close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【歴史ロマン】日本の古いお墓「古墳」とは?種類、形、可愛い埴輪まで

日本の古いお墓、「古墳」をご存じでしょうか?3世紀半ばから7世紀までに作られたお墓で、歴代の天皇や皇族、豪族や祭祀が葬られています。この頃の日本は現在のような統一国家ではなく各地域にそれぞれ豪族がいたと考えられていますが、詳しいことは分かっていません。この分からないことが多い点に、歴史ロマンをかきたてられます。

古墳の種類と形

古墳は大きく分けて、陵墓(りょうぼ)とそれ以外に分けられます。陵墓は歴代の天皇・皇后・皇太后(天皇の母)・太皇太后(天皇の祖母)のお墓です。天皇家など皇室のマネジメントを行う宮内庁が治定した陵墓は、驚くことに899にも及びます。

形もバラエティ豊かで、大まかには4種類。拝む側が四角で奥が円形の前方後円墳、拝む側も奥も四角の前方後方墳、四角の方墳、丸い形の円墳があります。これらを組み合わせ細かく分けると12種類に分類されています。いずれもとても大きいので、高いところからでないと全貌を見ることができません。

日本最大の古墳!大阪府堺市の大仙陵古墳(仁徳天皇陵)

日本最大の古墳は、5世紀に築造された大阪府堺市にある大仙陵古墳です。第16代天皇の仁徳天皇が葬られていると伝えられており、仁徳天皇陵とも呼ばれています。全長約486m、外周は2,850mもあります。歩いて一周するなら1時間は必要です。

仁徳天皇は日本初の歴史書『日本書紀』によると、とても名君だったそうです。民衆と共に生き、民衆に愛された天皇で、数々の逸話を残しました。なんと、飢饉の時は税金を徴収せず、雨漏りのする宮殿で過ごしたのだそうです。

大仙陵古墳

大阪府堺市堺区大仙町7

石室の中に入れる!奈良県明日香村の石舞台古墳はイチオシ

棺が納められていた石室が剥きだしになっている珍しい古墳は、奈良県明日香村にあります。6世紀に築造され30個の巨石を積み上げたその姿は、太古日本の技術力の高さを物語っています。入館料大人300円で石室の中も見学可能ですから、中から大きさを体感できますよ。 埋葬者は当時の政治家の蘇我馬子だといわれています。馬子があまりにも横暴だったため、死後に石室の上にかぶせてあった土を取り、丸裸にしたのではないかと考えられています。

明日香村は石舞台古墳だけでなく、日本最古級の大仏をお祀りする飛鳥寺や古代巨石文明の名残といわれている酒船石など見どころ満載です。いずれも石舞台古墳から北に1km程度ですので、レンタサイクルで周ってみるのも良いですね。

石舞台古墳

奈良県高市郡明日香村島庄254

埴輪が可愛い!大阪府高槻市の今城塚古墳

天皇陵は基本的に天皇陛下など皇族と宮内庁の職員しか中に入れません。ところが、この今城塚古墳は天皇陵でありながら誰でも登れる唯一の陵墓です。これは今から約100年前に宮内庁が天皇陵の治定をした際に間違って、大阪府高槻市の管理下に置いたためです。

埋葬者は6世紀に活躍した第26代天皇の継体天皇だと考えられています。相撲の好きな人物だったらしく、お墓の周りには力士をかたどった土の人形「埴輪」も一緒に埋葬されていました。現在、この埴輪は再現され埋葬されていた場所の上に展示されています。他にも様々な埴輪があり、インスタ映えが狙えますよ。

パワースポットになった古墳!東京都港区の芝丸山古墳

東京タワーのほど近く、芝丸山古墳は現在、芝東照宮の摂社「丸山随身稲荷大明神」として人々に大切にされています。とても清々しい場所で、ここを訪れると元気になれるとパワースポットとしても密かな人気を集める古墳です。元は前方後円墳だったようですが、後円部分が整地され公園になっています。

実はこの古墳、約130年前まで古墳だと分かっていなかったのです。学者が東京湾から眺めた際に「丘にしては違和感がある」と発掘を始め、やっと古墳だと判明しました。埋葬者は分かっていません。5世紀ごろの地域の豪族ではないかと考えられています。

芝丸山古墳

東京都港区芝公園4-8-25

古墳は今から1600年以上前のお墓です。いくら古いお墓であったとしても、日本人の宗教観の基本は先祖崇拝と自然崇拝ですから大事にしています。昔のものだからといって、普通の観光地とは一線を画すものと捉えてください。
あなたにも大切にしてほしい場所、それが古墳です。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!