close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【東京・大阪・京都】知っておきたいレンタル自転車の借り方・ルール

小回りのきくレンタサイクルを使えば、電車や車では味わえない街の魅力を感じることができますよね!そこで今回は東京・大阪・京都で自転車をレンタルする際に役立つ「借り方」や「ルール」をご紹介します。

一般的な借り方

レンタサイクルの場合

最もシンプルな方法は、レンタサイクルショップを訪れて借りる方法。可能であれば予約しておくのがベターですが、お店に自転車が残っていれば突然行っても借りることができます。
借りた場所に返却するのが一般的ですが、なかには複数の店舗(もしくはターミナル)を持っており、どこで返却してもOKというお店も。受付の際に、デポジットや身分証明書(パスポートなど)が必要な場合もあります。

シェアサイクルという選択肢も!

レンタサイクルに似たものに、対象範囲内で誰でも共同で自転車を利用できる「シェアサイクル」や「コミュニティサイクル」があります。エリア内に複数の拠点があり、自分の好きなタイミングで持ち出すことが可能。
ほとんどの場合、専用サイトで自転車を予約し、発行されたパスワードを使って利用することができます。どの拠点でも返却できるのも便利なポイント。ネット上での登録が必要ですが、クレジットカードでの精算ができる場合も多いです。

主要都市のレンタサイクル・シェアサイクル

東京:広域シェアサイクル

都内9区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区)で実施されているシェアサイクル。5,600台※の自転車が用意されており、9区にある450ヶ所※のポートで貸出・返却が可能です。複数のスポットを巡るなら1日乗り放題の「1日パス」プランがおすすめ。ちょっとした移動には1回の利用ごとに料金が発生する「1回会員」が便利です。いずれもパソコンまたはスマートフォンでの会員登録が必要です。
※2018年3月末時点

◆1回会員(24時間利用可能)
料金:最初の30分150円/回
(1回の利用が30分を超過した場合は30分100円)

◆1日パス(購入当日の11:59 pmまで利用可能)
【有人窓口で購入する場合】料金:1,500円/日+専用ICカード発行料500円
【無人登録機で購入する場合】料金:1,500円/日

東京:広域シェアサイクル

東京都千代田区丸の内2-4-1

大阪:HUBchari

大阪市内で利用できるシェアサイクル。6段変速付き・26インチのシティサイクルや、6段変速付き・20インチのミニベロが利用できる「アナログ会員」と、ミニベロタイプの電動自転車が利用できる「スマート会員」の2つのプランがあり、それぞれ拠点数や利用料金が異なります。

◆アナログ会員(拠点数:5)
登録方法:ポートにて登録用紙に記入(現金(保証金(1,000円)+利用料)、身分証明書が必要)
料金:1回利用200円/時間、12時間利用1,000円/12時間(いずれも税込)

◆スマート会員(拠点数:16)
登録方法:インターネットで登録(クレジットカード、Eメール受信可能な携帯電話が必要)
料金:1回利用150円(税抜)/30分(延長100円/30分)
   1日利用1,389(税抜)円/日(購入当日の11:59 pmまで利用可能)

大阪:HUBchari

大阪府大阪市北区本庄東1-9-14

京都:京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)

京都の玄関口となる「京都駅」周辺に2ヶ所、さらに「金閣寺」や「伏見」エリアにもターミナルを持つ「KCTP」。シティサイクルやミニベロ、マウンテンバイク、子ども用などの車種が用意されており、3日前までなら公式ホームページから予約も可能。貸出・返却場所は各拠点から自由に選択することができます。
貸出と返却の場所が異なる場合は、1台あたり400円が必要。京都駅本店・京都駅八条口・金閣寺ターミナルからの貸出の場合、嵐山観光駐車場での乗り捨て(800円)もOKです。

料金:1日1,000円〜(車種によって異なる)

京都:京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)

京都府京都市南区東九条上殿田町6

原則「車道」を走る・左側通行

自転車は「軽車両」扱いとなるので、原則的に歩道ではなく「車道」を通行します。また「路側帯」を通ることも可能。ただし、白の二重線の標識(歩行者専用路側帯の標し)のある場合を除きます。車道・路側帯のいずれも「左側通行」。以下の写真のような「自転車レーン」がある場合は、それに従って走行します。


運転者が「13歳未満の子ども」や「70歳以上の高齢者」、「身体の不自由な人」の場合は、例外的に歩道も通行可能。歩道に以下の画像のような「自転車通行可」の標識等がある時や、道路工事・連続した駐車車両などにより車道の左側を走行するのが難しい場合も例外です。
歩道は基本的には歩行者優先なので、車道寄りを徐行。歩行者の通行の妨げになる場合は一時停止し、人の多いところでは押して歩くなどの配慮を。

信号遵守

もちろん信号無視は禁止です。以下の画像のような「歩行者・自転車専用信号機」がある場合は、その信号に従って道路を横断しましょう。信号がない場合でも、交差点での一時停止は必須。狭い道から広い道に出るときも、徐行して安全を確認しましょう。

そのほかのNG事項

車と同様、自転車も「飲酒運転」は禁止。「二人乗り」やほかの自転車と並んで走る「並進走行」も原則的にNGです。周囲の様子がわかりにくくなるため、走行しながらの「携帯電話の使用」や「ヘッドフォン等の使用」も禁止。「傘差し運転」は視野を妨げたりバランスを崩したりする恐れがあるので、雨天時はレインコートを使用しましょう。また、夜間の無灯火走行もNG。周囲に自分の存在を知らせるために、暗くなったら必ずライトの点灯を。

いかがでしたか?暑い時期に利用するなら、こまめに水分を補給することを忘れずに。寒い時期には手袋などで寒さに備えれば、より快適に楽しむことができますよ。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!