close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

日本の人気グルメ「お好み焼き」完全ガイド -食べ方からおすすめ店まで-

日本の食文化を代表する「お好み焼き」。一口に「お好み焼き」と言っても、焼き方や使う具材は様々で「ご当地お好み焼き」が存在する地域もあります。今回はお好み焼きの歴史・由来や美味しいお店、作り方・食べ方のポイント、全国のご当地情報など、お好み焼きに関する情報を丸っとご紹介します!

お好み焼きとは

「お好み焼き」とは、小麦粉を水で溶いたものに野菜や肉などの具材を混ぜて鉄板で焼いた日本を代表する料理の一つです。具のベースとなる千切りキャベツに加え、豚肉や魚介類、お餅やチーズなど様々な具材を使ったお好み焼きがあります。日本では家庭でも食べることがありますが、お好み焼き専門店へ行くと、鉄板のはめ込まれたテーブルがあり、自分たちで生地と具材を混ぜてから焼いて食べるのが一般的です。焼きあがったら、お好みでソースやマヨネーズ、鰹節、青海苔をトッピングするのがおすすめです!

お好み焼きの由来と歴史

小麦粉を水で溶いて焼く調理方法は、安土桃山時代(1568年頃~1600年頃)の茶菓子「麩(ふ)の焼き」が起源と言われています。「麩の焼き」は小麦粉の生地で味噌を包んだお菓子で、江戸時代(1603年〜1868年)の末期には味噌の代わりに餡(あずきを煮てつぶし、砂糖などを加えたもの)を包んだ「助惣焼」へと変化しました。明治時代(1868年〜1912年)には餡の代わりに野菜を入れた「もんじゃ焼き」や「どんどん焼き」が生まれ、駄菓子屋ではネギやソースをトッピングした「一銭洋食」が子どもたちの間で流行。戦後、「一銭洋食」にキャベツを入れて空腹をしのいだことから、「お好み焼き」が出来上がったとされ、日本全国に広がりました。

【お好み焼きの種類】

一口に「お好み焼き」と言っても、焼き方や具材によって様々な種類があります。具材のベースはキャベツですが、キャベツ以外に入れる具材によって「○○玉(豚肉を入れた場合は「ブタ玉」、イカを入れた場合は「イカ玉」など)」と呼ばれるほど種類が豊富です。また焼き方によっても「関西風」と「広島風」などに分類されます。

広島風お好み焼きの特徴

「広島風お好み焼き」は、円形に薄く伸ばして焼いた生地の上に魚粉やキャベツ、豚肉などの具材をのせた後、ひっくり返して生地で具材を蒸し焼きにします。蒸し焼きにしている間に横で中華麺を炒め、生地を上にしたまま具材と一緒に炒めた中華麺の上にのせます。さらに、空いたスペースで卵を割って円形に伸ばした後、生地・具材・麺の順番のまま卵の上にのせ、上下をひっくり返してソースなどをかけたら完成。ミルフィーユのように焼きながら重ねていくのが特徴的です。

関西風お好み焼きの特徴

重ね焼きが基本スタイルの「広島風お好み焼き」に対して、「関西風お好み焼き」は生地にキャベツや天かす、卵などの具材を全て混ぜ込んでから焼いていきます。豚肉がある場合は、他の具材を混ぜこんだ生地を円形に広げた上に豚肉を置き、ある程度火が通ったらひっくり返します。関西風のお好み焼きはやわらかい食感が特徴的で、よりやわらかさを出すため山芋を生地に練り込むこともあります。

初めての人におすすめ!人気のお好み焼き

定番から変わり種まで、様々な具材を使ったお好み焼きがありますが、初めての人には豚肉を入れた「ブタ玉」やイカを入れた「イカ玉」など、定番の人気メニューがおすすめ!具材の種類が多くて選べない方には、数種類の具材を一緒に楽しめる「ミックス玉」もおすすめです。

【お好み焼きはどこで食べられる?人気のお店をご紹介】

お好み焼きを食べたい方は、お好み焼き専門店へ足を運ぶのがおすすめです。居酒屋やレストランでは取り扱っていない場合が多く、まれにメニューに載っていても1種類しかなかったり、調理された状態で提供されるため、お好み焼き本来の楽しさを体感できないことが多いです。お好み焼き専門店に行けば種類も豊富で、目の前で店員さんが焼いてくれたり、お店によっては実際に自分たちで焼くこともできます。焼きあがった後も、ソースやマヨネーズ、青海苔や鰹節などお好みの味付けを楽しめます!

