WOW! JAPAN

その他エリア

豆知識

日本のおすすめアウトドアスポット5選

2016.06.02

Writer name : 9asakura

自然が豊かな日本には、ハイキングや釣りや渓流下りといったアウトドアスポーツにおすすめのスポットがたくさんあります。今回は、そんなアウトドアが楽しめるおすすめのスポット5選をお届けします。

1. 鹿児島・屋久島(トレッキング)

日本でトレッキングをするなら屋久島がおすすめ。九州・大隅半島の南約60kmほどのところにあるこの島には、標高1,936mの宮之浦岳を筆頭に、標高1,000mを超える山々が40数峰連なり、「洋上のアルプス」とも呼ばれています。また、樹齢1,000年を超える巨大な杉の木(屋久杉)でも有名です。島内最大の「縄文杉(じょうもんすぎ)」は樹齢7,200年とも言われています。この名物縄文杉に至るには荒川登山口からトロッコ道を中心にしたトレッキングでおよそ6時間ほどかかります。往復で約22kmの距離になるので準備はしっかりと!!本格的なトレッキングに自信のない人や、時間に余裕のない人には軽装で屋久杉を見ることができるヤクスギランドがおすすめ。こちらでは推定樹齢1,800年の「仏陀杉(ぶっだすぎ)」をはじめ、「天柱杉(てんちゅうすぎ)」、「三根杉(みつねすぎ)」などの巨木を見ることができるほか、高山植物や、野生動物を観察することもできますよ。


1. 鹿児島・屋久島(トレッキング)


公益社団法人 屋久島観光協会公式ホームページ(日本語のみ)

2. 群馬・みなかみ町(ラフティング)

ゴムボートで急流を下るラフティングは、大自然の中でスリリングな体験ができるアクティビティとして大人気です。現在日本では50以上の河川でラフティングを楽しむことができます。中でもおすすめのスポットは群馬県みなかみ(水上)町です。日本を代表する河川、利根川(とねがわ)の最上流に当たる水上は、関東地方で唯一、日本海側気候に分類される地域で、冬場の積雪量が多いのが特徴で、雪解け水が川に流れ込む4~7月は川が増水し、世界レベルの激流ラフティングを楽しむことが出来ます。みなかみは温泉地としても有名なので、ラフティングでハラハラドキドキの体験をした後に、のんびり温泉につかってリラックスするのも魅力の1つです。


2. 群馬・みなかみ町(ラフティング)


みなかみ町観光協会公式ホームページ

3. 静岡・富士山(登山)

古来より信仰の対象として崇められてきた富士山は、2013年に世界遺産に登録されたこともあり、年々登山客が増加し続けています。現在使用されている富士登山道には、静岡県側の「富士宮ルート」「須走ルート」「御殿場ルート」、山梨県側の「吉田ルート」の4つがありますが、最もポピュラーなのは吉田ルート。東京方面からアクセスしやすく、山頂までの間に山小屋がたくさん設置されているので、途中休憩や、急な天候の変化の際にとても便利ですが、他のルートに比べ歩行距離が長いので、体力に自信のない人は注意が必要です。登山シーズンは例年7月から9月中旬までですが、その年の残雪状態によって変わるので、事前に公式ウェブサイト等でチェックしてくださいね。


3. 静岡・富士山(登山)


富士登山公式ホームページ

4. 北海道・ニセコ(熱気球)

いつか大空を飛んでみたいというあなたにおすすめなのがニセコ町の熱気球渓流フライト。ニセコといえば、ウィンタースポーツのイメージがありますが、実は夏のアクティビティも充実しているんです。ニセコ連峰の主峰であるニセコアンヌプリにあるニセコアンヌプリ国際スキー場では、夏の間、熱気球の係留体験を行っています。体験できるのは風が穏やかな早朝と夕方の1日2回で、1歳児から熱気球に乗ることができるます。バスケットに乗り込み、点火されたバーナーから作り出された空気でバルーンが徐々に膨らみ、ゆったりと地上を離れていく感覚は飛行機などでは絶対に味わえない体験です。乗り込む前はちょっと不安かもしれませんが、空の上から眺める北海道の大自然の美しさは格別。旅のいい思い出になること間違いなしです。
※画像はイメージです。


4. 北海道・ニセコ(熱気球)


北海道ニセコ町公式ホームページ

5. 東京・御蔵島(みくらじま)(ドルフィンスイム)

折角日本に来たのだからマリンアクティビティを楽しみたいという人におすすめなのが、「ドルフィンスイム」です。ドルフィンスイムは、その名のとおりイルカと泳ぐアクティビティ。日本国内にはイルカと泳げるスポットはたくさんありますが、何といってもおすすめなのが、伊豆諸島にある御蔵島村です。この島の周辺には野生のイルカがおよそ100頭ほど生息しており、ほぼ100%の確率でイルカに出会うことができます。御蔵島村のイルカたちは人間を怖がらない世界的にも珍しい品種だそうで、時には30分以上も一緒に泳げたりするそうですよ。野生のイルカたちと大海原を泳ぐという特別な経験は忘れられない思い出になること間違いなしですよ。
なお、ドルフィンスイムはライフジャケットをつけて体験できるので、スキューバ-などの資格がいらないのも嬉しいですね。


5. 東京・御蔵島(みくらじま)(ドルフィンスイム)


みくらしま観光案内所公式ホームページ

自然を満喫できるアウトドアアクティビティ、いかがしたでしょうか?日本というと高層ビルなど近代的なイメージが強いですが、自然を楽しむ観光スポットもたくさんあるんです。ぜひ、色々チャレンジしてください!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!