close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

伝統的なお正月料理「お雑煮」とは?

日本ではお正月に「お雑煮」と呼ばれる伝統的な料理を食べます。地域によって具材・味付けなどが異なり、郷土色豊かな料理でもある「お雑煮」、今回はその魅力に迫ります!

「お雑煮」ってどんな料理?

お正月三ヵ日(1月1日・2日・3日)に食べて新年を祝う料理のこと。お餅を主体に、数種の具材を加えて煮た汁物で、地方や家庭ごとに色々な種類があります。

歴史

古くは室町時代(1300〜1500年代)頃には食されていたとされ、当時は武士の宴会で一番初めに酒の肴として振舞われていたようです。つまりお雑煮は宴の一番最初に食べる縁起のよい料理であり、そのことからやがて一年のはじまりであるお正月に食べるようになったといわれています。

なぜお正月に食べるの?

年越しの夜に神様に供えたお餅と地場の産物を、年明けになってからひとつの鍋で煮て食べることで、一年の無事を祈るとともに、豊かな暮らしと自然の恵みへの祈りが込められています。

汁の種類

お雑煮のベースとなる「汁」は地域・家庭ごとに多様な種類があります。たとえば昆布などでだしをとった「澄まし汁」仕立てや、「白味噌+だし」で仕立てた汁を用いることが多いです。そのほか、イカやトビウオ、フグや塩鮭、干しエビなどの様々な魚介類をだしに用いたものなどもあります。

お雑煮の具材いろいろ

具材も地域などにより千差万別。「お餅」は主役なので必ず入っていますが、焼いたもの・湯煮したもの、四角い・丸いなどの違いがあります。お餅以外には、その土地に産するものが使われる場合が多く、野菜・鶏肉・魚介類・魚肉練製品などが主な具材です。例えば鶏肉やえび、カマボコに大根・人参など。

各地のお雑煮

それでは、各地のお雑煮の代表例を挙げてみましょう。

東日本

北海道風
お餅は「焼き餅」・汁は「すまし汁」。具材は鮭の切り身+にんじん+しいたけなどにイクラと三つ葉を散らしたものなど。

東北風
岩手県を例に出すと、汁は「すまし汁」、具材は山菜+大根+にんじん+ごぼうなど。さらに、焼き餅をくるみでつくったタレにつけて食べます。

東京風
お餅は「焼いた角餅」・汁は「すまし汁」。具材は鶏肉+小松菜+カマボコなど。

東北風イメージ

西日本

京都風
お餅は「湯煮した丸餅」・汁は「白味噌仕立て」。具材はヤツガシラ(里芋の一種)+大根+焼き豆腐+塩ブリの切り身など。

奈良風
吉野郡地方では、汁は「白味噌仕立て」、具材は里芋+にんじん+大根など。さらに、丸餅を別盛りのきな粉(大豆粉)に付けて食べます。

広島風
お餅は「丸餅」・汁は「すまし汁」。具材は名物の牡蠣+にんじんなどの野菜など。

香川風
お餅は「丸餅」・汁は「白味噌仕立て」。具材はニンジン+大根+青のりなど。お餅の中に小豆あんが入っているのが特徴。

福岡風
お餅は「丸餅」・汁はトビウオのだしを使った「すまし汁」。具材は塩ブリ+しいたけ+里芋など。

奈良風イメージ

香川風イメージ

東京風お雑煮の作り方

最後に「東京風お雑煮」の作り方を簡単に説明します。まずは昆布+かつお節でだしをとり、透明でにごりのない「すまし汁」を作ります。具材は、鶏肉や鴨肉の切り身に、カマボコや青野菜(小松菜、ほうれんそうなど)を使用。主役であるお餅は「切り餅」を香ばしく焼き、汁のなかに入れます。煮立てるとお餅が煮崩れて汁が濁ってしまうのでご注意を。仕上げにユズの千切りや薄く切ったのり、三つ葉などを添えることが多いようです。全国的に見て比較的シンプルで淡泊な味わいといえるでしょう。

お雑煮は、お正月の時期に宿泊している旅館や、甘味処などで食べることができます。日本を訪れた際は、ぜひ味わってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪・泉州の観光スポット満載!

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!