close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

人気店が一堂に会す東京ラーメンストリートへ行ってみよう!

東京駅に日本の有名ラーメン店が勢ぞろいしているスポットがあります。その名も東京ラーメンストリート。今回はその東京ラーメンストリートから代表的なお店を5つご紹介します。

東京ラーメンストリートとは?

「東京で真っ先に食べたいお店」をコンセプトに、JR東京駅の東京一番街にオープンした東京ラーメンストリート。都内の観光の際にも、地方に足をのばす際にも利用できる、絶好のロケーションにあります。当初は大崎にある有名店「六厘舎」をはじめ4店でオープンしましたが、定期的にリニューアルを重ね、現在では8店を数えます。「一週間通っても飽きない」を目指して、都内にあるさまざまなジャンルのラーメン店を集めた、充実のラインナップ。ラーメン好きにはたまらない、一度は訪れてみたいスポットです。

東京ラーメンストリートとは?

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F

1. 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵

東京葛西の人気店「ちばき屋」の店主が手がけたこのお店は、ラーメン店としては異色で、すべてのメニューに店主の故郷の名物である牛タンが使われています。代表メニューである「仙台牛タンねぎ塩ラーメン(830円(税込))」は、全国を探してもここにしかないでしょう。いつもとは違うジャンルのラーメンを試してみたい方は、ぜひお立ち寄りください。

1. 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F

2. 東京タンメン トナリ

タンメンブームの火付け役といえばこのお店。タンメンとは野菜や肉の炒め物にスープを加えた麺料理のことです。見かけも味もラーメンと似ていますが、作り方が少し違い、関東を中心に食べられています。一番大きな違いは、大盛りの野菜炒めがのっていること。こだわりのタンメンは10種類以上の食材をふんだんに使い、成人の1日に推奨される野菜摂取量が1杯で摂れてしまうほど!餃子とのお得なセットメニュー「タンギョウ(890円(税込))」もあり、栄養的にもボリューム的にも満足できること間違いなしです。

※画像は東陽町本店のものです

2. 東京タンメン トナリ

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F

3. 東京の中華そば ちよがみ

「その日の気分に合った、お好みの中華そばを楽しんでいただく」がコンセプトのこちらのお店。お好みの味を選べるように、醤油、塩、スタミナと3種類の中華そばを用意しています。どれも魚介や昆布をふんだんに使い、丁寧に出汁をとっており、食材の風味が際立つ逸品。「東京駅 醤油 すたみな 中華そば(1,030円(税込))」は、醤油ベースに生のニラとニンニクも入っており、疲れている時にはぜひ試してほしいメニューです。

3. 東京の中華そば ちよがみ

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F

4. ソラノイロ NIPPON

都内にオープンして以来、人気が途絶えることはなく、ミシュランガイド東京2015のビブグルマンに選出されたお店。ビブグルマンとは、ミシュランガイドでは安くてコスパのよいオススメの店を指します。この店ではラーメン店には珍しく、動物系の出汁や具材を一切使わない「ビーガンベジソバ(1,100円(税込))」が有名です。野菜だけと聞くと物足りないと思う人もいるかもしれませんが、野菜の旨味が凝集したラーメンは、それを良い意味で裏切ってくれるでしょう。いつもとは違う1杯をお探しの方は是非お寄りください。

4. ソラノイロ NIPPON

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F

5. 塩ラーメン専門 ひるがお

都内だけではなく、海外にも多数の店舗を展開している人気のラーメンブランド「せたが屋」が手がける塩ラーメン専門店がこちら。自慢の「塩玉ラーメン(880円(税込))」で使う塩は、わざわざベトナムの天日塩の名産地カンホアから取り寄せる気合いの入れようです。化学調味料を一切使わず、天然素材だけでスープをつくるのもこだわりのひとつ。都内で塩ラーメンが食べたくなったら、ぜひここへ。

5. 塩ラーメン専門 ひるがお

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F

いかがでしたでしょうか?「飽きない」を目指して進化し続ける東京ラーメンストリート。東京駅にお立ち寄りの際には、ぜひご利用ください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!