close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

和食に不可欠な食材「昆布」の魅力徹底解剖!料理のだしやお茶、おやつに!

和食の基本・だしに使われる昆布。だしだけでなく、おかずにも、おやつにもなる旨味たっぷりの昆布は日本人の食生活に欠かせません。そこで今回は、昆布の基礎知識と、だしの取り方やレシピをご紹介!ぜひおうちで作ってみてくださいね。

昆布とは

昆布とは海藻の一つ。特に日本では、和食に使われる「昆布だし」の材料として知られ、乾燥した状態で販売されていることが多いです。昆布の主要な産地は北海道で、なんと全体の約90%。しかも北海道のどの地域で取れるかによって、昆布の種類も見た目も味も異なります。ここではスーパーで購入しやすい4つの昆布を紹介しましょう。

・真昆布
上品な甘みがあって、澄んだだしが取れる。鍋に向いている。
・利尻昆布
甘みもあるが、真昆布より塩味がある。香りと透明なだしが出て、京都の料亭でよく使われている。
・羅臼昆布
黄色味をおびた、香りがよく濃厚なだしが出る。昆布茶、おやつ、佃煮にもされる。
・日高昆布
味も良く、やわらかくなりやすいので、だしだけでなく煮物の具材にも向いている。

この他にもLIFEなど日本の大手スーパーで購入しやすいものは、細切りにしてあってサラダや炒め物に使える「切り昆布」、お椀に入れてしょうゆ少々とお湯を注げば即席スープになる、ライターも大好きな「とろろ昆布」、ごはんに混ぜておにぎりにしたり、パスタに入れたりと使い勝手のいい「塩昆布」などがあります。


昆布漁のあとの天日干し

昆布を使っただしの取り方

昆布には旨味成分であるグルタミン酸がたっぷり!そのため、和食に欠かせない「だし」に使われます。ちなみに鰹節にも旨味成分のイノシン酸が含まれているので、昆布と鰹節を組み合わせると旨味も倍増。ぜひ自宅で本格だしを取ってみてくださいね。取っただしは冷蔵庫で3日から5日保存できますし、ライターは製氷皿を使って冷凍保存しています。ちなみに乾燥昆布の表面の白い粉はマンニットという旨味成分なので、ごしごし水洗いせず、固く絞ったふきんなどでさっと拭いてから使いましょう。

・昆布だし
[材料]
だし昆布:10g~20g程度、水:1L
[作り方]
1. 鍋に入れた水の中に昆布を30分ほど浸ける。
2. 中火にかける。
3. 沸騰直前で昆布を取り出せば完成。※沸騰させると海藻臭さが出てしまう。
豆腐を入れて湯豆腐

・昆布と鰹節のだし
[材料]
だし昆布:10g~20g程度、鰹節:15g~30g、水:1L
[作り方]
1. 昆布だしの作り方1~3の通りに昆布だしを作る。
2. 昆布だしに鰹節を加え、沸騰したらすぐ火を止める。
3. あくをとり、30秒置く。
4. キッチンペーパーやふきんなどでこす。

【昆布だしを使ったおすすめレシピ】
・湯豆腐(昆布だし)
鍋に豆腐とだしを入れ、煮立てないように温めてから豆腐を取り出し、しょうゆ、すりおろしたしょうが、刻んだねぎなどをかける。
・きのこのすまし汁(鰹節と昆布のだし)
だしにお好みのきのこの薄切りを入れ、薄口しょうゆ小さじ1、酒大さじ1、塩少々を加える。弱火で煮てきのこに火が通ったら完成。

写真は湯豆腐

お土産にぴったりな昆布を使った食品はコレ

ファミリーマートや100円ローソンなどのコンビニや、LIFEなどのスーパーでは、昆布を使った食品をたくさん見つけることができます。その中でも特にお土産にぴったりなものをご紹介!
・酢昆布
発売から80年以上たつ、歴史あるおやつ。すっぱさがやみつきになります。
・昆布茶
昆布を粉末状にしたもので、お湯を注いで飲みます。お茶というよりスープのような味わいです。ライターは乾燥梅肉を加えた梅昆布茶もさっぱりして好きです。
・昆布を使ったふりかけ
旨味たっぷりの昆布はごはんのお供にぴったり。ごはんにかけるだけなので手軽に和食気分を味わえます。
・昆布飴
味は昆布そのもの、食感はグミという不思議な食べ物。昆布に甘みを付けたもので、噛めば噛むほど昆布の旨味が出てきます。

酢昆布


昆布飴

昆布を使ったおすすめレシピご紹介

昆布の佃煮(つくだに)

だしを取った昆布を冷凍しておいて、ある程度たまってから使うと経済的!
[材料]
だしを取ったあとの昆布:200g
煮汁
濃口しょうゆ:100ml、日本酒または白ワイン:小さじ6、砂糖:小さじ4
[作り方]
1. 鍋に3cm四方に切った昆布、煮汁を入れ、混ぜてから火にかける。
2. 煮汁が沸騰したら火を弱め、ぐつぐついうくらいの中火から弱火で煮る。20~30分くらい、混ぜながら水分を飛ばしたら完成。

昆布と野菜のピクルス

一般的なピクルスの作り方に昆布を入れるだけ!旨味が増します。
[材料]
キュウリ、セロリ、ニンジン、パプリカ等お好みの野菜
ピクルス液
A
白ワインビネガー:1/2カップ、水:1/2カップ、白ワイン:1/4カップ、塩:小さじ1
B
ハチミツ(または砂糖):大さじ3、昆布:4cm角、赤唐辛子:1本、ローリエ:1枚、黒こしょう:5粒
[作り方]
1. 野菜を好みの大きさに切る。
2. Aをひと煮立ちさせて、冷ましてからBを入れる。
3. 鍋に水と塩一つまみ(分量外)を入れ、沸騰したらニンジンから野菜をさっとゆでる。
4. 野菜が熱いうちにピクルス液に漬ける。

昆布はだしにも料理にも大活躍!ぜひお土産に買ってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!