close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

温泉は、種類によって効能もさまざま。温泉大国である日本観光の前に知っておけば、より温泉を楽しめます。今回は温泉の泉質とその効能、その泉質の温泉がある温泉地などについてご紹介します。

日本にはどんな温泉があるの?

火山の多い日本には、たくさん温泉があります。日本では温泉法という法律に則り温泉を定義し、温泉水に含まれている科学成分と含有量等によって、現在10種類の泉質に分かれています。どの泉質も一般適応症に効能がありますが、ここではより詳しく泉質やどんな症状に効能があるのかなどについて、ご紹介していきましょう。

一般適応症とは?

一般適応症とは、全ての温泉で効能があるとされている症例のことです。温泉共通の効能は、筋肉もしくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進といわれています。

肩こりなどに

単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、二酸化炭素泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉、含よう素泉

すべての温泉に効能があります。特に日本でも数が多い単純温泉は、温泉の定義による温泉成分が薄いため刺激が少なく体にやさしい温泉で、高齢者にもおすすめです。
単純温泉がある鬼怒川温泉(栃木)、箱根温泉郷(神奈川)、下呂温泉(岐阜)、別府温泉郷(大分)などの温泉地は肩こりに効果があるといわれています。

※写真は鬼怒川温泉(栃木)

切り傷に

塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、二酸化炭素泉、硫黄泉

塩化物泉は、海水の成分に似た食塩を含み、汗の蒸発を防ぐため体が良く温まります。また、殺菌効果があり、外傷治癒に利用されることも多い温泉なので切り傷に良いでしょう。
塩化物泉がある温泉地は、登別温泉(北海道)、湯河原温泉(神奈川)、熱海温泉(静岡)、白浜温泉(和歌山)などです。

※写真は熱海温泉(静岡)

美肌に

炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、硫黄泉

炭酸水素塩泉にはアルカリ性の温泉が多く、皮膚表面の古い角質を溶解・除去する作用により肌を滑らかにするため、多くは「美人の湯」と称されます。切り傷や慢性皮膚病などにも効能があります。
炭酸水素塩泉がある温泉地は乳頭温泉郷(秋田)、伊香保温泉(群馬)、赤倉温泉(新潟)、妙見温泉(鹿児島)などです。

※写真は乳頭温泉郷(秋田)

動脈硬化に

硫酸塩泉、二酸化炭素泉、硫黄泉、放射能泉

動脈硬化に良いとされる硫酸塩泉ですが、含有成分により3種に分類されます。若干効能が変わりますが、血管を拡張し、血流を良くするため動脈硬化症に効果があります。鎮静作用や血圧の降下作用があるとされ、薬効が高い温泉として有名。切り傷、皮膚病などにも良い温泉です。
硫酸塩泉がある温泉地は遠刈田温泉(宮城)、四万温泉(群馬)、箱根強羅温泉(神奈川)、伊豆湯河原温泉(静岡)などがあります。

※写真は四万温泉(群馬)

高血圧症に

二酸化炭素泉、硫黄泉、放射能泉

「心臓の湯」といわれる二酸化炭素泉は、毛細血管を拡張し、血液の循環を良くするため、血圧を下げる特徴があります。動脈硬化や切り傷、火傷にも効能があり、入浴後は体が良く温まります。
二酸化炭素泉がある温泉地は、みちのく温泉(青森)、玉川温泉(秋田)、湯屋温泉(岐阜)、長湯温泉(大分)などで、血圧低下に効果があるといわれています。

※写真は玉川温泉(秋田)

婦人病に

慢性婦人病には塩化物泉、硫黄泉、放射能泉、月経障害には含鉄泉

「婦人の湯」といわれる含鉄泉は、成分に鉄分を多く含む温泉。造血作用が促進され、月経障害に効能があるといわれています。無色透明ですが湧出後の酸化により、赤茶色や黄金色に変わるのが特徴。
含鉄泉がある温泉地は、登別温泉(北海道)、長良川温泉(岐阜)、吉野温泉(奈良)、雲仙温泉(長崎)など多数。

※写真は雲仙温泉(長崎)

糖尿病に

硫黄泉

生活習慣病の湯といわれ、糖尿病の他、慢性皮膚病、慢性婦人病など幅広い効能がある硫黄成分を含む硫黄泉。タマゴの腐ったような独特の臭いがします。鉄・銅・錫等の金属は酸化して黒くなるので、装飾品は外して入浴したほうが良いでしょう。
硫黄泉がある温泉地は、高湯温泉(福島)、日光湯元温泉(栃木)、万座温泉(群馬)、月岡温泉(新潟)などです。

※写真は万座温泉(群馬)

皮膚病に

皮膚病には酸性泉、慢性皮膚病には塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、硫黄泉、放射能泉

たくさんの泉質が皮膚病に良いとされていますが、ここでは「皮膚病の湯」といわれる酸性泉をご紹介します。酸性度が高いため殺菌効果が高く、皮膚病に良いとされています。肌の弱い人は最後にシャワーで洗い流すなど注意が必要です。
酸性泉がある温泉地は、酸ヶ湯温泉(青森)、蔵王温泉(山形)、草津温泉(群馬)、蓼科温泉(長野)など多数。



※写真は草津温泉(群馬)

痛風や万病に

放射能泉

微量のラジウム、ラドンなどが含まれるのが特徴。血流や腎機能に改善がみられ、痛風に良いとされています。効能が幅広いため万病に良いともいわれます。
放射能泉がある温泉地は、カルルス温泉(北海道)、夏油温泉(岩手)、湯の花温泉(京都)、三朝温泉(鳥取)など。

※写真は三朝温泉(鳥取)

高コレステロール血症に(飲用のみ)

含よう素泉

温泉水1kg中によう化物イオンが10mg以上含有するものを、含よう素泉といいます。浴用では一般適応症に効能があり、飲用すると、高コレステロール血症に効能があります。
含よう素泉がある温泉地は、新屋温泉(秋田)、大潟温泉(秋田)、大手町温泉(東京)、白子温泉(千葉)などがあります。

いかがでしたか?日本で利用することができる温泉の泉質と効能をご紹介しました。ただし、効能については個人差がありますので、あくまでも参考として、自分好みの温泉を見つけてくみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!