close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

温泉ファン必見!東北地方の「秘湯」5選

多くの魅力的な温泉が集まる東北。今回は、なかなか訪れにくい立地にあることから「秘湯」と呼ばれている名湯5つをご紹介!

1. 酸ヶ湯温泉旅館

開湯約300年の歴史を誇る「酸ヶ湯温泉郷」。標高約900mの清涼な高地にあり、周囲には豊かな自然が広がります。この地のシンボルは、酸ヶ湯温泉旅館の大浴場「ヒバ千人風呂(混浴)」。約265平方mという広大な浴場に、総ヒバ造りの浴槽が4つ備えられています。それぞれに源泉が異なり、その豊かな効能から湯治場として愛されています。

日帰り入浴:可
日帰り入浴料:600円〜
日帰り入浴可能時間:7:00 am - 5:30 pm(8:00 am - 9:00 amは女性専用)

1. 酸ヶ湯温泉旅館

青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50

2. 黄金崎不老ふ死温泉

海と一体化したような気分を味わえる絶景露天風呂の宿。塩分・鉄分を豊富に含む泉質で体が芯から温まります。アクセスは青森市より車で約2時間半。危険な山道ルートではなく、必ず国道101号線の海沿いルートを選択してくださいね。電車ならウェスパ椿山駅で下車すれば送迎バスが迎えに来てくれます。

日帰り入浴:可
日帰り入浴料:大人600円、子ども300円
日帰り入浴可能時間:8:00 am - 4:00 pm(冬季は時間変動。悪天候時入浴不可)

2. 黄金崎不老ふ死温泉

青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15

3. 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

乳頭山麓にある「乳頭温泉郷」の宿の中で、約380年と最古の歴史を誇る旅館です。JR田沢湖駅からバスにのり、さらに送迎バスを乗り継いでたどり着くこの宿は、大自然の中に隠れるように位置。敷地内には泉質の異なる4つの源泉が引かれていますが、同じ敷地から効能・泉質ともに異なる温泉が湧いているのは全国的に珍しいものです。

日帰り入浴:可
日帰り入浴料:600円
日帰り入浴可能時間:10:00 am - 3:00 pm(月曜日は露天風呂入浴不可)

3. 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50

4. 国見温泉 石塚旅館

続いては、岩手県の最西端・秋田駒が岳の中腹にある「国見温泉 石塚旅館」をご紹介。標高860m、ブナ林などに抱かれるように佇む創業200年の宿です。雪深い土地柄、営業期間は5月中旬~11月初旬限定。源泉は緑色で、その珍しさと豊かな効能から全国の温泉ファンに愛されています。

日帰り入浴:可
日帰り入浴料:大人(中学生以上)500円(税込)、子ども(小学生以下)250円(税込)
日帰り入浴可能時間:10:00 am - 4:00 pm

4. 国見温泉 石塚旅館

岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉

5. 玉川温泉

「玉川温泉」は、1ヶ所から毎分9,000リットルという日本一の温泉湧出量と、pH1.2という日本一の強酸性源泉を誇る名湯。
この施設は一般的な旅館とは異なる「湯治宿」。療養・静養を目的とした人が多く滞在するので、全室禁煙・サービスの簡素化など様々なルールが設けられています。また、温泉周囲の空気中にも強酸性水蒸気が含まれるため、貴金属類・携帯電話・PCなどに影響が出る可能性も(持ち込みは自己責任で)。
雪深い土地のため、4月中旬~10月末はタクシーやバスを利用できますが、冬場は通行止めになるなどアクセスにも注意が必要。

日帰り入浴:不可

※画像は源泉湧出口・地熱のある岩場付近

5. 玉川温泉

秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢

大自然に守られるように佇む5つの名湯、ぜひ体感してくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!