close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

各地の絶品鍋に舌鼓!日本全国のご当地鍋7選

たくさんの「鍋料理」がある日本。寒い冬に欠かせない定番料理で、スープや具材の組み合わせの違いで何十、何百といった豊富な種類を楽しめます。今回は全国のご当地鍋で特に有名なもの7つをご紹介!

1. 石狩鍋(北海道)

最初にご紹介するのは、北海道名物「石狩鍋」。古くから鮭の漁獲が盛んだった石狩地方が発祥といわれる、新鮮な「鮭」を主役にした郷土料理です。鮭のほかには、野菜や豆腐などを具材とし、昆布ダシの味噌仕立てスープで煮込んだものが一般的。まろやかで豊かな味わいを楽しめます。また、バターや酒粕(日本酒をつくる行程でできるもの)などを入れ、より深みのある味付けにする場合もあります。

2. きりたんぽ鍋(秋田)

続いては秋田地方に伝わる郷土料理「きりたんぽ鍋」をご紹介します。メインの具材となる「きりたんぽ」とは、米飯をすりつぶして杉や竹の串に塗りつけ、炭火などで焼いたもの。それを斜め切りにして、鶏肉や季節の野菜などと一緒に煮た、滋味溢れる素朴な味わいの鍋です。

3. あんこう鍋(茨城)

続いてご紹介するのは、茨城県の郷土料理「あんこう鍋」。冬に旬を迎える魚「あんこう」の身や内臓などを用い、野菜・豆腐などとともに煮込んだものです。スープは味噌または醤油仕立てのものが一般的。「あんこう」の身は淡白な味わいと、コラーゲンたっぷりのぷるぷる食感が特徴で、脂肪が少ないため低カロリーでヘルシーです。また、肝臓部分はそれだけでも「あんきも」という名の一品料理として提供されるほど人気の高い、おいしい部位。身と違って濃厚な味わいを楽しめますよ。

4. まる鍋(京都)

続いてご紹介する「まる鍋」の「まる」とは「すっぽん」のこと。栄養満点の「すっぽん」は日本では高級食材として知られ、「まる鍋」も高級な鍋料理として提供されることの多いメニューです。食べやすい大きさに切り分けられたすっぽんを、水と酒で煮込み、しょうゆなどで調味。野菜などを加えることもありますが、具材はすっぽんだけという場合が多いです。淡泊ながら深みのある味わいと、上品な脂をたっぷり堪能できます。

5. ふぐちり鍋(山口)

続いても高級食材として知られる「ふぐ」を使った鍋をご紹介します。具材に用いるのは、ふぐの切り身と、野菜・豆腐など。スープは、昆布と、ふぐのアラ(骨や頭)とでダシをとったもので、煮上がったら「ポン酢醤油(柑橘類の果汁と醤油を合わせたもの)」や、「もみじおろし(唐辛子とともにすりおろした大根)」などにつけて食べます。ぷりぷりとした食感と、淡泊ながら旨みの強い味わいを、ぜひ体験してみてくださいね。

6. カキの土手鍋(広島)

続いては、広島県の名産「カキ」を用いた鍋料理をご紹介します。この「土手鍋」という調理法は、ダシ汁や調味料などを加えて練った味噌を、鍋の内側の側面にぐるりと塗りつけるユニークなもの。鍋の中のスープに味噌を少しずつ溶きながらカキや野菜を煮て食べていきます。鍋の熱で少し焦げた味噌の香ばしい風味と、芳醇なカキの味わいが絶品の冬のご馳走です。

7. 水炊き(福岡)

最後に取り上げるのは、九州・福岡県の博多地方で親しまれている「水炊き」です。他の地方でも同名の鍋料理は存在しますが、それらが昆布ダシを煮立ててから鶏肉・野菜を入れて煮込んでいくのに対し、この福岡の「水炊き」は、鶏の皮や骨付き肉のブツ切りを用いて、水から煮立たせるのが特徴。白濁したスープには鶏の旨味が溶け込んでいて、とても濃厚。最後には米飯にスープの旨味を吸わせた「雑炊」でシメるのが博多流です。

今回ご紹介した鍋は、居酒屋や専門店などで提供されていることが多いものばかり。ぜひ挑戦してみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!