close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

意外とびっくり!日本のグルメに関するトリビア5選

キットカット、マクドナルドなど世界でもおなじみのものから習慣に関するものまで、思わず誰かに話したくなる日本ならではの様々なグルメのトリビアを集めました。

1. 日本のキットカットはすごく種類が多い

キットカットは、ミルクチョコレートとウエハースのサクサクが美味しい、多くの国で愛されているお菓子なのは皆さんもご存知ですよね。日本では1973年に発売されて以来、なんと100種以上ものキットカットが発売されているんです。現在も定番のレギュラーに加え、京都、九州、沖縄等、各地の土産店で販売されているご当地ものや期間限定など合わせて50種近くのキットカットが購入可能。訪れた土地の土産店は要チェックですよ。また、ディスカウントショップのドン・キホーテでは多種取り扱いがあって観光客に人気です。

1. 日本のキットカットはすごく種類が多い

2. 日本にはマクドナルドが約2,900店舗ある

日本に数ある外食チェーン店の中でも圧倒的な店舗数を誇るのが、マクドナルド。一時は3,000店舗を大きく超えていたこともありますが、現在は約2,900店舗に。この店舗数は、アメリカに次いで世界第2位。アメリカのカリフォルニア州の面積より日本の面積が狭いことを考えると、驚異的な数字ですよね。日本でマクドナルドがいかに愛されているのかがよくわかります。大きな駅の周辺には、歩いて行ける距離に店舗が複数あることなんてざら。東京だけでもおよそ350もの店舗があるんですよ。

2. 日本にはマクドナルドが約2,900店舗ある

3. 日本ではクリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる

七面鳥が簡単には手に入らない日本では、クリスマスはチキンを食べるのが一般的。なぜチキンを食べるようになったかというと、ほかならぬケンタッキーの販売戦略にあったのです。1970年代、依頼を受けてサンタに扮した東京1号店の店長がフライドチキンを持ってある幼稚園に行ったところ、大変喜ばれたそう。これにヒントを得て「クリスマスにケンタッキー」と1974年以降毎年クリスマスキャンペーンが実施されることになりました。今では「クリスマスが今年もやってくる」というCMソングが浸透し、この曲が流れるとクリスマスの時期だと感じる人も多いんですよ。

3. 日本ではクリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる

4. コンビニのおでんのつゆは全国各地で味が違う

「おでん」とは、魚の練り物、たまご、大根などを出汁のきいた醤油ベースのつゆで煮た日本料理のこと。冬のコンビニの人気商品ですが、8月頃から販売されています。全国のコンビニで販売されるおでんは、実は地域ごとにつゆの味が違います。出汁は地域によって嗜好が異なるので、鰹節、煮干し(いわし)、あじ節、あご(トビウオ)、昆布と材料をわけているんですよ。
たとえば、ローソンでは全国を9つの地域に分け、地域ごとの特徴がある出汁を加えて地域性を大切にしています。つゆだけでなく、具材も地域に合わせて提供する本格派。気軽に利用できるコンビニグルメもこだわりが詰まっているんですね。

4. コンビニのおでんのつゆは全国各地で味が違う

5. 日本では麺類を音をたててすすってもよい

本場日本のラーメンを食べようとお店に入ったら、いたるところから「ズズー」という音が聞こえて不快に思った経験はありませんか?食事の際に音をたてながら食べる行為がマナー違反なのは、日本も同じ。ただし、ラーメンを「すする」という行為は、日本の文化であり食習慣なのです。その歴史は古く、蕎麦が食事として成立した江戸時代(1603~1868年)初期にあると言われています。汁と一緒に楽しむラーメン、そば、うどんはずずっとすすった方が、口の中に広がる香りを楽しめるんですよ。ぜひチャレンジしてみて下さいね。

5. 日本では麺類を音をたててすすってもよい

いかがでしたか?誰かに話して、へぇ~そうなの!って言わせちゃってくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪から少し足をのばして!海と山に囲まれた「西はりまエリア」の魅力まるわかりガイド

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!