広島お好み焼き人気のお店「お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店」

1950年創業、屋台からスタートした広島の人気店「お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店」。小麦粉にキャベツや中華麺を入れて、濃厚なソースをかけて食べる広島風お好み焼き誕生の中心人物である井畝満夫(いせ みつお)氏が、半世紀にわたり作り続けているお好み焼きはまさに絶品。日本全国で一般的に使われているお好み焼き専用ソースも「みっちゃん」が発祥。定番の「そば肉玉子(790円(税抜))」や、イカやえび、お餅が入った「DXスペシャル(1,550円(税抜))」、広島名物の牡蠣が入った「カキ入りそば肉玉子(1,440円(税抜))」がおすすめです!

広島お好み焼き人気のお店「お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店」

広島県広島市中区八丁堀6-7 チュリス八丁堀1F

大阪でお好み焼き食べ放題のお店「ぼて茶屋 道頓堀店」

なんば駅から徒歩5分、観光地・道頓堀の中心地にある「ぼて茶屋 道頓堀店」。大阪グルメが多数出店する「くいだおれビル」の3階にあり、お好み焼き・もんじゃ焼き・焼きそばの3種類が食べ放題!お好み焼きのベースとなるキャベツや天かす、山芋などおかわり自由な基本セットに、チーズや明太子など6種類の具材プレート付きでお一人様なんと1,980円(税抜)。ソフトドリンク飲み放題(90分)付きで2,480円(税抜)のコースもあります。さらに、プラス300円(税抜)で大阪名物のたこ焼きや串カツなど11品も食べ放題!

大阪でお好み焼き食べ放題のお店「ぼて茶屋 道頓堀店」

大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル3F

東京でお好み焼き食べ放題ができる店「もじ焼や」

神田駅東口から徒歩すぐの好立地にあるお好み焼き食べ放題のお店「もじ焼や」。厳選した食材を産地直送で取り寄せ、専属栄養士が監修したヘルシーなお好み焼きを堪能できる人気店。食べ放題はお一人様2,580円(税抜)から。オリジナルソースで食べる定番から手作りラー油で仕上げた変わり種まで、多様な味を楽しめます!カウンター席やテーブル席、半個室席があり、目の前の鉄板でお好み焼きを焼いてくれますが、自分で作ってみたい方向けのお試しプランもあるので、興味のある方はスタッフにお声がけください。

東京でお好み焼き食べ放題ができる店「もじ焼や」

東京都千代田区鍛冶町2-13-25 JR神田ガード下店舗

京都の人気お好み焼き店「お好み焼あらた 四条堀川店」

京都に行ったら必ず立ち寄りたい人気店「お好み焼あらた 四条堀川店」。京町家の雰囲気が漂う店内には、臨場感を満喫できるカウンター席や、奥庭を眺めながらくつろげる個室の座敷席があり、京都らしいゆったりとしたひと時を過ごせます。お好み焼きは全てイカ入り!具材によって絶妙な焼き加減に仕上げてくれます。「ミックス玉(1,190円(税抜))」や「カレーお好み焼(890円(税抜))」など種類も豊富!牛アゴ肉が入った「名物!あらたお好み(1,280円(税抜))」もおすすめです。

京都の人気お好み焼き店「お好み焼あらた 四条堀川店」

京都府京都市下京区四条通堀川東入柏屋町7

【これも食べたい!ご当地お好み焼き】

「関西風お好み焼き」や「広島風お好み焼き」をご紹介しましたが、この2つ以外にも日本には数々のご当地お好み焼きが存在します!定番の関西風・広島風を楽しんだ後は、他の地域にあるご当地お好み焼きにも挑戦してみるのはいかがでしょうか?

