WOW! JAPAN

東京

ショッピング

東京のおすすめ商店街5選

2016.06.09

Writer name : o-dat

東京にも大型店舗ばかりではなく、地元に密着した店舗があつまった「商店街」が存在します。今回は、日常の買い物や食事がまかなえるばかりではなく、目移りするほど楽しいお店が並んでいる人気商店街を紹介します。

1. 築地場外市場商店街(つきじじょうがいしじょうしょうてんがい)

「築地場外市場商店街」は、世界最大の市場に隣接する商店街で、市場直送の鮮魚を中心とした食品のお店、調理器具、飲食店など約400店舗が並びます。都営大江戸線築地市場駅、東京メトロ日比谷線築地駅から徒歩1分ほどのところにあります。
この商店街は、活気のある市場の雰囲気を感じつつ、新鮮な食材や加工食品、キッチン雑貨などのショッピングができるのが魅力。今まで見たこともない商品に出会うこと間違いなしですよ!お寿司や海鮮丼、ラーメンなどのお店がたくさんあり、なかには、寿司屋「大和寿司」やラーメン店「井上」のように常に大行例しているお店も。軽食の販売をしているお店があるので、食べ歩きも楽しめるのが嬉しいですね。朝の6:00 am頃から営業し、1:00 pm~2:00 pm頃には閉まるお店が多いので、訪れるなら早い時間が良いでしょう。市場の休業日に合わせて休む店舗も多いので、事前にチェックをお忘れなく。

※2016年11月に「築地市場」は移転し、新市場「築地魚河岸(つきじうおがし)」が誕生する予定です。「築地場外市場商店街」は残りますが、一部店舗は「築地魚河岸」に移転・併設される可能性があります。


1. 築地場外市場商店街(つきじじょうがいしじょうしょうてんがい)


公式ホームページ

2. 砂町銀座商店街(すなまちぎんざしょうてんがい)

「砂町銀座商店街」は、都営新宿線西大島駅からバスで5分、歩いて約20分と、他の商店街に比べて少しアクセスしにくい場所にありますが、人気のある商店街です。約670メートルという長い商店街に180店舗ほどの店が軒を連ね、下町情緒あふれる雰囲気が特徴。
買ったものをその場で食べられるお店が多いので、食べ歩きを目当てに遠方から訪れる人も多いんですよ。中華料理店「永昌園(えいしょうえん)」の大きな餡餅(シャーピン)(肉と野菜のそぼろ状の具を包んだ焼き饅頭)や「手づくりの店さかい」のまぐろをつかったメンチカツ、「あさり屋さん」のあさりがたくさん入った名物あさりご飯など、この商店街ならではのグルメが楽しめます。毎月10日は、「ばか値市」と呼ばれる大安売りを各店舗で行っているので混雑必至ですが、色々なものがリーズナブルに買い物できるのでおすすめですよ。



2. 砂町銀座商店街(すなまちぎんざしょうてんがい)


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 赤羽一番街商店街(あかばねいちばんしょうてんがい)

JR赤羽駅からすぐ「赤羽一番商店街」は、午前中からお酒が飲めるお店がたくさんあり、お酒が好きな方には嬉しい商店街です。約400mの商店街には、約100軒のお店が並びます。人気のお店は、朝9:00 amから営業しているウナギとコイ料理の「まるます家」や立ち飲みしている人であふれるおでん屋「丸健水産(まるけんすいさん)」など。特に「丸健水産」のおでん(日本の煮物料理)と、「だし割り」という、おでんのだし(昆布や鰹節等で煮出した汁を醤油などの調味料で味付けしたもの)で日本酒を割った、スープのような味わいのお酒が話題になっています。他にも美味しい食事を楽しめるお店もたくさんあります。日本のレトロな風景が色濃く残る商店街を、ぜひ一度楽しんでみてくださいね!


3. 赤羽一番街商店街(あかばねいちばんしょうてんがい)


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 戸越銀座商店街(とごしぎんざしょうてんがい)

続いてご紹介するのは、東急池上線戸越銀座駅からすぐ近く、3つの商店街からなる「戸越銀座商店街」。頻繁にテレビのグルメ番組や雑誌にも取り上げられており、「東京一長い」と有名な商店街です。全長1.3kmに約400軒の店舗があり、平日でも1万人以上が訪れる活気と明るい雰囲気のなか、日用品や生活雑貨などのショッピングと食べ歩きが楽しめます。コロッケや焼き鳥、スイーツなどをいろいろな店舗の店先で売っているので、どれを買うか悩みますが、まずは「かたばみ精肉店」のほくほくとしたコロッケが定番。オープンエアなテーブル席で焼き鳥が楽しめる「焼き鳥エビス」も、ぜひ訪れていただきたいお店です。店先から漂う美味しい香りに誘われて、つい食べ過ぎてしまうかも。


4. 戸越銀座商店街(とごしぎんざしょうてんがい)


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 谷中銀座商店街(やなかぎんざしょうてんがい)

下町情緒あふれる雰囲気の「谷中銀座商店街」は、商店街の手前にある「夕やけだんだん」と呼ばれる階段から見える夕日が絶景なことでも有名です。約170mの長さにさまざまな種類のお店が約70軒あり、「肉のすずき」のひき肉がジューシーなメンチカツや、「やなかのしっぽや」の猫のしっぽの形をしたドーナツなどが人気。また、日本の文化を知ることができる江戸風鈴(江戸時代(1603~1868年)から伝わる製法で作られたガラス風鈴)や千代紙(ちよがみ)(柄の豊かな和紙で作られた正方形の紙)などの民芸品を扱っている「雨彦・江戸民芸」も必見。素敵なお土産を見つけることができますよ。ゆっくり散策して、商店街での買い物を楽しんでくださいね!
アクセスは、JR山手線、常磐線、都営舎人線、私鉄京成線の日暮里駅から徒歩5分ほど。


5. 谷中銀座商店街(やなかぎんざしょうてんがい)


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?商店街の買い物では、外国語のメニューがないところが多いですが、商品をゆび指せば、あまり困ることはありません。食べ歩く時は、通行人の邪魔をしないことやごみをポイ捨てしないなど、マナーを守って楽しんでくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!