close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

日本が誇る伝統芸能「文楽」の魅力徹底ガイド

17世紀初頭に成立した人形浄瑠璃「文楽」は、日本を代表する伝統芸能のひとつです。今回の記事ではそんな「文楽」の魅力に迫りたいと思います。

文楽とは

人形浄瑠璃「文楽」はユネスコ無形文化遺産にも登録されている伝統芸能。語り・音楽・人形が一体となった総合芸術です。

文楽の歴史

文楽の成り立ちは、江戸時代(1603〜1867年)初期までさかのぼります。古くは「あやつり人形」と呼称され、その後「人形浄瑠璃」と呼ばれるようになり、大盛況を誇りました。やがて1684年には大阪に劇場「竹本座」が創設。その後、いくつかの人形浄瑠璃座が盛衰を繰り返していくなか、1872年兵庫県・淡路の植村文楽軒が大阪ではじめた一座「文楽座」が、最も有力で中心的な存在となりました。そして大正時代(1912〜1926年)の中期以降、この「文楽座」が唯一の専門劇場となったことから、「文楽」という言葉がイコール「人形浄瑠璃」を指す正式名称となったのです。

舞台と演者について

文楽は、語り手である「太夫」と、物語にさらなる陰影を加える「三味線弾き」、そして人形に命を吹き込む「人形遣い」によって演じられています。

舞台の流れ

まずは舞台に三味線の音が響きわたり、太夫が身を絞るようにして語りはじめるのがスタート。この「浄瑠璃」と呼ばれる音楽に合わせ、人形が命を得たように動きはじめます。太夫と三味線は対等な立場。どちらが指揮者というわけでもなく、緊迫した呼吸の積み重ねによって物語を紡いでいきます。

太夫

浄瑠璃の世界を描き出して伝える「義太夫節」を語る太夫。場面ごとの情景や物語の背景、登場人物全員の言葉などすべてを一人で語り分けます。老若男女の声をそれらしく聞かせるという単なる声色ではなく、豊かな喜怒哀楽表現によって、役の性格や人情など人間の本質を深く追求・表現していくのです。

三味線弾き

太夫の語りと一体になって「義太夫節」の情を表す三味線弾き。三味線の種類の中で最も太く重く、駒やバチも大きく作られている「太棹三味線」を用います。音色は太く重厚。一音ずつが、物語の背景や人物の心情を表現しているのです。

人形遣い

小柄な人形を動かす人形遣いは「3人1組」。胴部を支えながら頭部と右手を動かす「主遣い」、右手で人形の左手を扱う「左遣い」、屈んだ姿勢で人形の足を扱う「足遣い」、3人は無言のサインで呼吸を合わせながら、まるで生きているかのように人形を動かすのです。また、鑑賞の妨げにならないよう忍者のような黒い衣裳を身に着け、顔も隠しています。

文楽人形について

微妙な動きはもちろん、心情までも細やかに表現する「文楽人形」。新作のために新規製作されることもありますが、古典作品の上演にはよく使用される約40種の首を化粧・髪型を工夫しながら役柄に合わせて使い分けています。なかには目や眉が動いて表情を作るものや、お姫様が鬼の顔に変わる特殊な仕掛けのものも。衣装や手足なども付け替えられます。人形の丈は130〜150cm程度で、重さは数kgから10kgを超えるものも。素材は主に木で作られています。

演目の種類

演目の種類は大きく分けて3つ。最も数の多い作品は「時代物」で江戸時代以前の日本の歴史上の事件・人物を描いています。また、江戸時代当時の現代劇であるのが「世話物」。江戸時代の暮らしや風俗の中で起こる、庶民の恋愛や人情などを描いています。3つ目は舞踊や音楽などの要素が強く、優美で華やかな演目「景事」です。

有名な演目

時代物
「本朝廿四孝」という演目が有名。戦国時代(15世紀末〜16世紀)の有名武将同士の争いを背景に、男女の恋や兄弟の別れなどを扱ったものです。

世話物
「曽根崎心中」という演目が有名。実際に起きた事件を脚色したもので、恋仲である男女が心中する悲劇です。

景事
「寿式三番叟」という演目が有名。正月など特別な行事の時に祝賀のために上演されるもので、重厚で厳かなムードの前半から、後半の力強く躍動的な舞への変化が見どころのひとつです。

文楽を鑑賞できる場所

大阪の「国立文楽劇場」と、東京にある「国立劇場小劇場」で定期的に上演があるほか、さまざまな企画公演もあります。大阪や東京での本公演がない期間には、地方の劇場でも公演が行われることがあります。そのほか、演者による実演を織りまぜた解説や、親しみやすい演目の上演などで構成される「鑑賞教室」も、大阪と東京で毎年開催。英語による外国人向け教室も催されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

文楽を鑑賞できる場所

大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10

力強くも繊細な表現が観る者を圧倒する「文楽」。ぜひ一度鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!