close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

これを知ればもっと好きになる!日本のラーメンの歴史

日本の国民食として愛され続け、訪日観光客にも人気の「ラーメン」。今回は、意外と知られていないその歴史を紐解きます。

1. 夜明け前

日本人として初めて中華麺を口にしたのは、1665年頃、常陸水戸藩(現在の茨城県中部・北部を治めた藩)の第2代藩主・徳川光圀。中国の儒学者・朱舜水が、親交のあった光圀公に自国の汁そばを振舞ったという記録が残っています(当時の文献を元に再現した「水戸藩ラーメン」を茨城県水戸市のラーメン店で食べることができます)。しかし、この中華麺が広く庶民にまで広まることはありませんでした。

2. 黎明期

1872年頃、横浜南京町(現・横浜中華街)に数軒の中華料理店が営業を開始。1884年には北海道函館市の養和軒が「南京そば」というメニューを函館新聞の広告欄に掲載したとされ、これが日本で最初に正式な中華麺として宣伝された可能性があります。しかし、この商品が現在のラーメンにつながる汁そばであるかどうかは不明です。その後「南京そば」と銘打った屋台が横浜中華街に次々生まれていきます。
1910年には、屋台ではなく店舗を構えたラーメン専門店として日本初となる東京・浅草「来々軒」が創業(現在は閉店)。その後の1920年前後〜37年頃にかけては全国各地でラーメン店が続々誕生し、ご当地ラーメンの元祖となる店の多くはこの時期に開店したといわれています。

※現在の横浜中華街

3. 定着期

第二次世界大戦後(1945年終戦)、中国からの引揚げ者によるラーメンの屋台が全国に出現。安くおいしく栄養もあるラーメンは、物資が乏しい時代にピッタリの食べ物として国民に愛されました。
その後もラーメン店は各地に広がりをみせ、1947年には福岡で初めて白濁した豚骨スープが誕生。1955年には北海道札幌市「味の三平」初代店主が「味噌ラーメン」を開発。時を同じくして東京の「大勝軒」店主が「つけ麺」を世に生み出します。

※写真はイメージです

4. 発展期

1958年にインスタントラーメンの元祖「日清チキンラーメン」が発売されると、それまでの「中華そば」ではない「ラーメン」という呼称が全国的に拡大。その後インスタントラーメンは次々と開発され、1971年にはエポックメイキングな発明品である「日清カップヌードル」が、1992年には初の生タイプ麺を採用した「日清ラ王」が発売されます。
一方店舗においては、60年代に札幌味噌ラーメンブーム、80年代に豚骨ラーメンブームが巻き起こり、多様性を世に知らしめました。

※現在の「日清カップヌードル」

5. 革新・多様化期

90年代後半には北海道の旭川や和歌山など全国の「ご当地ラーメン」が話題に。2000年代に至るまでは、横浜「くじら軒」や埼玉「ぜんや」など、独学で味を追求してきた店主の個性を前面に出した「ご当人ラーメン」もブームになります。
味付けはそれまでのこってり系だけでなく、塩ラーメンなどのあっさり系、魚貝や鶏白湯のスープなど多様な種類が人気に。また、有名店監修のカップラーメンが人気を博したり、内装にこだわったおしゃれな店の進出など様々なブームが巻き起こり、現在も進化を続けています。

※写真はイメージです

これを読んだ後にラーメンを食べれば、もっと味わい深く感じられること間違いなし!ぜひいろいろなお店を食べ歩いてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!