カキオコ(岡山)

「カキオコ」は、牡蠣をふんだんに使ったお好み焼きで、日本有数の牡蠣の産地である岡山県備前市日生(ひなせ)町の郷土料理です。もともとは牡蠣をとる漁師さんたちが、出荷できない小さい牡蠣をお好み焼きに入れて食べていた漁師飯でしたが、次第に町全体に広がり、人口約7,000人の小さな町に「カキオコ」を食べられるお店がなんと20店舗以上もあります。新鮮な牡蠣だけを使うので、多くのお店で10月下旬から3月頃の限定メニューです。

府中焼き(広島)

「府中焼き」は、広島県府中市で誕生したお好み焼きです。豚バラ肉を使う「広島風お好み焼き」に対して、「府中焼き」は牛や豚のひき肉を入れるのが1番の特徴。広島風お好み焼きの定番・もやしを使わないので全体的に水分が少なく、ひき肉から出る油で中華麺が揚げ焼きになり、カリカリ・サクサクとした食感を楽しめます。府中焼きを食べられるお店は、府中市内に約40軒。広島風お好み焼きとは一味違うご当地グルメとして地元の人に愛されています。

どんどん焼き(山形)

「どんどん焼き」は山形県のソウルフードで、魚肉ソーセージや海苔、紅生姜などが入った小麦粉の生地を割り箸に巻いたお好み焼きです。昔、太鼓を「どんどん」と鳴らしながら屋台で売り歩いていたことから、「どんどん焼き」と呼ばれています。「どんどん焼き」ができた当初は、経木(スギ・ヒノキ等の材木を紙のように薄く削ったもの)にのせて販売していましたが、子どもたちが熱くて持てなかったため割り箸に巻くようになりました。ソースやマヨネーズをかけて食べるので味や香りはお好み焼きですが、片手で食べられる手軽さから山形県のお祭りでは定番の屋台メニューとして人気があります。

とんぺい焼き(大阪)

「とんぺい焼き」は、豚バラと野菜を小麦粉の生地と一緒に炒めた後、ふわふわの卵で包み込んだオムレツ風お好み焼きです。大阪をはじめ関西地方のお好み焼き専門店や居酒屋では定番の人気メニューで、お好み焼き同様にソースやマヨネーズ、鰹節をトッピングして食べるのが一般的。大阪市北区にある「名物元祖とん平焼 本とん平」が発祥のお店。戦時中にロシア兵が食べていたものを参考に作ったのが始まりで、豚肉を平らに焼くことから「とんぺい焼き」と呼ばれるようになりました。

ヒラヤーチー(沖縄)

「ヒラヤーチー」は、小麦粉の生地にニラなどの具材を入れて焼いた沖縄のお好み焼き。おやつや小腹が空いた時に食べる家庭料理として親しまれています。「ヒラヤーチー」は沖縄の方言で「平焼き」を意味し、スタンダードなお好み焼きと比べると厚みがなく、韓国料理のチヂミに似ています。味付けはお好み焼き同様にソースやマヨネーズも使いますが、ポン酢や醤油、酢を混ぜたさっぱりとしたたれで食べるのもおすすめ!沖縄の居酒屋で食べることができます!

お好み焼きのおいしい作り方

お好み焼き専門店へ行くとお店の方が丁寧に焼いてくれることもありますが、せっかくお好み焼きを食べに行くなら作るところからやってみませんか?お好み焼きのレシピや焼き方のコツをご紹介します!

