close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

東京の行列ができる人気つけ麺店5選

ラーメンの中でも麺、スープのそれぞれの美味しさを堪能できるのがつけ麺の魅力。激戦区の東京の中でも、ネットメディアで話題の特徴ある人気店を5店ピックアップしました。

1. 麺屋 翔

まずはお店もおすすめしている看板メニューの「香彩鶏だし塩ラーメン(790円(税込))」を味わって。地鶏を大量に使っている「鶏白湯つけ麺(790円(税込))」が人気。つけ麺の常識を覆す一杯です。麺の上に細いメンマ、レモン、2種類(鶏ムネと豚)のチャーシューがのり、つけ汁は上に膜が張るほど濃厚でクリーミー。隠し味にマヨネーズとナンプラーが入っているとか。肉もゴロゴロ入ってお得感満載。上にニンニクチップが散らしてあります。西新宿本店と品川店があります。(店舗によってメニューに違いがあります。)

1. 麺屋 翔

東京都新宿区西新宿7-22-34

2. 古都はピアノマン

渋谷にある変わった店名のつけ麺・ラーメン店。同店はお昼だけの営業で、夜は居酒屋です。「華麗つけ麵(690円)」はシンプルに麺とカレーを、「特製華麗つけ麺(950円)」は、ローストポーク、卵、なるとをトッピング。「バジル華麗つけ麺(790円)」はバジルペーストが麺の上にのり、「特製バジル華麗つけ麺(1,050円)」は前出のトッピングがプラスされます。つけ汁は釜に入ったアツアツの辛口カレー。このカレーがおいしいのでつけ麺としても評判です。つけ麺とラーメンのほか、丼ものや定食等、ランチメニューも豊富。

2. 古都はピアノマン

東京都渋谷区道玄坂2-9-2 正美ビル2F

3. つけ麺えん寺(じ)

東京吉祥寺にある、元祖ベジポタ(野菜ペースト入りのスープ)つけ麺の店。「つけ麺は麺を楽しむラーメン」と言い、麺によって印象も変わるそうですが、ここは4種類の麺から選べる新しいスタイルで評判の店。「ベジポタつけ麺(800円(税込))」は、豚骨、鶏ガラを数時間煮込んだスープに、独自の野菜ペーストを入れることで野菜の甘さを引き出したドロドロスープ。 麺は、胚芽(はいが・成長すると芽になる部分)を含んだ胚芽ストレート麺。小麦の風味が強い麺とドロドロスープで食べごたえは抜群!

3. つけ麺えん寺(じ)

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-1 南陽ビル1F

4. つけめんTETSU

東京・千駄木にあるつけ麺店。現在のつけ麺ブームの火付け役を自認しているだけあって「完成された唯一無二のスープ」が自慢です。濃厚な魚だしとゲンコツ(豚の大腿骨)、鶏ガラのスープを合わせ、おいしさを凝縮。麺はうどん用とパン用の粉をブレンドした「TETSU専用粉」を使用。もちっとした食感が楽しめます。希望者には「焼き石」を用意し、冷めたスープを再加熱できますよ。最後までアツアツで食べられる、うれしいサービスですね。東京を中心に21店舗あります。

4. つけめんTETSU

東京都文京区千駄木4-1-14

5. 満来(まんらい)

東京・西新宿にある「つけ麺」の老舗でシンボル的な存在。つけ麺のメニューの1つ「ざる(1,000円(税込))」は、打ちたての自家製麺でうどんのようなもっちり感のある平打麺。ノリがたっぷりかかっています。つけ汁は醤油ベースで酸味があり七味がアクセント。チャーシューと大きめメンマ、薬味のネギもたっぷり。名物の「納豆ざる(1,150円(税込))」はつけ汁に納豆と生卵を入れたなめらかな食感で、柚子の香りが加わり新しい味わいに。チャーシューがコロッと入っているのも食べ応えがあっていいと評判です。

5. 満来(まんらい)

東京都新宿区西新宿1-4-10

東京では2015年に、つけ麺生誕60周年を記念し「大つけ麺博」が開催されるなど、つけ麺人気が高まっています。「大つけ麺博」で行われたつけ麺とラーメンの対決で、つけ麺軍団が勝利するほど大人気なんです!日本でもブーム中のつけ麺を、ぜひ一度ご賞味あれ。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

東京 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!