close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

みんなで盛り上がろう!日本の野球観戦の楽しみ方

日本の野球観戦で楽しめるのは、選手の華麗なプレーはもちろん、ビールやフード、そしてファンの熱烈な応援合戦!ほとんどの球場は都市にあるので、昼間は観光、夜は観戦という盛りだくさんなプランも可能です。そこで今回は、日本の野球観戦の楽しみ方をご紹介します!

日本の野球事情

まずは日本野球を楽しむための予備知識をご紹介!
日本野球は2リーグ制でセントラル・リーグ(セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)があり、それぞれ6チームが所属しています。
シーズンは3月末から始まり、10月には各リーグの上位3チームが争ってリーグ内の1位を決める「クライマックスシリーズ」が開催されます。そこで決定した各リーグの1位同士が激突するのは、10月末から11月初めにかけて行われる「日本選手権シリーズ(通称 日本シリーズ)」!ここで、名実ともに日本一が決定します。
せっかく試合を観戦するなら、どこかのチームを応援したほうが楽しめますよね。旅行した土地を本拠地とするチームを応援してもいいですし、現在、日本には多くの外国人選手が在籍しているので、自分と同じ出身地の選手がいるチームを応援するのも盛り上がりそうです。ちなみに、読売ジャイアンツの陽岱鋼(よう だいかん)選手は台湾出身。実力とルックスで高い人気がありますよ。
試合開始時間はデイゲームのほとんどが1:00 amから15:00 pm、ナイターはほぼ6:00 pmから始まります。

各チームの本拠地

各チームが一つずつ本拠地の球場を持っているので、北海道から九州まで日本各地に12のスタジアムが存在。各スタジアムの場所と、そこを本拠地とする球団をご紹介します。ドーム球場は、天候に左右されず気温も一定なので観戦しやすいのが魅力。一方、屋外の球場は開放感があり、中には花火を打ち上げるところも!旅行先に球場があるか、以下でチェックしてみてくださいね。

・読売ジャイアンツ / 東京ドーム(東京都文京区)
・東京ヤクルトスワローズ / 明治神宮野球場(東京都新宿区)
・横浜DeNAベイスターズ / 横浜スタジアム(神奈川県横浜市)
・中日ドラゴンズ / ナゴヤドーム(愛知県名古屋市)
・阪神タイガース / 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)
・広島東洋カープ / MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島県広島市)
・北海道日本ハムファイターズ / 札幌ドーム(北海道札幌市)
・東北楽天ゴールデンイーグルス / 楽天生命パーク宮城(宮城県仙台市)
・埼玉西武ライオンズ / メットライフドーム(埼玉県所沢市)
・千葉ロッテマリーンズ / ZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市)
・オリックス・バファローズ / 京セラドーム大阪(大阪府大阪市)
・福岡ソフトバンクホークス / 福岡ヤフオク!ドーム(福岡県福岡市)

チケットの購入方法

チケットは当日球場で購入することもできますが、人気球団では売り切れとなっていることもあります。おすすめは、事前にインターネットで購入しておく方法!各球団のホームページからチケット購入の手続きができ、コンビニなどでチケットを受け取れるのでとても手軽。多言語に対応しているホームページもありますよ。

応援グッズを買おう!

行く試合が決まったら、ぜひ買いたいのは応援グッズです!同じチームを応援するファンと共に、選手のプレーへ声援を送れるのが野球観戦の醍醐味。球団のグッズで応援すれば、周囲のファンとの一体感も高まりますよ。
球場ではユニフォームやキャップなども売っていますが、旅行者におすすめの応援グッズは球団のロゴが入ったフェイスタオル。手で持って掲げたり、片側を持って振り回して応援します。もちろん観戦のあとは、普通のタオルとして使えるのもうれしいポイント。細くて小さい応援用のバット「カンフーバット」も、カチカチとたたいて攻守問わずに応援できるので人気があります。
このほかにも、もし東京ヤクルトスワローズの応援に行くならミニ傘がおすすめ。傘を上下させて応援する独特の応援に参加できますよ。

名物グルメ、ビールを準備!

選手の気迫あふれるプレーと応援の熱気のせいか、球場で飲むビールは最高の美味しさ!球場の売店でもビールは買えますが、せっかくなので球場内を回っている売り子さんから買ってみましょう。10リットルのビールを担いで球場を回りながらも笑顔を絶やさない売り子さんは、実は人気の職業。応援席を華やかに盛り上げてくれますよね。ビール以外に、チューハイやハイボールを販売している売り子さんもいます。
飲み物と一緒に楽しみたいフードは、唐揚げやポテト、ソーセージといった単品のものから、うどんやラーメンなどの麺類まで、球場によって種類もさまざま。中にはその球場だけの、個性的なメニューもありますよ。たとえば東京ドームにあるのは「ドームエッグバーガー」。ドームを上から見た姿から名づけられた「ビッグエッグ」という愛称にちなんで、目玉焼きの入ったハンバーガーです。
下の写真の「カープうどん」はMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島の人気メニュー。金色のだしが本当に美味しいですよ。

いざ観戦!

選手がポジションについて、いよいよ試合開始!さっそく前もって買っておいた応援グッズを使ってみましょう。応援しているチームが攻撃しているなら、各バッターに合わせて作られた応援歌が流れます。
多くのファンはそれに合わせて「カンフーバット」を打ち鳴らしたり、タオルを掲げたりしているので、初心者が応援の流れに乗るのも簡単!ファンの応援の熱気に包まれていると、選手のナイスプレーに自然と声を出して応援してしまうはずです。
試合終了後はゴミを所定の場所に捨ててから帰りましょう。皆が一斉に移動するので最寄り駅はとても混み合います。行きの段階であらかじめ帰りのきっぷを買っておくのもいい方法ですよ。

野球観戦だけでないスタジアムの楽しみ方

例えば東京ドームには、21ゲート右側から入れる、有料の「野球殿堂博物館」があります。往年の名選手や日本野球の歴史などの展示のほかに、「バッターボックス体験」というバーチャルバッティングゲームも楽しめるんですよ!
前方スクリーンにさまざまな球団のトップ投手の映像が映され、その投球に合わせてバットを振ると、タイミングが合えば打球音とともに「ホームラン」、「ヒット」の表示が出ます。大人も子どもも夢中になれそうなゲームですよね。
ちなみにお土産で売られているのは、折れたバットを再利用して作られた箸や野球上達を願うお守りなどユニークなものも多数。ぜひのぞいてみてくださいね。

いかがでしたか?都市から近い球場も多く、観光とあわせて楽しめる野球観戦!周りのファンとの一体感を楽しみつつ、プロ選手のプレーを見ながら飲むビールは最高に美味しいですよ!皆さんもぜひ、野球観戦をプランに入れてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!