close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

日本が誇る伝統硝子細工、江戸切子の魅力とは!?

日本のお土産に、伝統工芸品・江戸切子はいかがでしょうか? 繊細な紋様が施されたうっとりするほど美しいガラス作品ですが、実は日常使いもできる実用的な工芸品なんです!そこで今回は、お土産に買いたい江戸切子の魅力をナビゲートします。

江戸切子とは

江戸切子は、熟練の職人の手によって繊細な紋様が施された伝統的ガラス工芸。組合に加入する職人の手作業によって作られたガラス製品のみを「江戸切子」と呼びます。
その始まりは、1834年に江戸の町でガラス職人がガラスの表面に彫刻したことが起源と言われ、その後イギリスのカットグラスの技術を導入したことで現在まで伝わる江戸切子の技法が確立しました。
華やかな見た目の工芸品ではありますが、庶民のためのカットグラスとして発展を遂げた江戸切子は、日常的に使われることを想定して作られた日用品。現在では、グラスだけにとどまらない幅広い製品が作られており、時代に合わせた進化を遂げています。

江戸切子の作り方

江戸切子は、二層構造のガラス生地の表面を削ることで細かい紋様を施してあります。多くの場合、表面の薄い色ガラスの内側に透明なガラスが吹き付けてあり、色ガラスの部分を削ることによって鮮やかな紋様がつけられています。
ガラスのカットは全て職人の手作業によって施されており、回転式のダイヤモンドホイールにガラスを押し当てて模様を削りだします。その後、回転台に取り付けられた砥石や木盤や樹脂パッド等に当てながら、滑らかで光沢のあるカット面を作っていきます。最後にフェルトや綿などの繊維の回転盤でガラス表面を磨き上げることによって、艶やかに仕上げて完成です。

江戸切子の模様

江戸切子の表面に施されるカットの多くは伝統紋様で、そのひとつひとつには意味があるんです。江戸切子の代表的な伝統紋様5つの柄とその意味をご紹介いたします。

矢来紋

太い線と細い線が組み合わさった格子柄模様がこちらの矢来紋。 竹や丸太で造った囲いの形を表すこちらの紋様は、防護柵を意味する柄であるため、魔除けの効果があるとされています。

笹の葉紋

笹の葉紋は、その名の通り笹の葉を模した豪華なカットが特徴の紋様。笹の葉は、真冬でも青々とした葉を茂らせる生命力あふれる植物であるため、縁起物として親しまれています。

菊つなぎ紋

細かく交差した線で菊の花の連なる様子を表現した菊つなぎ紋。 不老長寿を表す花である菊が連なっている大変縁起の良い柄です。また、菊つなぎは「喜久繋」とも書き、喜びを久しくつなぐという意味もあります。

魚子(ななこ)紋

魚の卵を模した細かい切り込みが連続した魚子紋。カット面の細かな光の反射がうろこのように美しく輝きます。 こちらの模様には、子孫繁栄という意味があります。

八角籠目紋

竹籠の八角形の編み目のような模様なのがこちらの八角籠目紋。全方位に手を広げる形である八角形は、宇宙を意味しており、八角形のひとつひとつは銀河を表しています。
この紋様の器にお酒を注ぐ行為は充足を、そのお酒を飲み干すことは挑戦を意味すると言われています。

江戸切子の種類

江戸切子には、グラス以外にもいろんな種類の製品が作られています。
セットでそろえたいお猪口と徳利や涼しげな箸置きといった食器類は、人気のラインナップです。他にも、花瓶やランプシェードなどのインテリア用品や、文鎮やペン立てといった文房具まで、様々な用途のものがあります。美しい伝統を守りながらも新しい製品が日々生まれるのは、日用品として発展してきた工芸品である江戸切子ならではの魅力です。

江戸切子体験をしよう

自分で作った世界にたったひとつの作品を思い出として持って帰りたい方におすすめしたいのが、江戸切子体験。
江戸切子体験ができる施設はいくつかありますが、おすすめなのは、錦糸町駅近くにある「すみだ江戸切子館」での切子体験。お好みの色・形のグラスを選んで、好きな柄の伝統紋様を削ることができます。小・中学生の方用に、ペーパーウェイトの切子体験のプログラムも用意されていますよ。
忘れられない旅の思い出になること間違いなしです。

江戸切子体験をしよう

東京都墨田区太平2-10-9

江戸切子をお土産に買おう

日本らしさがたっぷり詰まった伝統工芸品である江戸切子は、お土産に最適。日常使いできる製品なので、毎日の暮らしを鮮やかに彩ってくれますよ。
亀戸・浅草・住吉・錦糸町といった東京の下町エリアには、江戸切子のお店が多くありますが、「カガミクリスタル 銀座ショップ」は観光ついでに立ち寄りやすい立地なのでおすすめ。まぎれもない「本物」の品質でありながら、手の届くお値段の商品が多くあるのもうれしいところ。

江戸切子をお土産に買おう

東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル1F

以上、江戸切子の魅力をご紹介いたしました。日本を訪れた記念品として最適な美しい伝統が息づく工芸品・江戸切子。お気に入りを見つけてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!