close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

浮世絵師・葛飾北斎とは?世界が認める天才の生涯や作品などを徹底紹介

世界が認める天才浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい)。その卓越した描写力は国の内外を問わず、後世の芸術家に多大な影響を与えました。2020年は、北斎生誕260年に当たり、改めて北斎への注目が高まっています。そこで今回は北斎の魅力に迫ります。

浮世絵が生まれた江戸時代ってどんな時代?

江戸時代(1603年~1867年)は、1603年に徳川家康が征夷大将軍(武家政権の首長)に任命され、江戸(現在の東京)に「幕府」と呼ばれる政権を確立してから、1867年に15代将軍慶喜(よしのぶ)が朝廷(天皇を中心として政治を行う機関)に政権を返上するまでの265年間を指します。 この時代は、幕府による強力な支配体制の下、約260年にわたりほとんど戦争のない平和な時代が続きました。社会は安定し、陸路・海路の交通網も整備され、経済が発展しました。人々の生活にもゆとりが生まれ、歌舞伎や相撲(すもう)といった娯楽も登場し、江戸時代の都市に住む職人や裕福な商人たちを担い手とする大衆文化「町人文化」が栄えました。

歌川広重「東海道五十三次」に描かれた江戸時代の日本橋の様子

浮世絵って?

浮世絵は、江戸時代の幕開けとともに誕生した絵画技法の一つです。浮世絵には、浮世絵師が自らの筆で直接絵絹(絵画用に織られた絹)や紙に描いた「肉筆画」と、浮世絵師が描いた原画を元に版画を作り和紙に摺(す)った「木版画」の2種類があります。木版画は、下絵を描く「絵師」、版を彫る「彫師(ほりし)」、紙に摺る「摺師(すりし)」の三者がそれぞれ専門職として作業する分業制により制作されました。

浮世絵には、歌舞伎の人気役者や上演場面を描いた役者絵・茶屋の看板娘などをモデルとした美人画・日本各地の名所を描いた名所絵・花や鳥、魚などの動植物を描いた花鳥画・春画(性風俗を描いたもの)などといった種類があり、人々の日常生活や風景、流行、役者など、あらゆるものが浮世絵のテーマとして取り上げられました。
大量生産が可能な木版の浮世絵は、安価で入手できたので庶民の娯楽として人気を集め、発展していきました。


「相撲絵」も人気ジャンルの一つ

葛飾北斎ってどんな人?

葛飾北斎(1760年~1849年)は、現在の東京都墨田区で生まれ、その生涯のほとんどを墨田区周辺で過ごしました。19歳で画業を志し90歳で亡くなるまで、生涯を通して3万点以上の作品を残したといわれています。
北斎は、絵画に対する探究心が大変強く、浮世絵だけでなく、日本画の二大流派の狩野派・土佐派の技法や、西洋画法なども学びました。その経験が北斎の多彩な作風を生んだといわれています。

多くの弟子を抱え、人気絵師としての不動の地位を確立しながらも、北斎の制作意欲は衰えることなく、晩年になっても更なる高みを目指しました。その臨終に際しても、「あと5年生きることができたなら、本物の絵描きになれたのに…」と言ったといわれています。

森羅万象(宇宙に存在するあらゆるもの)を描き尽くした北斎ですが、生涯に93回も転居を繰り返したり、30回も雅号(画家や文筆家が使うペンネーム)を変更したりするなど、かなりの変わり者としても知られています。


北斎による肉筆画「肉筆画帖 鷹」

北斎の作品にはどんなものがあるの?

北斎は、さまざまなテーマの浮世絵を描いており、読本の挿絵なども含めるとその作品数は3万点以上!
代表的な作品としては、富士山をさまざまな地域・角度から描いた「富嶽(ふがく)三十六景」や、全国の有名な滝を描いた「諸国滝廻り」、絵手本として発行したスケッチ画集「北斎漫画」などがあります。
北斎漫画の生き生きとした人物描写は、フランスの印象派の画家たちにも影響を与えました。印象派の作品を見ていると、北斎漫画に登場するポーズがたくさん見つかりますよ。

北斎の作品はどこで見ることができる?

北斎の作品を所蔵している美術館は世界に多々ありますが、日本でまとまった北斎のコレクションを見るのなら、北斎の誕生の地・墨田区にある「すみだ北斎美術館」を訪れることをお勧めします。
すみだ北斎美術館は、葛飾北斎とその門人の作品を収集・展示する美術館。美術館の設計を手掛けたのは、世界的な評価も高い建築家・妹島和世(せじまかずよ)です。
美術館は、常設展と企画展の二つの展示室からなり、常設展では、作品のレプリカや、映像資料などをふんだんに活用し、「すみだ」と北斎の関わりや、北斎の画業と生涯について体感できる展示構成となっています。
浮世絵作品を細部まで拡大して見られる高精細モニターや、「北斎漫画」などの作品が楽しめるタッチパネルモニター、「北斎のアトリエ」の再現模型など見どころ満載で、楽しみながら北斎やその作品について学ぶことができますよ!

北斎の作品はどこで見ることができる?

東京都墨田区亀沢2-7-2

真の画家を目指して最期まで努力を怠らなかった北斎の作品は今なお世界中の人々を魅了し続けています。みなさんもぜひ北斎の作品に触れ、作品にみなぎるパワーを感じてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!