WOW! JAPAN

その他

豆知識

誰でも作れる!手巻き寿司の作り方

2016.09.30

Writer name : o-dat

ホームパーティにもぴったりな手巻き寿司の作り方あれこれをご紹介します。今回紹介するポイントをおさえておけば、誰でも簡単に作ることができますよ!

手巻き寿司とは

「手巻き寿司」とは、日本の寿司の一種です。寿司には握った酢飯の上に具材(ネタ)を乗せて食べる「握り寿司」の他にいろいろな種類がありますが、自分で海苔の上に酢飯と好きなネタを乗せ、手で巻いて食べる寿司を「手巻き寿司」と呼びます。特別な技術が必要なく、素材さえ用意すれば、老若男女問わず誰でも作ることができる「手巻き寿司」は、少人数から大人数までみんなで楽しむのにおすすめの料理です。ぜひ、自宅で試してみましょう!


手巻き寿司のバリエーション

「手巻き寿司」の具材に細かい決まりはありません。ネタの定番は魚介類がメインで、まぐろやサーモン、エビ、イカ、ホタテ、牡蠣、いくらなどが人気です。その他、卵焼きやきゅうり、納豆も一般的。
なまもの以外に、缶詰のツナにマヨネーズを和えたものや、エビフライ、照り焼きチキン、鶏の唐揚げ、ローストビーフなどもよく合います。魚介類には青シソや大根、きゅうりを一緒に巻いて醤油で。その他のものにはレタスやアボカドなどを一緒に巻いてマヨネーズなどつけて食べるのも人気の組み合わせです。いろいろなバリエーションを試して自分好みの一品を作ってみてくださいね!

手巻き寿司の準備をしましょう!

人数と好みに合わせて手巻き寿司の具材を決めたら、あとは必要なものを準備しましょう。

手巻き寿司に必要なもの

「手巻き寿司」を作るのに必要なものをご紹介します。海苔と酢飯、具材は必須です。
具材の種類は多いほうが色々な手巻き寿司を楽しめて盛り上がりますよ。

▼食材▼
・海苔…具材と酢飯を巻くのに必須です。
・米…酢飯にします。
・酢と砂糖と塩、もしくは出来上がっている寿司酢…酢飯を作るのに使います。
・具材…魚介類や青シソ、キュウリ、その他好みの具材を用意。
・醤油
・わさび
・マヨネーズなど

▼道具▼
・寿司桶、もしくは大きいボウル
・しゃもじ、もしくは米を切り混ぜできるもの
・うちわ…酢飯を扇いで冷まします。

具材の準備

次は具材の準備をしましょう。魚介類は、すでに切り分けられたものを使うと楽です。それ以外の具材のサイズはお好みで大丈夫ですが、縦長のほうが、海苔に巻きやすく食べやすくなります。
青シソ(カット不要)やキュウリや大根(スティック状もしくは千切りカットがおすすめ)、さっぱりとした刺身だけではなく揚げ物があると味に変化がでて、より「手巻き寿司」を楽しめます。
海苔は酢飯と具材が巻けるくらいのお好みの大きさで。正方形がおすすめです。

酢飯の準備

(米3合(4人前)の寿司酢の配合の目安)
酢…大さじ4
砂糖…大さじ2
塩…小さじ1と2/3

1. 米を良く研いで、水加減は米よりもやや少な目(米3合につき540cc弱)で炊きます。
2. 米が炊き上がったら10分ほど蒸らします。
3. 炊き上げた飯を寿司桶(もしくはボウル)に移します。その時しゃもじでご飯を広げます。
4. 寿司酢(酢と塩や砂糖などをよく混ぜ合わせたもの)を回し掛け、うちわで扇ぎ冷ましながら切り混ぜます。
5. 米が寿司酢となじんだら完成。


手巻き寿司の作り方

さて、素材の準備が終わったら「手巻き寿司」を作りましょう。酢飯はしゃもじなど、具材は箸などを使うとバランスよく海苔に乗せることができます。具材を多く入れ過ぎると巻きにくいので気を付けて。

1. 海苔の上に酢飯を広げて乗せる。具材も入れるので酢飯は少なめに。
2. 酢飯の上に好きな具を乗せる。
3. 海苔を手でくるっと巻いて中の酢飯と具材を包む。

仕上がりの形にも決まりはありませんが、上手に巻くと写真のような仕上がりになるので、ぜひチャレンジしてみてください。

手巻き寿司の食べ方

見事に「手巻き寿司」ができたら、あとは具材に合う調味料を適宜つけながら、美味しくいただきましょう!

美味しく食べるポイント!

・具材は魚介類から野菜、揚げ物まで、バラエティ豊かに揃える。
・具材は彩りよく用意する。
・海苔で巻くとき、酢飯は少なめにする。
・色々な調味料を用意する(ゴマなども良く合います)。
・酢飯は冷める過程で酢が浸透するので、きちんと冷ます。

ポイントをおさえて、ぜひ「手巻き寿司」を美味しく楽しんでくださいね!

いかがでしたか?今回の記事を参考に、ぜひ自宅で手巻き寿司にチャレンジしてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事