WOW! JAPAN

東京

グルメ

英語/中国語メニューのある銀座のラーメン店3選

2015.10.01

Writer name : Miyano miyuki

日本人にも憧れの洗練された街として名高い銀座。
17世紀より日本の商業の中心地として商店が軒を連ね、21世紀の今でも大変な賑わいをみせています。老舗と呼ばれる古くから営業しているお店も多いので、日本のノスタルジーを感じながら銀座の街を満喫するというのも日本通の過ごし方。お買い物だけでなく、四丁目にある歌舞伎座を訪ねて、日本文化を堪能することもできます。
銀座において、ラーメンもまた古くから進化し続けながら、伝統の味を守っています。また、近年は外国人観光客も増えてきていて、その外国人にも堪能してもらいたいという思いから、英語/中国語のメニューも充実していています。
そんな歴史とおもてなしを兼ね合わせた、外国人にも人気の厳選された銀座ラーメン店をご紹介します。


1.自家製麺 伊藤

シンプルな「中華そば」の中に天然素材の奥深さが


極上の素材からを贅沢に使用したスープにこだわるのは、銀座のビルの地下1階にある隠れ家的ラーメン店、自家製麺 伊藤です。
スープの美味しさに”スープ増し”の食券まであるというから、その味は約束された美味しさ。こだわりの自家製麺が自慢のスープにマッチし、煮干しという日本食に欠かせない食材の良さを最大限味わえます。昼11時から営業しているので、小腹がすいたら気軽に立ち寄れるのも嬉しいところ。あっさり系のスープなので一気に食べられます。アツアツのご飯に生の卵をかけて食べる”卵かけご飯”はチャーシューの角切りがゴロンと入った人気のサイドメニューです。
これらのメニューは英語/中国語でも用意されているので、外国からの観光客の方も気軽に来店されています。

■住所/東京都中央区銀座6-12-2 東京銀座ビルディングB1
■電話/03-6274-6445
■営業/土・日・祝11:00~20:00、月~金11:00~23:00
■休/なし


1.自家製麺 伊藤

2.一風堂 銀座店

北海道から九州まで店舗展開する豚骨の名店


1985年九州福岡に誕生し、日本を制覇した名店が東京の拠点として店舗を出したのが一風堂 銀座店です。
料理、店作り、おもてなしと全てに強い想いを持った豚骨の名店は、英語/中国語のメニューを完備し海外にも進出しています。
原点となる豚骨スープのラーメン”白丸元味”、自慢のスープに香味油と辛みそを加えたラーメン”赤丸新味”、”明太子ごはん温玉(ソフトボイルの鶏卵)のせ”など定番メニューの他、期間限定メニューもあり、リピーターをも飽きさせません。麺を食べ終えたら、”替え玉”の注文をしてみましょう。麺のみを追加することです。きっと豚骨ラーメンの虜になること間違いなしです。

■住所/東京都中央区銀座4-10-3 セントラルビル1F
■電話/03-3547-1010
■営業/月~木11:00~翌2:00(ラストオーダーも同)、金・土・祝前日11:00~翌3:00、日・祝11:00~翌1:00
■休/なし


2.一風堂 銀座店


ホームページ(日本語・英語)

3.GinzaNoodle むぎとオリーブ

新感覚健康志向の本格派ラーメン店


麺を作る小麦も、ダシをとる鶏や蛤もこだわりの食材を使っていることからも、店の前の行列には納得できるでしょう。卵ひとつをとっても厳選された素材をつかう本格派のラーメン店は、2014年2月にオープンしたGinzaNoodle むぎとオリーブです。
洋食の料理人でもあった店主は、今、健康派に注目されているオリーブオイルを味のアクセントとし、ラーメンとのコラボレーションによって新たなラーメンの世界観を生みだしました。一体、どんな味? 興味を持ったらお店へGO! ラーメン通もびっくりの新感覚健康志向ラーメンを銀座で味わうことができるでしょう。
英語/中国語メニューも用意されているのでメニュー選びも安心です。

■住所/東京都中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル1F
■電話/03-3571-2123
■営業/月~金ランチ・ディナー11:30~22:00(L.O.21:45)、土ランチ・ディナー 11:30~21:00(L.O.20:45)
■休/日


3.GinzaNoodle むぎとオリーブ

多くのラーメン店がある中で、自分好みの店を探せた時の喜びは大きいものです。今回ご紹介した店をはしごして、マイベストを選んでみてはいかがでしょうか。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!