : o-dat

東京からちょっと足をのばせば、東京とは雰囲気ががらりと変わる、自然豊かな温泉地や賑やかな温泉街がたくさんあります。今回は東京近郊のおすすめ温泉地5選をご紹介します。

1. 箱根湯本温泉

日本有数の温泉郷である箱根温泉(神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町にある20ほどの温泉の総称)の玄関口にある、歴史ある温泉地です。湯量も多く、主な泉質は単純泉・ナトリウム塩化物泉で、神経痛、関節痛に効能があります。都心から電車で90分ほどとアクセスが良いため、気軽に行ける温泉地として人気。大型宿泊施設「湯本富士屋ホテル」をはじめとした温泉旅館のほか、飲食店やお土産屋がたくさんあり賑やかな温泉街の雰囲気を味わうことができます。箱根神社や早雲寺など多くの観光スポットもあり、宿泊施設で温泉だけの利用もできるので、温泉と観光を日帰りで楽しむのもおすすめです。


1. 箱根湯本温泉


箱根湯本観光協会公式ホームページ(日本語のみ)

2. 強羅(ごうら)温泉

箱根湯本から箱根登山鉄道で約35分のところにあり、箱根温泉のなかでは箱根湯本温泉と並んで人気の高い温泉です。酸性硫酸塩泉、単純硫黄泉を中心に、単純温泉、ナトリウム塩化物泉など多様な温泉の源泉があります。昔から別荘地として愛され、現在では「強羅花壇」「季の湯 雪月花」など日本トップクラスの高級旅館が立ち並びます。周りには箱根美術館や強羅公園などがあり、豊かな自然と環境に恵まれたロケーションなので、日頃の喧騒を忘れてくつろぎの時間を過ごしたい方におすすめ。春の新緑や秋の紅葉の時期に箱根登山鉄道やロープウェイから見渡す景色も必見です。



2. 強羅(ごうら)温泉


箱根強羅観光協会公式ホームページ(日本語のみ)

3. 鬼怒川(きぬがわ)温泉

東京から約120分、目の前に広がる鬼怒川渓谷の雄大な景観が人気の温泉です。鬼怒川沿いの両岸に、創業128年の「あさや」など大型の宿泊施設が連なります。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効能があり、肌に優しい温泉に浸かれば心身ともに温まります。秋には紅葉、冬には雪景色、春から夏にかけては新緑と四季折々美しい景色が楽しめるのも魅力。周辺には日光江戸村など観光スポットもあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。



3. 鬼怒川(きぬがわ)温泉


日光市観光協会公式ホームページ

4. 熱海(あたみ)温泉

静岡県熱海市にある日本屈指の人気温泉地で、日本の三大温泉のひとつといわれています。もともと人気の観光地でしたが、都心から90分~120分とアクセスが良く、海沿いにある手頃なリゾートとして、近年再注目されています。温泉の歴史は非常に古く1250年前にさかのぼるといわれるほど。泉質は主に、塩化物泉、硫酸塩泉で、冷え症、神経痛、美肌に効能があります。温泉街は「ホテルニューアカオ ロイヤルウイング」などオーシャンビューの絶景を楽しめるところも多く、飲食店、お土産屋なども充実。年間を通して開催される迫力ある海上花火大会も見どころのひとつです。


4. 熱海(あたみ)温泉


熱海市観光協会公式ホームページ

5. 伊東(いとう)温泉

豊富な湯量を誇る、日本を代表する温泉地です。その歴史は古く、開湯は平安時代(794年~1185年)といわれます。温泉の泉質は単純泉・弱食塩泉が中心で、肌に優しく刺激が少ない温泉です。東京からのアクセスは電車で100分ほどで、相模湾の新鮮な魚介類や山の幸にも恵まれ、海を臨む景観とグルメ・温泉を心ゆくまで楽しめるのが魅力。駅前から海側に温泉街が広がり、宿泊施設は旅館や「ハトヤホテル」のような大型ホテルなどバリエーション豊富なので、旅の目的に合わせてじっくり検討してくださいね!


5. 伊東(いとう)温泉


伊東観光協会公式ホームページ

いかがでしたか?東京近郊には魅力的な温泉地がたくさんあります。東京観光のプランを立てる時には、ぜひ予定に入れてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!