作り方(簡単なレシピ)

◆材料(2人分)
豚バラ肉 100g
キャベツ 4枚(300g)
A. 小麦粉 2/3カップ
  塩少々
卵 1個
だし汁(または水) 1/4カップ~
※A.の材料は事前に混ぜておく
紅生姜(お好みで)
油 大さじ1
ソース 適量
鰹節、青のり、マヨネーズはお好みでトッピング

◆作り方
1. キャベツはみじん切り、豚肉は大きいものは切る。
2. キャベツとA.を順に加え、さっくりと混ぜ合わせる。
3. フライパンにサラダ油を中火で熱し、1.の豚肉を炒め、火が半分通ったら2.を全量流し入れ、平らにする。
4. 中火でふたをして3分焼き、返してふたをして弱火にし、3分焼く。
5. 4.を切り分けて、ソースをかける。

【お店で注文して自分で焼く場合】

お好み焼きを注文すると、生地や生卵、具材が全て入った器がテーブルに運ばれてきます。関西風の場合は豚肉だけ取り出し、器の底からすくい上げるように空気を含みながら生地と残りの具材を素早く混ぜていきます。油を引いた鉄板に生地を円形に流し込み厚みを整え、その上に豚肉をのせ、3分から5分待ったあとひっくり返して両面をしっかり焼いていきます。
広島風の場合は具材を混ぜずに、生地→粉かつお→キャベツ→もやし→ネギ→イカ天や豚肉の順に重ね、生地に火が通ったらヘラを使ってひっくり返します。ひっくり返した横で中華麺を炒め、麺に火が通ったらその上にお好み焼きをのせます。さらにその横で卵を割って円形に伸ばし、上にお好み焼きをのせ、上下をひっくり返します。

お好み焼き定番の具・トッピング

お好み焼きの具で絶対に欠かせないのは大量の千切りキャベツ。お店で頼むときはどのお好み焼きにもキャベツは基本セットとして含まれています。キャベツ以外に追加の具材として定番なのは、豚肉やイカ、エビです。最近では、チーズやもち、キムチなども定番になり始めています。トッピングといえば、ソースやマヨネーズ、青海苔、鰹節。各テーブルの鉄板横に基本のトッピングは設置されています。

焼き方のコツ

お好み焼きをおいしく作るために1番気をつけたいのが焼き方です。お好み焼きをひっくり返すときはためらわずに一気にひっくり返すのがコツ。関西風お好み焼きの場合、形が崩れたら軽く整える程度で生地を押さえつけないのがポイント。押さえつけてしまうと空気が抜けてふわふわとした食感がなくなってしまいます。広島風お好み焼きは逆で、ひっくり返したあとへらで全体的に押さえるのがポイント。蒸し焼きにするので、押さえることで具材の余計な水分を逃し、カリッとした仕上がりになります。

さらにお好み焼きがグレードアップ!美味しくなる?おすすめの具・食べ方

ここまでお好み焼きの定番をご紹介してきましたが、最後にお好み焼きをさらに楽しめるおすすめの具・食べ方をご紹介します!

<サクサク食感編>
「ベビースターラーメン」や「ポテトチップス」、「せんべい」を細かく砕いて生地に混ぜ込むと、キャベツとは異なるサクサク食感が楽しめます!

<やわらか食感編>
定番になりつつある「もち」に加え、「ちくわ」や「こんにゃく」を入れると、生地のふんわり食感の中に、少し歯ごたえのあるやわらかさが加わります!

<ふんわり食感編>
「はんぺん」や「じゃがいも」、「レンコン」をすりおろして生地に混ぜると「山芋」と同じように生地自体がふんわりとした食感になります!

<野菜編>
「トマト」や「ゴーヤ」、「しそ」など、風味のある野菜を入れることで、定番のお好み焼きと一味違う味が楽しめます!

<その他>
定番具材に並ぶ人気を誇る「チーズ」を入れると、少し洋風でまろやかな味に変化します!

お好み焼きの歴史・由来、関西風や広島風をはじめとするご当地メニュー、人気の定番具材から変わり種まで、お好み焼きをより楽しむための情報を一挙にご紹介しました!ぜひこの機会にお好み焼き屋さんへ足を運んでみるのはいかがでしょうか?

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!