close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

徳島・香川・愛媛・高知の4県から成る四国エリア。由緒正しい神社仏閣からユニークなグルメまで多彩な魅力があふれています。そこで今回は、四国でするべきこと30選をご紹介!

四国ってどこにあるの?

徳島、香川、愛媛、高知で構成される四国は、日本列島の南西に位置する島です。東京から四国まで、近いところでは飛行機で約1時間20分、大坂からは飛行機で約45分、新幹線などの電車で約1時間50分ほど。周りを海に囲まれた、豊かな自然にあふれているエリアです。

【徳島県】

四国の東部に位置する徳島は、世界三大潮流の鳴門の渦潮や祖谷渓、大歩危・小歩危などの観光スポットがあり、約400年の伝統がある阿波踊りなどの文化が体験できるエリアです。

大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)でラフティングを楽しむ

日本一の激流と名高い渓谷。2億年の時を刻む壮観なV字谷や、まるで大理石の彫刻のように美しい岩肌が絶景を織りなしており、国の天然記念物・名勝に指定されています。また世界有数のラフティングの名所としても有名。水しぶきを浴びつつゴムボートで激流を下るスリリングな体験が可能です。インストラクターも一緒なので、初心者でも気軽に楽しめますよ。

料金例
四国・吉野川ナイスラフティング(http://www.yoshinogawa-nicerafting.com/index.html) 
1日ツアー(高校生以上対象):8,500円〜(税込)
ファミリーラフティングツアー:高校生以上5,500円〜、4歳児~中学生5,000円〜(税込)
※料金は時期によって変動

大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)でラフティングを楽しむ

徳島県三好市山城町重実~上名

鳴門の渦潮を見る

世界三大潮流の一つに数えられるほど有名な渦潮です。鳴門市と淡路島を隔てる鳴門海峡に発生。潮の干満によって引き起こされ、最大潮流時速20km、最大直径20mにも及びます。雷のような轟音とともに流れるさまは壮観です。見頃の時間帯は満潮時と干潮時の前後約90分。「大鳴門橋遊歩道 渦の道」のガラス張りの床から眺めたり、「観潮船」でしぶきがかかるほど間近に迫ったりと、いろいろな見方で楽しめますよ。
料金例
うずしお観潮船(https://www.uzusio.com/)
わんだーなると:大人1,800円、小学生900円
アクアエディ:大人2,400円、小学生1,200円(要事前予約)

鳴門の渦潮を見る

徳島県鳴門市鳴門町

秘湯・大歩危祖谷温泉郷を訪れる

日本三大秘境の一つ「祖谷(いや)」に位置する秘湯。疲労回復効果が高いとされる泉質の温泉が湧き出し、ぬめりがあるやわらかな湯を堪能できます。特に「ホテル祖谷温泉」ではケーブルカーで谷底まで降りて、渓流沿いの露天風呂に入ることが可能。四季折々の渓谷美を見ながら、野趣あふれる入浴を楽しめますよ。また観光スポットとして有名なのが、シラクチカズラという植物で造られた吊り橋「かずら橋」。踏みしめるたびに大きく揺れ、非常にスリリングなひとときを過ごせます。

秘湯・大歩危祖谷温泉郷を訪れる

徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2

阿波おどりを見る

毎年8月12日から15日までの4日間催される、徳島を代表する夏祭り。400年以上の歴史を有する伝統的な踊り「阿波おどり」が街中のいたるところで披露されます。踊り子は約10万人、人出は約130万人を超え、期間中は徳島市中心街一帯が興奮のるつぼと化し、一体感に包まれます。また期間外でも一年を通して阿波おどりを楽しめるのが「阿波おどり会館」。演舞を鑑賞したり一緒に踊りに参加したりできますよ。

阿波おどりを見る

徳島県徳島市新町橋2-20

徳島ラーメンを食べる

徳島のご当地ラーメン。濃い口醤油の味付けを施した豚骨スープに、やわらかく仕上げた縮れの少ない短めの麺を絡ませるのが主流です。また、すき焼き風に甘辛く煮た豚のバラ肉や生卵をトッピングするのも特徴の一つ。全体的に濃い味付けのため、県内ではご飯と一緒に食べるのが一般的なんですよ。スープは他にも一般的な清湯をベースとしたものや、豚骨スープに薄口醤油で味付けしたものも存在。3種類のスープを食べ比べてみるのもおすすめです。

