close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【豊洲市場】ランチにもおすすめ!人気のお寿司・海鮮グルメの名店5選

築地から豊洲へ市場が移転してから8カ月が経ちました。お寿司や海鮮丼をはじめ人気の飲食店も豊洲市場へ移転したことをご存じでしょうか?今回は、豊洲市場で「築地の味」を堪能できる名店5選をご紹介します!

豊洲市場とは

「日本の台所」として親しまれていた築地市場が、 2018年10月6日をもって83年の歴史に幕を下ろしました。築地市場を活用していた水産業者はじめ1,600以上の業者は豊洲に移転し、10月11日、晴れて豊洲市場が開場。新たに展示コーナーやギャラリーなどを設置。築地市場にあった飲食店も、老舗39店が豊洲に移転しているので、海鮮丼やお寿司をはじめ、「築地の味」を再び豊洲で楽しむことができます!ゆりかもめ「市場前駅」直結でアクセスも抜群!一般来場者の車は、市場内に停められないので要注意。

豊洲市場とは

東京都江東区豊洲6-6-1

1. つきぢ神楽寿司 豊洲市場店

長年の仕入れ経験から厳選したネタだけを提供する寿司屋「つきぢ神楽寿司 豊洲市場店」。酒粕を原料にしたこだわりの赤酢を使用した赤シャリと新鮮な魚介の相性抜群!特におすすめは「炙り寿司」。のどぐろやキンメダイ、キンキ等を軽く炙り、天然岩塩と柑橘のタレをつけて食べる逸品です。お寿司は1貫220円(税抜)から。お寿司11貫と玉子、お椀がついた「おまかせ(3,240円(税込))」がおすすめ!

場所:管理施設棟3階の飲食店エリア
営業時間:7:00 am - 3:00 pm

1. つきぢ神楽寿司 豊洲市場店

東京都江東区豊洲6-6-1 管理施設棟314

2. 磯寿司

天然物のみを使用した寿司屋「磯寿司」。毎日厳選して仕入れた天然物の海鮮を使っているため、行くたびに様々な旬のネタを楽しめる名店。磯寿司のメインは、何と言ってもマグロ。脂ののったマグロをたっぷり楽しみたい方は、「鮪づくしにぎりセット(3,240円(税込))」や「鮪づくし丼(3,240円(税込))」がおすすめ!メニューはすべて英語と中国語の表記があるので安心です!

場所:水産仲卸売場棟3階の飲食店エリア
営業時間:6:00 am - 2:14 pm

2. 磯寿司

東京都江東区豊洲6-5-1 3F

3. 寿司 大

ミシュランガイド東京2015に掲載された名店「寿司 大」。産地やブランドにこだわらず、その時1番美味しい食材を厳選。店主を中心に、笑い声や話し声が絶えない、明るい雰囲気も人気の秘訣で、国内外からリピーターが訪れています。大トロやキンメダイなど旬の握り10貫に巻物・玉子焼が付き、締めに好きな1貫を選べる「おまかせセット(4,000円(税込))」が、看板メニュー。ネタはすべて大ぶりなので食べ応え抜群!

場所:水産仲卸売場棟3階の飲食店エリア
営業時間:5:00 am - 3:00 pm

3. 寿司 大

東京都江東区豊洲6-5-1 東京都中央卸売市場豊洲市場内6街区 水産仲卸売場棟3F

4. 海鮮丼 大江戸

創業100年以上、日本橋魚市場から続く老舗の海鮮丼専門店「海鮮丼 大江戸」。長年の魚河岸としての経験をもとに、毎日目利きのプロが厳選した食材を使って作る海鮮丼のお店。1番のこだわりは、天然マグロと極上サーモンです。ベースの海鮮丼を選び、常時60種類以上ある豊富なメニューからお好みに合わせてトッピングを追加し、オリジナルの海鮮丼を注文できます!

場所:水産仲卸売場棟3階の飲食店エリア
営業時間:6:30 am - 3:30 pm

4. 海鮮丼 大江戸

東京都江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟3F

5. 魚がし料理 粋のや

プロの料理人も通う和食海鮮料理「魚がし料理 粋のや」。料理長厳選の旬の食材を、刺身や煮魚、焼魚で提供。お店イチオシの看板メニューは、築地から引き継がれたタレとやわらかい身の相性抜群な「金目鯛の煮付御膳(2,500円(税込))」や、自家製西京味噌の上品な風味が香る「銀だらの西京焼き御膳(2,300円(税込))」。お刺身や煮魚をお膳に追加するセットメニューも充実しています。

場所:水産仲卸売場棟3階の飲食店エリア
営業時間:6:30 am - 3:30 pm

5. 魚がし料理 粋のや

東京都江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟3F

豊洲市場の基本情報や、豊洲市場でお寿司や海鮮丼を堪能できる名店をご紹介しました!行列覚悟の名店ぞろいなので、いつもよりちょと早起きをして足を運んでみるのはいかがでしょうか?

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!