close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

ロマンチックな日本の風習!七夕祭りの豆知識

夏に日本を訪れると、飾り付けられた笹竹を街中で目にする機会があると思います。これは星に願いを祈る「七夕」というイベント。今回はこの行事の意味や由来をご紹介!

1. 七夕とは

「七夕(たなばた)」は、季節の変わり目毎に邪気を祓う「五節句」の一つ。古来より日本で行われてきた年中行事で、現在でも毎年7月7日(地域によっては8月7日)の夜に願いを書いた短冊や飾りを笹の葉に吊るします。この風習の起源は、一説には古代日本の禊行事「棚機(たなばた)」であるとされています。 これは女性が織った着物を神様に供えることによって、豊作などを祈る行事でした。現在、七夕を「たなばた」と読むのも、この風習から来ているとされています。

2. 織姫・彦星伝説

七夕といえば有名なのが、中国の織女(しゅくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の伝説。昔、天上の最高神「天帝」のもとに、神々の着物の布を織る織女という娘がいました。毎日熱心に働いていた彼女は、天帝の計らいで、牛飼いの青年・牽牛と結婚。しかしその後、二人は真面目に働かず遊び呆けてしまいます。これに激怒した天帝は二人を「天の川」の両岸に引き離し、年に一度7月7日の夜にだけ会うことを許しました。この伝説は日本でも古くから知られていて、織女のことを「織姫(おりひめ)」、牽牛のことを「彦星(ひこぼし)」と呼んでいますが、織姫はこと座の1等星・ベガで、彦星はわし座の1等星・アルタイルのことなんですよ。

3. 笹に願い事を書いた短冊を飾るのはなぜ?

短冊を飾る風習は中国の「乞巧奠(きこうでん)」に由来します。これは7月7日に織女にあやかって、機織・裁縫の上達をお祈りする行事でした。この風習が日本に伝わると、やがて神聖な木である「梶」の葉に願いを書くという独自の風習が誕生。時代が下ると梶の葉の代わりに短冊に願いを書くようになり、笹竹に吊るして星に祈るお祭りへと姿を変えました。ちなみに梶の葉同様、笹竹も昔から神聖な植物とされ、神を宿すとも言われています。

4. 笹の飾り付けにはどんな意味があるの?

笹には短冊だけではなく、数々の「七夕飾り」を飾り付けます。この飾りの1つ1つにも実は意味が。例えば紙風船やくす玉にテープを貼り付けた「吹き流し」は、織姫に供える織り糸を表現。裁縫上達という願いが込められています。このほかにも「折鶴」は長寿、「巾着」は金運上昇など、様々な意味があるんですよ。

5. 有名な七夕祭り

七夕祭りは日本各地で催されていて、地域毎に特色豊かなイベントがあることも。今回は特に有名な「三大七夕まつり」をご紹介!

仙台七夕まつり

長い歴史を有する伝統行事。宮城県・仙台の街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ、毎年200万人以上の観光客で賑わいます。特に仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街にかけての豪華絢爛な七夕飾りは必見ですよ。2018年の開催期間は8月6日(月)~8日(水)の3日間。

湘南ひらつか七夕まつり

神奈川県・平塚の七夕まつり。約500本もの七夕飾りが中心街を埋め尽くします。中には10mを超える大型飾りもあり、日本一豪華と言われることも。その年毎の流行要素をとり入れたユニークな飾り付けもあります。2018年の開催期間は7月6日(金)~7月8日(日)の3日間。

一宮七夕まつり

織物業で有名な愛知県・一宮では、毎年七夕まつりが盛大に催されます。最大の見所は「御衣(おんぞ)奉献大行列」。一宮市特産の毛織物を奉納する全長300mの大行列で、街全体が絢爛豪華な雰囲気に包まれます。2018年の開催期間は7月26日(木)~29日(日)の4日間。

いかがだったでしょうか?もし七夕の日に日本を訪れることがあったら、ぜひ短冊に願いを書いて、星々に祈ってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪から少し足をのばして!海と山に囲まれた「西はりまエリア」の魅力まるわかりガイド

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!