WOW! JAPAN

東京

観光

東京近郊エリアのおすすめあじさいスポット5選

2016.06.23

Writer name : HITODE 3

日本の梅雨時は湿気が多く、雨がたくさん降るのでせっかく観光に来ても、出かけるのがつい億劫になってしまいますよね。しかし、そんな季節だからこそ楽しめるのが、初夏の風物詩・あじさいです。憂鬱な雨も、明るい気持ちに変えてくれる美しさがあります。今回は、東京近郊で観光できるあじさいの名所をご紹介します。

1. 国営昭和記念公園(東京)

「国営昭和記念公園」は昭和天皇の在位50周年を記念して1983年に開園した国営公園です。立川市と昭島市にまたがる広大な敷地は165.3haにおよび、園内には日本庭園をはじめ、桜の園、花の丘、花木園など四季折々の花を楽しむことができる施設がたくさんあります。6月から7月半ばごろまでは、園内の至る所であじさいを見ることができます。特に、ふれあい広場周辺の散策路には様々な種類のあじさいが群生していて、互いにその美しさを競い合っているかのようです。都心部から1時間以内で行くことができる、豊かな自然の残る公園で1日のんびり過ごせば、きっと身も心もリフレッシュできますよ。

※画像はイメージです。


1. 国営昭和記念公園(東京)


公式ホームページ

2. としまえん(東京)

首都圏有数の規模を誇る「としまえん」は、遊園地やプールなどのアトラクション施設として有名ですが、実は桜やあじさいの名所でもあります。初夏のシーズンには、園内の北側エリアに作られたあじさい園に約150種、10,000株の彩りもあざやかなあじさいが咲き乱れます。様々なテーマに分けられたあじさい園は、山あじさいや育種家による珍しい品種など見どころがたくさん。毎年5月下旬から6月下旬にかけて開催される「としまえん あじさい祭り」では、あじさい園造園スタッフによるガイドツアーや、専門家によるあじさい講座などが行われるほか、イベント期間限定の売店「あじさい茶屋」ではあじさい味のデザートを味わうこともできます。期間中の土日には、夜間のライトアップも行われるので、昼とは違った姿が楽しめますよ。


2. としまえん(東京)


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 長谷寺(はせでら)(神奈川)

鎌倉で花の寺として親しまれている「長谷寺」は一年を通じ様々な花が咲き誇り、訪れる人々の眼を楽しませてくれます。なかでもあじさいは有名で、毎年色鮮やかなあじさいが梅雨の頃になると咲き、多くの観光客で賑わいます。境内奥の観音山の斜面には2,500株、40種類以上ものあじさいが植えられ、6月後半の盛期になると山の斜面が、青や紫や赤などに染まります。 斜面には眺望散策路が通っており、歩くことができます。斜面の下からあじさいを見上げてみたり、上から見下ろしてみたりと、色々な楽しみ方ができるのもうれしいですね。散策路を登りきったところからは、由比ガ浜の海を一望することができるのも長谷寺の魅力の一つです。


3. 長谷寺(はせでら)(神奈川)


公式ホームページ

4. 高幡不動尊金剛寺(たかはたふどうそんこんごうじ)(東京)

新宿から電車で約30分の「高幡不動尊金剛寺」は、関東三大不動尊の一つであり、毎年多くの人が訪れる観光スポットです。広大な敷地を持つ境内は緑豊かな自然に囲まれ、四季折々に美しい姿を見せてくれます。梅雨時になると、約3,300株の自生の山あじさいを皮切りに、全国から寄せられた約250種、700株にも及ぶ形も色もさまざまな山あじさいに西洋アジサイ、合わせて約7,500株が咲き乱れます。境内の斜面に咲くあじさいは、丈が高く、覆いかぶさるように咲いているので、トンネルのようにあじさいの花の下を通り抜けることができます。毎年6月初旬から7月初旬にかけて「あじさいまつり」が開催され、植木市や、フリーマーケットなどの催しが行われるので、ぜひお祭り期間中に足を運んでみてくださいね。


4. 高幡不動尊金剛寺(たかはたふどうそんこんごうじ)(東京)


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 本土寺(ほんどじ)(千葉)

都心から電車で約1時間ほどの千葉県松戸市にある「本土寺」は、1277年に開堂したと言われている大変歴史のある寺院です。「あじさい寺」とも呼ばれていて、境内には、10,000株のあじさいが植えられているほか、5,000株の花菖蒲も植えられています。毎年6月になるとあじさいと花菖蒲が美しい花々を咲かせ、境内を美しく彩ります。境内の「五重塔(ごじゅうのとう)」の手前にある広場からは、五重塔とあじさいを鑑賞することができ、人気の撮影スポットとなっています。広大な境内には、睡蓮の花が咲く池や、日本庭園や、滝などもあり、見ごたえ十分。1日のんびり過ごすのにぴったりのおすすめスポットです。


5. 本土寺(ほんどじ)(千葉)


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?初夏の訪れを告げてくれるあじさいの名所は都内各所、近郊にまだまだたくさんあります。場所によって様々な種類のあじさいを楽しむことができるので、ぜひ色々なスポットであじさいを鑑賞してきてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!