【香川県】

香川県は、瀬戸内海に面した四国の北東部に位置し、日本最小面積の県として知られています。 点在する瀬戸内海の島々への観光や、ご当地グルメの「讃岐うどん」が人気です。

小豆島エンジェルロードの絶景を撮影

瀬戸内海東部に位置する「小豆島」は夕陽や湯処、オリーブの栽培で有名な観光地です。中でもおすすめなのが「エンジェルロード」。干潮時にのみ、大小4つの島々をつなぐように海中から出現する砂の道です。大切な人と手をつないで渡ると幸せになると言われる、ロマンチックな道なんですよ。近くの小高い丘の上にある「約束の丘展望台」は、この砂の道を見渡せるビュースポット。写真撮影にぴったりです。

小豆島エンジェルロードの絶景を撮影

香川県小豆郡土庄町余島

栗林公園を散策する

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星に選ばれたスポット。国の特別名勝にも指定されている由緒ある庭園で、約16.2haの広大な敷地に6つの池と13の築山を擁しています。起伏に富んだ園内を歩いて見て回り、場所ごとに多彩な自然美を鑑賞できますよ。また英語、韓国語、中国語のボランティアガイドも実施。詳細は公式ホームページなどでチェックしてみてくださいね。

入園料:大人410円、小人(小学生・中学生)170円

栗林公園を散策する

香川県高松市栗林町1-20-16

NEWレオマワールドを楽しむ

中国・四国エリアで最大級のテーマパークです。隕石群の中を疾走するVRジェットコースターや、3Dプロジェクションマッピング、250万球もの光に彩られるイルミネーションなど、ワクワクするアトラクションやショーが目白押し。一日では遊び尽くせないほど魅力たっぷりのスポットです。

入園券:大人(中学生以上)1,600円(税込)、小人(3歳〜小学生)1,100円(税込)
※アトラクション利用料などは別途必要です

NEWレオマワールドを楽しむ

香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1

金刀比羅宮を散策する

古来、一生に一度は訪れたいスポットとして庶民の憧れだった神社。周辺のレトロな街並みとともに、香川を代表する観光地として知られています。本宮まで785段も続く長い石段の参道が有名。道中には由緒正しい社殿や、美術品を収めた建物が点在しています。本宮は1000年以上昔から改築・再営を繰り返してきた荘厳な建造物。まつられている神様は航海の安全や商売繁昌、病気平癒に御利益があるとされています。

金刀比羅宮を散策する

香川県仲多度郡琴平町892-1

ゆめタウン高松でお土産を買う

高松市にあるショッピングセンター。四国有数の規模を誇り、休日は買い物客でにぎわいます。さまざまなジャンルのファッションブランドショップや、思わず買いたくなってしまうような可愛い雑貨店などなどが数多く入っていてショッピングにぴったり。またレストランも多数あり、和食・洋食・中華と幅広い料理からチョイスできますよ。

ゆめタウン高松でお土産を買う

香川県高松市三条町608-1

日本ドルフィンセンターでイルカと遊ぶ

イルカと触れ合うことのできる観光施設。イルカにエサを与える「エサやり体験」や、ハンドサインを覚えてイルカと友達になれる「トレーナー体験」などを楽しめます。特に人気なのが「ドルフィンスイム」。海に入ってイルカと一緒に遊べるプログラムです。慣れればイルカの背びれにつかまって泳ぐことも可能。水に浮くウェットスーツもあるので泳げなくても大丈夫ですよ。

入場料:大人(中学生以上)500円、小人(4歳から小学生)400円、幼児(3歳以下)無料
※各プログラムの参加には別途料金が必要です。またプログラムによっては事前予約が必要なものや年齢制限のあるものもあります。詳細は公式ホームページなどでご確認ください

