close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

おしゃれな手ぬぐいが買える東京のおすすめショップ5選

ハンカチ代わり・寒暑対策・ものを包むなど、何かと便利な手ぬぐい。近年はおしゃれなデザインが増え、とても人気のあるアイテムです。今回はそんな手ぬぐいを扱う東京のおすすめ店5選をご紹介!

1. かまわぬ 代官山店

最初にご紹介するのは、おしゃれな手ぬぐいブランドの代表格「かまわぬ」です。日本のみならず、いまや世界各国に店舗を展開していますが、本店はこちらの代官山店。常時約200柄の手ぬぐいを販売しています。
伝統的な絵柄はもちろん、北欧のデザインからインスピレーションを受けたモダンな柄など、遊び心のあるデザインが豊富。シーズンごとの限定デザインなども多く、国内外を問わず多くのファンを魅了しつづけています。

価格例:手ぬぐい1枚(1,404円(税込))など

1. かまわぬ 代官山店

東京都渋谷区猿楽町23-1

2. 手ぬぐいのちどり屋

続いてご紹介するのは、日本橋に店舗を構える「手ぬぐいのちどり屋」です。長年受け継がれてきた江戸文化を大切にしたいという想いから、取り扱う手ぬぐいはすべて「注染」と呼ばれる昔ながらの染色方法で染められたもの。職人の熟練した技術が必要とされる伝統工芸指定の技法で、繊細な色調や味のある風合いが特徴です。
お店で取り扱う手ぬぐいは約1,800種類と、とっても豊富。中でも外国人観光客には、浮世絵や季節の花、手裏剣をモチーフにしたものなどが人気だそうです。そのほか、風呂敷やほうき、和雑貨なども販売しています。

価格例:手ぬぐい1枚(972円(税込))など

2. 手ぬぐいのちどり屋

東京都中央区日本橋人形町1-7-6

3. nugoo 拭う KITTE丸の内店

続いてご紹介するのは、東京駅から徒歩1分の複合商業施設「KITTE丸の内」内にある人気店です。
伝統の染色技法「注染」で作られた手ぬぐいを中心に、古典文様を鮮やかな色合いで染めた風呂敷や、柔らかな巾着に包まれた日本茶など「職人の手により生み出された日本のよいもの」をコンセプトにした品揃えを展開しています。
外国人観光客に人気がある手ぬぐい柄は、富士山や桜など日本を代表するモチーフのもの。インテリアとして飾りたくなるような、広げた時に一枚の絵として完成されたデザインのものが特に好評だそうです。ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

価格例:手ぬぐい1枚(1,188円(税込))など

(c)nugoo(拭う)

3. nugoo 拭う KITTE丸の内店

東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE丸の内4F

4. 染の安坊 浅草本店

続いては、浅草にある1907年創業の老舗店をご紹介します。
取り扱う手ぬぐいは、自社工場で丁寧に作られたもの。丈夫さとなめらかな肌触りを兼ね備えた高級生地を使用し、一般的なサイズより長めの約100cmで仕立てられているのが特徴です。また、染色は「手捺染」と呼ばれる伝統技法で、熟練の職人が一色ずつ手作業で染めたものが中心。鮮やかで深みのある色合いと繊細な絵柄が特徴です。
外国人観光客に人気が高い絵柄は、富士山や古典柄はもちろん、かわいらしい猫モチーフのものも好評だそう。そのほか、手ぬぐいで仕立てた小物や衣服、扇子なども販売しています。

価格例:手ぬぐい1枚(1,188円(税込))など

染の安坊

4. 染の安坊 浅草本店

東京都台東区浅草1-21-12

5. まめぐい GRANSTA店

最後にご紹介するのは、先ほどご紹介した「かまわぬ」が生み出した別ブランド「まめぐい」です。通常の「かまわぬ」の手ぬぐいが約33cm×90cmなのに対し、「まめぐい」は約27cm×27cmという、手のひらに納まってしまうようなかわいらしいサイズ。こちらのGRANSTA店では常時約200種類の柄がそろっています。
また、もうひとつ魅力的なサービスが。店内には約30種類のお菓子やお茶などが販売されているのですが、それらの商品を、その日に選んだ「まめぐい」で包んでくれるんです!おみやげにぴったりのキュートな一品、ぜひ手にとってみてくださいね。

価格例:まめぐい1枚(540円)など

5. まめぐい GRANSTA店

東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階 GRANSTA内

吸水性にも速乾性にも優れた手ぬぐいは、おみやげにもぴったりのアイテム。ぜひお気に入りの1枚をゲットしてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

東京 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!