close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

「新横浜ラーメン博物館」に行くならこのお店!おすすめ店舗5選

有名店が一同に集結した人気フードテーマパーク「新横浜ラーメン博物館」。店舗数が多くてどれを食べるべきか迷ってしまう…、そんな声にお応えして今回は特におすすめの5つのお店を教えます!

「新横浜ラーメン博物館」とは?

まずは、「新横浜ラーメン博物館」がどういった所なのか?をご紹介します。誕生は1994年、世界初のフードアミューズメントパークとしてオープンしました。「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」をコンセプトに、北は北海道から南は沖縄までの人気店が大集合。常に幅広い名店を紹介できるようにとレギュラー店が入れ替わるので、いつでも飽きられることのない新鮮な印象をキープしています。
また、ラーメン店以外にも喫茶店や居酒屋、ミュージアムショップなど多彩な店舗が入っており、一日中楽しめるスポットです。

「新横浜ラーメン博物館」とは?

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

1. すみれ

最初にご紹介するのは、北海道・札幌に本店を構える「すみれ」。全国的な知名度を誇る味噌ラーメンの名店です。主力メニューである「味噌ラーメン(900円)」は、スープはトンコツ・魚介・野菜類を中心に煮込み、味噌・ニンニクなどを加えた超濃厚でコクのあるタイプ。麺はコシが強くモチモチとした質感の「中太ちぢれ麺」を使っています。具材はチャーシュー・挽肉・もやし・玉ねぎと、特製メンマ&ネギです。

1. すみれ

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

2. 龍上海本店

続いては山形県・赤湯地方発祥の人気店「龍上海本店」。看板メニューは「赤湯からみそラーメン(870円)」で、中央にトッピングされた真っ赤な味噌を溶かしながら、辛さを調節しつついただきます。スープは煮干しを効かせたベースに、全国の様々な味噌をミックスしたタレをブレンド。太い平打ち麺を1玉1玉手もみすることで、モチモチ・シコシコとした質感を生み出しています。

2. 龍上海本店

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

3. 支那そばや

「支那そばや」店主の佐野実氏は、数々のメディアに登場してきた有名な料理人。自家製麺や厳選素材ブームの火付け役と言われており、そんな彼が生み出したラーメンはもちろんとことんこだわった逸品です。
独自に掛け合わせた地鶏など30種類以上の食材を煮込んだスープと、しなやかで旨みと香りが高い独自製法の麺を使用。具材はチャーシュー、メンマ、ネギなど、シンプルながら奥深い味わいを楽しめます。主なメニューは、醤油のコクと旨味を蓄えたスープが絶品の「醤油らぁ麺(930円)」など。

3. 支那そばや

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

4. 琉球新麺 通堂

沖縄発・地元民に愛される「琉球新麺 通堂」の看板メニューは、1日100杯限定販売の塩ラーメン。豚の脚の骨と鶏ガラ、数種の野菜と昆布で作られたスープは、あっさりしながらもコクのある優しい味わいです。麺はつるつるした食感でのどごし抜群。しっとりしたチャーシューや、塩と昆布で味つけをした玉子がオススメのトッピングです。ラーメン1杯の平均価格帯は800円〜900円前後。

※画像はイメージです。

4. 琉球新麺 通堂

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

5. こむらさき

最後は熊本発祥の人気店「こむらさき」です。看板メニューは「王様ラーメン(800円)」で、豚骨ベースに鶏ガラをブレンドしたまろやかなスープと、もっちりとした麺が特徴。チャーシュー・キクラゲ・メンマの具材に加え、シャキシャキした食感のモヤシと火を通して香ばしさを強調した刻みニンニクがポイントです。

5. こむらさき

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

様々なご当地の味を体験できる「新横浜ラーメン博物館」。きっとお気に入りの一杯に出会えるはず!1日入場券は大人310円(税込)です。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

東京 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!