日本ドルフィンセンター

日本ドルフィンセンター

日本ドルフィンセンターでイルカと遊ぶ

香川県さぬき市津田町鶴羽1520-130

うどんを食べ歩く

香川の代名詞とも言えるのが、強いコシが特徴の「讃岐うどん」。県内各地に800軒ものうどん屋が存在しています。一口にうどんと言ってもその種類は多種多様。最もベーシックな「かけうどん」や肉を盛り付けた「肉うどん」、カレーをかけた「カレーうどん」などがあります。またサイドメニューがバラエティに富んでいるのも特徴の一つ。天ぷらやおでんなど、お好きな品と一緒に楽しんでくださいね。

【愛媛県】

愛媛県は、四国の北西に位置し、瀬戸内海に面したエリア。日本最古の温泉といわれる道後温泉や、しまなみ海道、名産のみかんが有名です。

松山城を訪れる

標高132mの勝山山頂から山麓にかけて築かれたお城。門・櫓(やぐら)・塀を多数備え、21棟もの建築物が重要文化財に指定されています。特に見所なのは山頂にある天守。歴史情緒あふれる威風堂々としたたたずまいで、国内に12か所しかない「現存12天守」の一つに数えられています。天守へはロープウェイやリフトで訪れることができますよ。

総合券(観覧券+ロープウェイ・リフト往復券):大人1,020円、小人(小学生)410円

松山城を訪れる

愛媛県松山市丸之内1

岩屋寺を参拝する

正式名称:海岸山 岩屋寺
815年創建と伝わる古刹。深い森の中に延びる急斜面の参道の先、標高700mに位置しています。古くからの修験道(日本仏教の一種)の修行場であり、さまざまな伝承の残る幻想的なスポット。境内では堂宇が巨岩の中腹に埋め込まれるようにたたずみ、神聖な雰囲気が立ち込めています。最大の見所は本堂南側に立つ「大師堂」。伝統的な寺院建築を基調としつつ、細部に西洋建築の要素を取り入れているのが特徴で、国の重要文化財に指定されています。

岩屋寺を参拝する

愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥1468

四国カルストを訪れる

愛媛県と高知県をまたいで広がる石灰岩の台地。東西約25km、標高1,000mから1,500mを誇り、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台に並ぶ日本三大カルストの一つとして知られています。地表にむき出しになった白い石灰岩の点在する独特な景観が広がっていて、ツーリングやドライブ、キャンプの人気スポット。特に台地ほぼ中央に位置する観光拠点「姫鶴平(めづるだいら)」には見渡す限りの牧草地が広がっていて、牛たちが放牧された牧歌的風景を楽しめます。

四国カルストを訪れる

愛媛県久万高原町西谷8109

道後温泉本館でくつろぐ

「道後温泉」は日本最古とも言われる温泉郷で、100軒を越える宿泊施設が存在しています。なかでも有名なのが、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星を獲得した「道後温泉本館」。100年以上の歴史を有する木造3階建ての温泉施設で、豪奢な二つの浴室を利用可能。湯浴み後は開放感ある大広間でくつろぐこともできますよ。

利用料金例(神の湯 二階席コース):大人840円(12歳以上)、小人420円(2~12歳)(利用時間1時間)

道後温泉本館でくつろぐ

愛媛県松山市道後湯之町5-6

今治(いまばり)タオルを買う

全国有数のタオル産地・今治のブランドタオルです。地元の良質な軟水を用いることで綿本来のやわらかさや、繊細で柔和な風合いと鮮やかな色が引き出されます。また使い心地の良さも今治タオルの魅力。汗や水分を素早く吸収するため、お風呂上りに体を拭いてもべとつきません。近年はファッションやインテリアとしても使えるタオルアイテムが誕生していて、お土産にもぴったりですよ。

今治(いまばり)タオルを買う

宇和島闘牛を見る

宇和島市では年に5回、宇和島市営闘牛場で闘牛大会を開催。直径20mの土俵上で1t超の巨大な牛と牛が激突し、手に汗握る熱戦が繰り広げられます。荒々しい息づかいや、互いの角のぶつかり合う音は迫力満点ですよ。

