close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

旅で便利な日本語指差し単語集-飲み物編-

日本語しか通じないお店に行った時、メニューが分からず困ったことはありませんか?そこで今回は飲食店で使える、指差すだけでOKの単語集「飲み物編」をお届けします。フレーズ集と組み合わせれば、スムーズに会話ができますよ。これを使って日本語でオーダーしてみましょう!

1. 水 (mizu)

日本の飲食店では「水」は無料サービスの場合がほとんど。大抵の場合、席につくとすぐに持ってきてくれます。居酒屋等、お酒を出すお店ではすぐに出てきませんが、頼めば無料で水を出してもらえます。
※高級レストランなどでは有料の場合もあります。

2. お茶 (ocha)

日本で「お茶」といえば、「緑茶(ryoku-cha)」を指すことがほとんど。緑茶にはさまざまな種類がありますが、最もスタンダードなのは「煎茶(sen-cha)」。サービスとして無料で提供してくれる飲食店も多いです。

3. 紅茶 (koucha)

イギリスを始めとする西洋諸国では黒い茶葉の色味からブラックティーと呼ばれていますが、日本では茶葉から抽出した液が赤みがかった茶色であることから、紅(赤という意味)という文字を使って「紅茶」といいます。

4. コーヒー (koohii)

食後のブレイクやカフェタイムの定番ドリンク「コーヒー」。数種類の豆をミックスして淹れたものを「ブレンドコーヒー(burendo-koohii)」、浅く焙煎したものを「アメリカンコーヒー(amerikan-koohii)」と呼びます。

5. ジュース (juusu)

「ジュース」といえばフルーツや野菜を使った甘みのある飲み物のこと。生のフルーツを搾って作るものは、「生ジュース(nama-juusu)」や「生搾りジュース(namashibori-juusu)」と呼ばれることもあります。

6. 日本酒 (nihonshu)

「日本酒」は米麹(米に麹菌を繁殖させたもの)の発酵作用によって製造する醸造酒。特に米、米麹、水だけで造られたコクのある味わいのものを「純米酒(jummai-shu)」、米の表面を4割以上削って香り高く仕上げたものを「吟醸酒(ginjou-shu)」と呼びます。

7. 焼酎 (shouchuu)

「焼酎」とは穀物を使った蒸留酒のこと。原料となる穀物名を頭につけて「芋焼酎(imo-jouchuu)」や「麦焼酎(mugi-jouchuu)」、「米焼酎(kome-jouchuu)」などと呼ばれます。沖縄県のお酒「泡盛(awamori)」も焼酎の一種です。

8. ワイン (wain)

日本で「ワイン」と言えば、果物(主にブドウ)からつくられた醸造酒のこと。色は「赤(aka)」、「白(shiro)」、「ロゼ(rose)」に分類されます。炭酸ガスを含む発泡性の「スパークリングワイン(supaakuringu-wain)」を用意しているお店もあります。

9. ビール (biiru)

「ビール」を注文する際、銘柄によっては「生ビール(nama-biiru)」と「瓶ビール(bin-biiru)」どちらがよいか聞かれます。前者は樽に入った生ビールをサーバーで注いだもの。後者は瓶に入った状態で提供される生ビールのことを指します。また、日本には発泡酒(happou-shu)という、ビール風味が主流のアルコール飲料があります。麦芽の使用比率がビールと比べ低いこともあり、軽くあっさりしていて飲みやすいという特徴を持っています。

10. ウイスキー (uisukii)

「ウイスキー」を楽しむなら、世界各国の銘柄はもちろん、日本生まれのものにもぜひ挑戦を。定番人気は「山崎(yamazaki)」です。また日本で「ハイボール(haibooru)」といえば、ウイスキーをソーダで割った飲み物のことを指します。

いかがでしたか?飲食店を訪れた際は、これを使って日本語で注文してみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!