WOW! JAPAN

東京

グルメ

東京で日本酒が飲めるおすすめのお店

2016.08.18

Writer name : KUS

日本の首都、東京は全国から美味しい日本酒が集まってきます。どんな日本酒を置いてあるお店なのかによって、そのお店のセンスが感じられたりします。今回は、そのなかでも、色々な日本酒の楽しみ方ができる選りすぐりのお店5選をご紹介します。

1. 和酒場 庫裏(わさかば くり) 新橋店

日本産のお酒を指す「和酒」専門のバー「和酒場 庫裏 新橋店」。50から100種類のお酒を常備していますが、品質管理のために1本ずつしか入荷しないというこだわりのお店です。お酒の銘柄を知らなくても「辛口・甘口、果実・穀物のような香り」といった自分の好みの味わいや香りを店員さんに伝えれば、ぴったりのお酒を出してくれるのでご安心を。グラスのサイズは4種類あり、価格は、小サイズ300円(税込)から。お酒が進む、全国各地から取り寄せた珍味も楽しめます。


1. 和酒場 庫裏(わさかば くり) 新橋店


公式ホームページ(日本語のみ)

2. KURAND SAKE MARKET 新宿店

お客さんがお店の冷蔵庫から酒瓶を取り出し、好きな量だけグラスに注ぐセルフスタイルのお店「KURAND SAKE MARKET 新宿店」。料金は3,000円(税抜)で、時間無制限。冷蔵庫には日本各地の小規模な蔵元が造ったお酒が100種類以上そろっているので、いろいろなお酒をじっくり飲み比べてみたい人にぴったりです。店内でもおつまみは販売していますが、料理やおつまみの持ち込みは自由。途中で買い出しのためにお店を出入りしたり、周辺の飲食店からのデリバリー配達もできます。


2. KURAND SAKE MARKET 新宿店


公式ホームページ

3. ぬる燗 佐藤

「ぬる燗 佐藤」は賑やかな六本木の静かな路地裏に佇むお店です。少人数ならカウンター席へ、グループなら16人まで利用できる純和風の個室でくつろぐのもいいでしょう。人気の日本酒メニューは、全国各地から取り寄せた120種類以上のお酒を少量ずつお試しできる「日本酒ちょい飲み(500円(税込)から)」。店名の「ぬる燗」とは、暖めたお酒のこと。日本酒は温度の違いでも味わいが変わるので、熱燗、人肌燗、常温、冷やなど、それぞれの違いをぜひお試しあれ。


3. ぬる燗 佐藤


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 野崎酒店

「地酒」とは、それぞれの地域で造られるローカルなお酒。サラリーマンの町である新橋で全国の地酒の日本酒を楽しめる「野崎酒店」は人気のお店です。お酒は、0.7合(126ml)グラスか、2合(360ml)徳利と呼ばれるお酒の器で提供されます。価格はお酒の銘柄によって異なり、グラス一杯500円以下のものから2,000円近いものまでさまざま。いつも満員なので「2時間制」という時間制限があるほど。事前に予約して行くことをおすすめします。


4. 野崎酒店


ぐるなび(日本語のみ)

5. 湊一や(みなといちや) 日本橋店

東京駅から徒歩3分の近さにある、魚介類をふんだんに使った海鮮料理をメインとする和風ダイニング居酒屋「湊一や 日本橋店」。お店の特徴は、大小様々な完全個室が用意されていること。お客さんは、プライベートな空間でゆっくりくつろぎながらお酒と料理を楽しめます。おすすめメニューは、2時間で50種類以上のドリンクを楽しめる「飲み放題」サービス付きの宴会コース(3,456円(税込)より)。お店には、有名な銘柄や入手困難な銘柄のお酒も数多く用意されています。


5. 湊一や(みなといちや) 日本橋店


公式ホームページ(日本語のみ)

日本酒には多くの銘柄があって、それぞれ味わい深いものです。お店では、小さいグラスを注文して、何種類もの銘柄を試してみてはいかが?

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事