WOW! JAPAN

東京

ショッピング

羽田空港で買うべき美味しいお土産5選

2016.05.12

Writer name : 9asakura

日本の玄関口でもある羽田空港は、日本全国の珍しいお土産をはじめ、羽田空港オリジナルの商品も数多く販売されています。今回は、羽田空港で買える美味しいお土産を紹介します。

1. お絵かきマカロン(アニバーサリー)

ウエディングケーキをはじめ、記念日のスイーツのお店として日本で有名な「アニバーサリー」が作る、羽田空港限定のマカロンが「お絵かきマカロン」です。サクサクの食感が楽しいマカロンの表面には、羽田空港をイメージした絵柄や上野のパンダなどが描かれていますので、女性や子供がいる家庭へのお土産に最適ですね!
値段は5個入りで1,404円(税込)です。第一ターミナルでは、PIER1、PIER4。第二ターミナルでは、SMILE TOKYOで購入できます。




公式ホームページ(日本語のみ)

2. 小形羊羹 空の旅(とらや)

和菓子の老舗「とらや」の羊羹は、日本のお土産で絶対に買いたいスイーツのひとつ。羊羹とは餡に砂糖・寒天を加えて、練り固めた菓子で、歴史ある和菓子のひとつ。くどさのない上品な甘さがクセになります。今回紹介する「小形羊羹 空の旅」は、白小豆を使った紅色の羊羹で、飛行機の窓から見える夕焼けと雲をイメージして作られたもの。プレゼントだけでなく、自分用に1本(260円(税込))買って帰りの機内で食べてもいいかも!
空港限定のパッケージがかわいい詰め合わせもおすすめです(5本入1,404円、10本入2,700円(ともに税込))。異なる味が楽しめるので、食べ比べても、親しい人にちょっとしたお土産として配ってもいいですね。第一ターミナルでは特選和菓子館、PIER1など、第二ターミナルでは金の翼と一部の店舗、また国際線ターミナルでも購入することができます。






公式ホームページ(日本語のみ)

3. いかせんべいから揚・甘塩だれ(越前海鮮倶楽部)

日本の菓子として有名な「せんべい」は、小麦粉や米の粉などをねり、薄く延ばして鉄板などで焼き、醤油や砂糖などで味付けをした菓子です。しかし、今回紹介する「いかせんべいから揚・甘塩だれ」は、いかをそのままプレスして揚げたせんべいで、海産物の風味と食感はビールのおつまみとして最適!さまざまな味の種類がありますが、まずは一番人気の「甘塩だれ」からお試しください。きっと二度目の訪日の際は、鞄一杯に買って帰りたくなりますよ。
値段は756円(税込)です。第一ターミナルでは、PIER1など、第二ターミナルでは、 SMILE TOKYOなどで購入できます。






公式ホームページ(日本語のみ)

4. 生チョコレート[抹茶](ロイズ)

北海道のチョコレートメーカーとして絶大な人気を誇るロイズ。なかでも、チョコレートに生クリームをまぜた「生チョコレート」は、口の中でとろける食感がたまりません。そんな生チョコレートのなかでも海外の方へのお土産として買っていただきたいのが抹茶味です。抹茶の清涼感がチョコレートと融合して、絶妙な味わいです。売り切れ必至なので、空港に着いたら店舗に直行してもいいかも!
値段は778円(税込)です。国際線ターミナルBLUE SKY PREMIUMなどで購入できます。




公式ホームページ

5. 胡麻団(御麻所 無法庵)

お団子系の和菓子土産をお探しなら、御麻所 無法庵の「胡麻団」がオススメ。わっぱと呼ばれる日本らしい丸い箱の中に、団子が隠れるくらいにたっぷりとゴマが入っています。団子の中には何も入っていませんので、まわりのゴマをたくさんつけて香ばしい風味を楽しんでください。味はもちろん、見た目のインパクトもありますので、帰国後、ホームパーティーなどに持ち込んだらセンスの良さを見せられるかもしれませんね!
値段は810円(税込)です。第二ターミナル、フードプラザで購入できます。




羽田空港ターミナル公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?出入国のみならず、他のエリアへの移動に使うことが多い羽田空港では、日本中の美味しいお土産を効率的に購入できます。時間の許す限り、いろいろと探してみてください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!