WOW! JAPAN

東京

グルメ

安くて美味しい。東京のおすすめ立ち食いレストラン5選

2016.08.10

Writer name : Mayuka Ueno

日本で立ち食いと言えばサラッと食べられるそばやうどんがポピュラーでしたが、最近はステーキやピザなども立ち食いできるレストランが増加中。今回はそんな中からおすすめ5店を紹介します。

1. いきなり!ステーキ

立ち食いでカジュアルにステーキが食べられると、この2~3年で続々と店舗数を拡大している人気店「いきなり!ステーキ」。様々な種類のステーキ肉をグラム単位で量り売りし、オーダーを受けてからカット場でお肉をカットするシステムです(ランチ時には定量カット)。店舗によって多少メニューは異なりますが、例えば「ヒレステーキ」は1g当たり9円(税抜)で200gから、「リブロースステーキ」は1g当たり7円(税抜)で300gからオーダー可能。表面を焼かれ中はレアの状態でテーブルに運ばれてくるので、ソースなどの味付けや焼き加減は自分の好みで調整します。おすすめはやっぱりレア。口に入れた瞬間に肉汁があふれ、肉そのものの旨みをダイレクトに味わえますよ!


1. いきなり!ステーキ


公式ホームページ(日本語のみ)

2. 立喰 美登利(寿司)

いつも行列が絶えない人気寿司チェーン店の「美登利寿司」。そんな美登利寿司の立ち食い専門店が池袋にあります。人気の理由はなんといってもその安さ!まぐろがなんと1貫50円(税抜)。普通の立ち食い店や回転寿司だと2貫からしか注文できないことが多いけれど、このお店は1貫から注文できるんです。その他にもサーモンやはまちなどが70円(税抜)、中トロや炙りエンガワなどが100円(税抜)の安さ。ネタはどれも美登利寿司の特徴である大きくて新鮮なものばかりなので、立ち食いだからとあなどるなかれ!好きなネタを好きなだけ食べられる、コストパフォーマンスが最高なお寿司屋さんです。ただ、行列必至なので時間に余裕を持って行くのがおすすめ。


2. 立喰 美登利(寿司)


公式ホームページ

3. 治郎丸(焼肉)

食べ放題で思う存分肉を食い尽くすのも良いけれど、もっと気軽に焼肉を楽しみたい人におすすめなのが「治郎丸」。上質な肉が1枚30円から注文できる立ち食い焼肉店です。時期や仕入れ先によって値段の変動がありますが、ハツやマルチョウなどのホルモン類は80~100円から、お店の一番人気サーロインは300円から食べることができます。ライスやスープ、サラダなどのサイドメニューやアルコール類も豊富なので、しっかり食事をしたい人も満足できること間違いなし。一人でも気軽に入れる雰囲気なので、待ち合わせまでのちょっとした空き時間にサクッと焼肉なんていかがでしょう。


3. 治郎丸(焼肉)


ぐるなび(日本語のみ)

4. ピッツァ サルーテリア

本格的なナポリ風ピザを気軽に食べられる「ピッツァ サルーテリア」。常時12~13種類のメニューがあり、専用窯で焼き上げられたピザは、表面はパリパリで中がモチモチの食感。定番の「マルゲリータ」は550円、ボリューミーな「ウインナーベーコン」や、5種のチーズをたっぷりのせた濃厚な味わいの「チーズピッツァ」などは850円です。トッピングのハーフ&ハーフや、チーズの増量(150円)もできます。おすすめは「ツナマヨコーン(800円)」。日本のおにぎりの具材として超定番なツナ&マヨネーズにコーンをトッピングした日本ならではの商品。その場で焼き立てを頬張れば、マヨネーズとチーズのクリーミーなハーモニーが病み付きになりますよ!

※写真はイメージです


4. ピッツァ サルーテリア


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 俺のフレンチ

ミシュランガイドにも掲載されたことのある立ち食いフレンチの超人気店「俺のフレンチ」。高級店の約3分の1の価格でフォアグラやオマール海老などの高級食材を使ったフレンチが食べられることができ、銀座の本店をはじめとして東京に約10店舗ほどを構えています。どの店もミシュランの星付きや一流レストランで活躍していたシェフが料理人を務めているので、味は言うまでもなく本格フレンチ。グループ店での一括仕入れや立ち食いによる顧客回転率の向上などが、低価格を実現している理由なんです。おすすめは、店舗によって牛の素材やアレンジ、価格などが変わりますが「牛フィレ肉とフォアグラのソテー 黒トリュフソース “ロッシーニ”(2,980円(税抜))」。これだけの高級料理が3,000円以下で味わえるのは、行かなきゃ損です!


5. 俺のフレンチ


公式ホームページ

いかがでしたか?安くて美味しい食事は旅行の中でも特に満足感を味わえる楽しみのひとつ。行列覚悟で是非チャレンジしてみてください!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事