WOW! JAPAN

東京

観光

東京近郊でフルーツ狩りが楽しめるおすすめスポット5選

2016.09.08

Writer name : KAMIOKA

日本では暑い夏が終わると、収穫の秋がやってきます。今回は東京近郊でフルーツ狩りができるスポットをご紹介します。

1. ふるやファーム(山梨県)

8月初めより9月の閉園まで、ぶどう狩りが楽しめる農園です。減農薬にこだわった安心安全なぶどうを時間無制限で食べられる「食べ放題コース」がおすすめ。時間に追われることなく、ゆっくりと味わえるのはうれしいですよね。お弁当や飲み物の持ち込みもできますよ。収穫の終わった種類のぶどうも、冷蔵庫にあれば出してくれるそうなので聞いてみる価値あり。ただし、食べ残した分の持ち帰りはできませんので注意しましょう。ほしい分だけ、量り売りで買う事もできますよ。
料金:13歳以上1,500円~2,000円、子供800円~1,000円、幼児300円~500円、2歳以下無料

※写真はイメージです


1. ふるやファーム(山梨県)


公式ホームページ(日本語のみ)

2. 梨の伊藤園(千葉県)

100年以上前から続く梨専業農家。8月上旬から10月上旬まで時期ごとに5種類の品種を味わえます。こちらは、自分で収穫した梨の量り売りのみ。梨の種類によって値段が違います(1kg700円~900円)。園内で試食はできますが、収穫した梨を食べることはできません。入園無料の為、1グループ3kg以上の収穫をしましょう。梨は簡単に手でもぐことができます。収穫した分は全て買い取りとなりますので楽しくて取りすぎないようにご注意くださいね。

※写真はイメージです


2. 梨の伊藤園(千葉県)


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 芝口果樹園(神奈川県)

ぶどう7種(8月中旬~9月上旬)、梨5種(8月~9月中旬)、いちじく2種(8月下旬~10月下旬)、かき4種(10月~11月上旬)、みかん3種(10月下旬~12月上旬、2月中旬~3月中旬)のフルーツ狩りが楽しめます。果物と品種により味わえる時期が異なるのでお目当てのフルーツの時期は事前にホームページで確認してくださいね。食べ放題は、みかん(約1kgお土産付き)のみ。その他のフルーツは、品種ごとに量り売りとなります。

※写真はイメージです


3. 芝口果樹園(神奈川県)


公式ホームページ(日本語のみ)

4. ぶどう狩りのはぎわら農園(千葉県)

8月中旬より10月まで、巨峰を中心とした大粒の種無しぶどうを「ぶどう狩り&食べ放題&食べ比べ(40分)」で楽しめる農園です。農園の半分に屋根があるので雨が降っても楽しめます。人気農園で混雑するので、来園前日までにホームページよりテーブルの予約をおすすめします。予約のない場合は園内でぶどうを食べられないこともあるのでご注意を。混雑しているときは対象品種の量り売りのみになります。
料金:13歳以上1,500円、子供1,000円、幼児500円、2歳以下無料

※写真はイメージです


4. ぶどう狩りのはぎわら農園(千葉県)


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 秩父フルーツファーム(埼玉県)

8月から10月までぶどう狩りが楽しめます。市場にはほとんど出まわっていない「ヒムロット」、栽培が難しい「ちちぶ 山ルビー」が食べられますよ(8月)。秩父フルーツファームは、「石焼バーベキュー&ぶどう食べ放題(30分)コース」がおすすめ(土日祝日のみ利用可。2,700円~)。団体客は予約すれば平日でも対応してもらえますよ。秩父フルーツファームでは、1月から5月初めまでいちご狩りができ、こちらも大変人気です。

※写真はイメージです


5. 秩父フルーツファーム(埼玉県)


公式ホームページ(日本語のみ)

フルーツ狩りは、足元が土でぬかるんでいたり、平坦とは限りません。収穫の際は視線はフルーツに集中してしまいがち。足元に注意して、歩きやすいスニーカーや動きやすい服装で楽しみましょう!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事