入場料(当日券):大人3,000円、中学生以下無料
開催日:1月2日、4月第1日曜日、7月24日、8月14日、10月第4日曜日
※開催日は変更の可能性があります

宇和島闘牛を見る

愛媛県宇和島市和霊町字一本松496-2

しまなみ海道をサイクリング

本州・広島県の尾道と愛媛県の今治とをつなぐ西瀬戸自動車道の愛称。瀬戸内海に浮かぶ島々を結ぶように架橋された全長約60kmのルートで、島の自然美と橋の人工美とが調和した雄大な景色が広がっています。歩行者・自転車専用道路を併設していることでも有名。CNNの「世界で最もすばらしい7大サイクリングコース」の一つに選ばれた絶好のサイクリングロードとして人気です。潮風を肌に感じつつ走る爽快なサイクリングが楽しめますよ。

しまなみ海道をサイクリング

広島県尾道市〜愛媛県今治市

絶品鯛飯に舌鼓を打つ

長い海岸線を持つ愛媛県は、海産物に恵まれた土地柄。特に真鯛の養殖量では日本一を誇っています。そんな愛媛の郷土料理として有名なのが、鯛を使った炊き込みご飯「鯛飯」。地域によって作り方が違い、東予・中予地方では鯛を豪快に丸ごと釜で炊き上げるのが主流。ご飯の上にのせられた鯛からは香ばしい匂いがして、食欲がそそられます。これに対して南予地方では刺身を使用。温かいご飯と一緒に新鮮な鯛の味を楽しめますよ。

柑橘類を味わう!

愛媛県は、柑橘類の生産量で日本一。国内でポピュラーな「温州(うんしゅう)みかん」をはじめ、凸形をした見た目が特徴の「不知火(デコポン)」や、爽やかな甘さと香りが魅力の「いよかん」など、多彩な品種が育てられています。ゼリーのような食感が楽しめる「紅まどんな」といった愛媛オリジナルの品種も存在しているんですよ。また県内では柑橘類を使用したスイーツやジュースも多数販売されていて、食べ歩きも楽しめます。

みかん畑

デコポン

【高知県】

四国の南部に位置する高知県は、四万十川をはじめとした清流が多く流れていることで知られています。 桂浜、室戸岬、足摺岬などの大自然を満喫したい方におすすめ。

桂浜を訪れる

浦戸半島先端付近に位置する弓状の海岸で、高知県を代表する景勝地の一つ。古来、月の名所として知られ、地元の民謡にも歌われています。赤、緑、白、黒、灰色の五色の砂利でも有名。背後に茂る松の緑、太平洋の紺碧とともに、波にぬれてキラキラと光る砂浜が美しい景色を織りなしています。周辺にはレトロな雰囲気の桂浜水族館や日本一の高さを誇る銅像「坂本龍馬像」などもありますよ。

桂浜を訪れる

高知県高知市浦戸9

高知城を散策

高知市に位置する城郭跡。本丸(城の最も主要なエリア)の建物がほぼすべて現存する国内唯一の城として知られています。「追手門」をはじめ15棟の建造物が国指定重要文化財で、特に高さ18.5mの天守が見所。1603年に築かれ、一度焼失後1749年に再建された建造物であり、当時の息吹を感じることができますよ。天守に入場して最上階まで登ることも可能で、高知の景色を一望できます。

料金:大人420円、18歳未満無料

高知城を散策

高知県高知市丸ノ内1-2-1

龍河洞を探検する

1億7500万年の歳月をかけて形成された石灰岩の鍾乳洞。石筍や石柱が洞窟内随所で神秘的な景観を呈しており、国の天然記念物及び史跡に指定されています。「一般観光コース」では洞窟内の1kmを観光可能。また「冒険コース(要予約)」に参加すれば、ヘッドランプをつけて約200mの真っ暗な洞窟内を探索する貴重な経験ができますよ。

