close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【動画あり】こんなに便利!日本の「交通系ICカード」でできること

日本を旅する際は「交通系ICカード」を持っておくと便利です。キャッシュレスで鉄道を利用できるほか、プリペイド式電子マネーとして使用することも可能。今回はそんなICカードについて詳しくご紹介します。

鉄道に乗れる

まず挙げられるのは、鉄道に乗れるということ。事前にチャージ※しておけば、改札に設置された読み取り部にカードをタッチするだけでOK。切符を買う手間もなくスムーズに改札を通ることができます。
※駅の自動券売機やのりこし精算機などでチャージできます

自動販売機で使える

飲料などの自動販売機のなかには、ICカードにチャージした電子マネーを使用できるものもあります。備え付けのカード読み取り部にピピッと音が鳴るまでタッチするだけでOK。小銭不要なので、スピーディに購入することができますよ。

コンビニで使える

交通系ICカード全国相互利用のマークがあるコンビニでも電子マネーの使用が可能。レジ付近に設置されているカードリーダーにタッチするだけなので、簡単に支払いを済ませることができますよ。

鉄道では全国相互利用ができる

交通系ICカードは、鉄道会社や地域ごとにさまざまな種類がありますが、いずれも全国相互利用が可能。下記のいずれか1枚を持っているだけで、ICカードに対応する全国の鉄道を利用することができます。
※買い物での相互利用はPiTaPaのみ不可

◆全国相互利用が可能な各地域・鉄道会社のICカード
JR北海道「Kitaca」
JR東日本「Suica」
首都圏私鉄「PASMO」
JR東海「TOICA」
名古屋私鉄「manaca」
JR西日本「ICOCA」
関西私鉄「PiTaPa」
JR九州「SUGOCA」
西日本鉄道「nimoca」
福岡市交通局「はやかけん」

グリーン券としても使える

日本の電車では、飛行機のビジネスクラスのような特別車両のことをグリーン車と呼び、その車両に乗るためには別途の料金がかかるグリーン券と呼ばれる特別車両券が必要ですが、そんな時もICカードは活躍します。

「Suica」や「PASMO」、「Kitaca」、「TOICA」を使えば、東海道線や横須賀線、総武線快速、湘南新宿ライン、上野東京ライン、宇都宮線、高崎線、常磐線などの「普通列車グリーン車」に乗車することも可能。車内改札が省略されるので、より快適に利用することができます。利用方法は、あらかじめ券売機でグリーン券情報をカードに記録。乗車した際に、座席上方にある読み取り部にカードをタッチするだけでOKです。

バスや路面電車、タクシーでも使える

路線バスや路面電車でも、続々と交通系ICカードが導入されています。均一運賃の場合は精算時に読み取り部にカードをタッチするだけでOK。走行区間によって運賃が異なる場合は、乗車時と降車時にタッチします。また、SuicaやPASMOで利用すれば「乗継割引」をしてくれる東京の「都バス」など、交通系ICカード利用者にお得なサービスを実施している場合もあるんですよ。
タクシーで利用する時はドライバーにSuicaやPASMOの利用を伝えて、精算時に読み取り機でタッチするだけ。使えないタクシーもあるので乗車する時に確認すると良いでしょう。

コインパーキングや博物館などでも使える

コインパーキングの駐車料金や、博物館・美術館の入館料の支払いなどに利用できることもあります。例えば、東京の「国立科学博物館」や「京都鉄道博物館」、「奈良国立博物館」など。滋賀の「彦根城」をはじめ、特定のICカードを使用すれば割引のサービスが受けられる施設もありますよ。

「交通系ICカード」はどこで買えるの?チャージするには?

駅の券売機や、駅の窓口などで購入することができます。また「KIOSK」「NewDays」など駅ナカのコンビニでも購入可能です。 チャージ方法は、電車では駅の券売機や精算機でチャージします。バスでは停車中の乗務員にチャージする旨を伝えて、その場でお金を支払いチャージします。その他、コンビニのレジでチャージすることが出来る場合もあります。ただし、コンビニでのチャージの支払いは現金のみの場合が多いので、現金をお忘れなく!

「こんなに便利!日本の「交通系ICカード」でできること」の動画もチェック!(英語版)

手軽に購入可能な交通系ICカードは、日本人の生活に欠かせないものとなりつつあります。発行時にデポジットが必要な場合がほとんどですが、とっても便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!