close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

種類豊富!日本独自の食べ物「おにぎり」の豆知識

三角で真っ黒のシートに包まれた食べ物を見てなんだろう?と思った方はいませんか?これは日本人のソウルフードである、おにぎり。今回は種類豊富な日本独自の食べ物「おにぎり」の豆知識です。

おにぎりとは

おにぎりとは米、具、海苔(黒いシートの正体で、海藻からできています)が一体型になった、いわば日本式ファストフード。ごはん(炊いた米)を両手で握って作ります。多くのおにぎりの中にはおかずとなる具が入っていて、片手でさっと食べることができるため、携行食やお弁当として昔から日常的に作られているんですよ。今ではスーパーやコンビニで100円くらいから買え、手軽に味わえます。次の章からは、定番のおにぎりから変わったおにぎり、作り方などをご紹介しますね。

人気のおにぎり

無数にあるおにぎりの種類の中から、定番のおにぎりを紹介します。

うめ

青梅を塩で漬けたすっぱい梅干しの入ったおにぎり。おにぎりの具材の中では最もオーソドックスといえます。梅干しは殺菌効果があり菌の繁殖を防ぐので、日本のお弁当にもよく使用されます。

塩が効いた焼鮭をほぐしたものが具材になっています。塩気のある鮭とごはん、海苔は黄金の組み合わせ。こちらもポピュラーなおにぎりです。

明太子

塩漬けにしたタラの卵巣を唐辛子などで味付けした明太子が具材。明太子の粒感とうまみが感じられるおにぎりです。

焼きおにぎり

醤油で味付けしたおにぎりをこんがりと焼いたもの。通常具材は入っておらず、味つけは醤油タレのみ。醤油の香ばしさが美味しいおにぎりです。

ツナマヨ

サンドイッチの具材にもなるツナにマヨネーズを混ぜたツナマヨ。ごはんとの相性もばっちり。子供から大人まで人気の具材です。

変わり種おにぎり

ごはんのおかずになる具材から味付けしたごはんまで、なんでもおにぎりにできちゃいます。おにぎりの種類は無限!?ここでは変わり種おにぎりを紹介します。

肉巻きおにぎり

宮崎県発祥のご当地おにぎり。醤油ベースのタレに漬けた豚肉を白いおにぎりに巻いてオーブンで焼いたもので、ボリューム満点。レタスに巻いて食べます。チーズをのせたものもあり、近年全国区になった人気のおにぎりです。

オムライスおにぎり

ケチャップライスに薄焼き卵を巻いた、おにぎり型のオムライス。片手で食べられるオムライスです。

卵入り

味付きのゆで卵が丸ごと入ったおにぎりです。写真は築地にあるおにぎり屋丸豊のその名も「ばくだん」。口に入れると半熟卵が弾けて美味しい、名前のとおり破壊力のあるおにぎりです。

おにぎりの作り方

簡単なようで成形には意外とコツがいるおにぎり。炊いたお米をお茶碗によそい、その半量を片手に広げます。この時、少し水で手をしめらせておくとご飯粒が手に付かず握りやすくなりますよ。また、ごはんを片手に広げる前に少々の塩を付けておくと、塩気を加えることが可能。次に、お好みの具をのせ、残りのごはんで具を隠し、両手で軽く包みながら三角に仕上げます。ギュッと握ってしまうとお米の粒がつぶれて美味しさが半減。かといって優しく握りすぎると食べるときに崩れてしまうんです。絶妙な力加減で作られているんですね。形は三角形が主流ですが、関西方面では俵型のおにぎりもありますよ。上手におにぎりが握れたら、海苔を巻いていただきましょう!

コンビニおにぎりの食べ方

コンビニでおにぎりを買ったはいいけど、開け方がわからない、という方は少なくないはず。じつは、パッケージの数字の順に開けていくとうまくいくんです。ここからは、ちょっとしたコツをご紹介。パリパリの海苔が美味しいおにぎりが食べられますよ。

三角の角にある数字1を見つけよう

おにぎりの角に1,2,3と数字が印刷されているので、1の部分をつまんで下に引き、そのまま一周します。

パッケージからおにぎりを出そう

次は、2の角をつまんで外側に引きます。すると外の袋と、海苔とご飯の間にある薄いビニールがはずれますよ。3も2と要領は同じ。この時勢いよく引くと大事なおにぎりを落としたり、海苔が破れたりしてしまうので、やさしくそっと引くのがコツ。うまくできたらさぁ召し上がれ!

おにぎりが食べたくて仕方ない!そんな気分になっていただけましたか?お店やコンビニ、地域によってさまざまなおにぎりが発売されていますよ。日本版ファストフードおにぎりを楽しんでくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪から少し足をのばして!海と山に囲まれた「西はりまエリア」の魅力まるわかりガイド

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!