利用料金:大人(高校生以上)1,100円(税込)、中学生700円(税込)、小学生550円(税込)
※冒険コースは追加料金1,000円が必要です

龍河洞を探検する

高知県香美市土佐山田町逆川1424

にこ淵で仁淀ブルーを楽しむ

国内No.1の水質を誇る清流「仁淀川」。透明度抜群の水面は「仁淀ブルー」と称され、独特の青さをたたえています。この幻想的な色彩を堪能したい人におすすめなのが「にこ淵」。古くから地元の人たちに神聖視されてきた美しい滝壺です。光の加減によって青や緑に刻々と表情を変える神秘的な光景が広がっていますよ。特に淵全体が日差しに彩られる正午前後がおすすめです。

※現在は落石の影響で滝壺までは降りられません(2018年8月頃までには復旧予定ですが事前にご確認ください)

にこ淵で仁淀ブルーを楽しむ

高知県吾川郡いの町清水上分

日曜市を散策

高知市で毎週日曜日に開かれる街路市。約1.3kmにわたって約420の店が並びます。売られているのは野菜や果物、手作りのお菓子、おもちゃ、土佐刃物などの地元ならではの品々。地元民だけでなく観光客にも人気で、1日約1万7,000人もの買い物客でにぎわいます。揚げたての芋の天ぷらのお店などもあり、食べ歩きにもおすすめ。

※年末年始とよさこい祭り期間は催されないのでご注意ください

日曜市を散策

高知県高知市追手筋

よさこい祭りを見る

「鳴子」と呼ばれる打楽器を両手に持って踊る「よさこい踊り」のお祭りで、高知の夏の風物詩。期間中は高知市内各所で約200チーム、約1万8,000人が乱舞しながら街中を練り歩き、競演場や演舞場でパフォーマンスを披露。鳴子を持って前進するという基本ルールを守れば踊り方や衣装は自由なため、どのチームも工夫を凝らした踊りを見せてくれますよ。華やかに装飾されたトラック「地方車(じがたしゃ)」も見所です。

2018年の開催期間:8月9日(木)〜8月12日(日)

よさこい祭りを見る

高知県高知市本町1-6-24

四万十川でカヌー・カヤック・川下りをする

水量豊かな清流として名高い全長196kmの「四万十川」。四国随一のこの大河ではカヌーやカヤック、ラフティング、SUP(スタンドアップパドルボート)、シュノーケリングなどさまざまなアクティビティが体験可能です。なかでもおすすめなのが「屋形船」という遊覧船による川下り。山々の新緑や川面の清冽な青さをのんびり眺めつつ、四万十川の自然を満喫できますよ。

屋形船乗船料例(四万十川屋形船なっとく):大人(中学生以上)2,000円(税込)、小人(小学生)1,000円(税込)
※幼児無料

四万十川でカヌー・カヤック・川下りをする

高知県四万十市田出ノ川846-1

ひろめ市場で藁焼きのカツオのたたきを食べる

高知市中心街に位置する観光施設。飲食店をはじめ60以上の店舗が軒を連ねています。購入した飲食物は、テーブルとイスがある市場内の広場や通りで自由に食事可能。ビールや地酒を片手に高知特産の食材に舌鼓を打つことができます。おすすめのお店は「明神丸」。火をつけた藁の束で表面を焼いたカツオ料理「藁焼きたたき」が有名です。藁の香り漂う焼きたてのカツオは絶品ですよ。

ひろめ市場で藁焼きのカツオのたたきを食べる

高知県高知市帯屋町2-3-1

四万十ウナギを食べる

四万十川は非常にきれいな水質のため数多くの淡水魚が生息し、周辺地域にはアユや川エビ、すっぽんなどの川の幸が目白押し。なかでもぜひ味わいたいのが、国内でも非常に貴重な天然ウナギ。脂がのって身が厚い養殖物と比べて、身が締まりあっさりした味が特徴です。県内にはウナギを食べられるお店がいくつもあり、ウナギをひらいて串に刺し、タレをつけながら焼いた「蒲焼き」などの料理を堪能できますよ。

いかがだったでしょうか。四国を巡る際にはぜひこの記事を参考にしてプランを立ててみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!