WOW! JAPAN

鉄道の旅におすすめ!ジャパン・レール・パスの利用方法

日本中の鉄道がリーズナブルに利用できる「ジャパン・レール・パス」は、複数都市を巡る方の必須アイテム。その詳細を知って、日本の旅をもっと快適にしちゃいましょう!

2016.12.21

ジャパン・レール・パスとは?

ジャパン・レール・パスとは、日本全国に鉄道路線を張り巡らせるJRグループが共同提供する特別企画乗車券。外国人旅行者を対象としたもので、有効期間中はJRグループが運行する鉄道全線のほか、適用範囲内の路線バスやフェリーが乗り放題になります。主要都市を結ぶ新幹線も、各都市内での移動に便利な普通列車も乗車OK。鉄道で複数都市を旅するなら、断然お得&便利でおすすめです!

また、券種はグリーン車(1等車両のこと)用と普通車用の2タイプ。それぞれに7日・14日・21日間用が用意されており、その種類によって適用範囲や有効期間が異なります。

ジャパン・レール・パスとは?

購入前に知っておくべき3つのこと

1. 利用資格

パスを利用できるのは、下記(1)(2)のいずれかに該当する方のみです。

(1) 外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で日本を訪れる外国人旅行者
(2) 日本国籍をもって日本国外に居住し、下記条件を満たす者
a. その国に永住権をもっている場合
b. 日本国外に居住する外国人と結婚している場合

(1)に該当する方は入国の際、パスポートに「短期滞在」のスタンプ/シールを受ける必要があります。自動化ゲートを使用するとスタンプ/シールが押されませんので、有人のゲートを利用するか係員に申し出ましょう。

2. 利用条件

次に「利用条件」についてです。短期滞在の入国資格を持たない方は、利用することができません。そのほかにも、下記のような制約があります。

・有効期間は利用開始日から連続する7日、14日、21日間
・乗車できるのはJR線のみ(東京モノレールはOK、その他の私鉄会社線はNG)
・東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」号・「みずほ」号は乗車不可
・JRバス各社の高速バス路線区間は乗車不可
・JR九州高速船の博多-釜山ジェットフォイルは乗船不可
・列車や座席のグレード・種類によっては追加料金が必要  …etc

3. 来日前の購入が必須

最後に注意しておきたいのが、日本国内での販売はされていないという点。必ず来日前に、各国の所定販売店(JTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、東武トップツアーズ、日本航空、全日空、ジャルパック)や代理店にて「引換証」を購入しておきましょう。※日本航空と全日空では、JALやANAグループの飛行機へ搭乗する方へのみ販売

利用方法は?

1. 購入〜引き換え

各国の指定販売店・代理店で購入できるのは、ジャパン・レール・パスへの「引換証」です。そのままでは鉄道などを利用することはできません。日本に到着したら、全国の主要空港や駅にある引換所にて引換証とパスポートを提出し、パスを受け取りましょう。入国後すぐに空港で済ませておくとスムーズです。※引き換え期限は購入日から3ヵ月以内

※成田空港のJR EAST Travel Service Center

2. 指定席の予約〜乗車

引き換えが完了したら、いよいよ乗車!自由席ならパスを提示するだけでOK。自動改札は通れないので、必ず有人改札を利用しましょう。指定席の場合は、改札を通る前にJRの駅にある旅行センターやみどりの窓口などで指定席券の交付を受ける必要があります。乗車直前でも可能ですが、前日までに予約をしておくと安心です。

いかがでしたか?ジャパン・レール・パスを使用すれば交通費を安く抑えられるので、より多くの都市を観光したり、浮いたお金で買い物を楽しんだりと、大充実の旅になること間違いなし!ぜひ利用してみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nomura

WOW! JAPAN
WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!