close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

「ポスト宮崎駿」との呼び声も高いアニメ監督・細田守。2018年夏には最新作「未来のミライ」が公開され、多くの注目を集めました。そこで今回は、彼の過去作に登場するシーンのモデルとなったスポットをご紹介!

細田守監督とは?

日本の大手アニメ制作会社にてアニメーターとしてのキャリアをスタート。1997年に演出家、1999年に映画監督デビューし、その後フリーランスとして活動。「時をかける少女」が大ヒットを記録し、国内外で注目を集めました。その後、自身初のオリジナル作品「サマーウォーズ」を発表。2011年に自身のアニメ映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、「おおかみこどもの雨と雪」、「バケモノの子」といった話題作を生み出してきました。
最新作である「未来のミライ」は、第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出。海外での評価も高く、「ポスト・宮崎駿」として期待されています。

映画「サマーウォーズ」とその舞台

主人公は、内気な17歳の少年・小磯健二。アルバイトを頼まれ、憧れの先輩・夏希とともに、長野にある彼女の田舎を訪れる。そこには、古くから続く戦国一家・陣内(じんのうち)家の一族が集まっていました。彼らとともに過ごした夜、健二のもとに謎の数字が連なったメールが届くが、それがきっかけとなり翌朝には世界が一変。インターネット上の仮想世界「OZ」へのサイバー攻撃により現実世界のシステムが狂わされる事態に…。突如世界を襲った危機に、健二と夏希、陣内家の人々が力をあわせて立ち向かう姿を、「家族の絆」をテーマに描いた物語です。

映画「サマーウォーズ」とその舞台

上田電鉄別所線

ヒロイン・夏希の田舎の舞台となったのは長野県上田市。劇中で健二と夏希は、新幹線に乗って上田駅を訪れていました。上田駅についた2人は、夏希の親戚と合流しながら陣内家へと向かいます。そのときに利用していた電車が「上田電鉄別所線」。劇中では、「角間温泉」行きとなっていましたが、実際は「別所温泉」行き。乗っていたのは、丸窓が特徴の人気車両「まるまどりーむ号」です。

上田電鉄別所線

長野県上田市天神1

上田城跡公園

陣内家に到着した2人を出迎える立派なお屋敷の門。そのモデルとなったのは、上田城跡公園の「東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)」です。
ちなみに、屋敷のある場所のモデルはまた別に存在。「砥石・米山城跡」という上田市街地を一望できる場所で、そこからの風景は作品のなかでも描かれています。

観覧料:大人300円、高校・大学生200円、小・中学生100円

上田城跡公園

長野県上田市二の丸6263-イ

映画「おおかみこどもの雨と雪」とその舞台

「おおかみおとこ」と恋に落ちた主人公「花」。一緒に暮らしはじめた2人のあいだに生まれたのは、活発で好奇心旺盛な姉「雪」とひ弱で臆病な弟「雨」。人間とおおかみ、ふたつの顔を持つ「おおかみこども」でした。都会の片隅でひっそりと暮らす4人でしたが、おおかみおとこは、ある日突然帰らぬ人に。残された花は、子どもたちが将来、人間かおおかみか、どちらでも選べるようにと、人里離れた田舎町に移り住むことを決意する…。1人の女性の恋愛・結婚・出産・子育て、そして子どもたちの成長と自立。「親子」という普遍的なテーマを描いた作品です。

映画「おおかみこどもの雨と雪」とその舞台

富山県上市町の風景

花が「おおかみこども」を育てる場所に選んだ田舎町は、細田守監督の出身地・富山県上市町がモデル。美しい棚田が広がる東種地区や、雄大な立山連峰の眺望をはじめ、劇中に何度も登場した風景が広がっています。親子3人が暮らす家も、上市町にモデルとなる建物が存在。築130年以上の古民家で、現在は「花の家」として公開。内部を見学することもできます。

富山県上市町の風景

富山県中新川郡上市町浅生18

みくりが池

成長した雨が、おおかみの姿となって山々を疾走するシーン。その舞台となったのが、富山のシンボル「立山」。3,000m級の山々が連なる立山連峰の主峰で、観光山岳ルートが整備されています。ルート上の「室堂」にある「みくりが池」は、雨が「先生」と慕うキツネに連れられて訪れた場所。劇中では池から望む立山連峰も描かれていました。
そのほかにも、幅2km、高さ500mの「悪城の壁」、日本一の落差を誇る「称名滝」などが登場します。

みくりが池

富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林

一橋大学

花とおおかみおとこが出会った「東京の外れにある国立大学」は、東京・国立市にある「一橋大学」がモデル。校門として描かれたのは、国立キャンパスの「西正門」。劇中では門の向こうに「附属図書館」も描かれていました。キャンパス内には、2人が講義を受けていた校舎「本館」もあります。
JR国立駅からキャンパスへと続く並木道「大学通り」も劇中にたびたび登場。2人がよく待ち合わせた喫茶店「白十字」も、通り沿いに実在しています。

一橋大学

東京都国立市中2-1

映画「時をかける少女」とその舞台

高校2年生の主人公・真琴とその同級生・功介と千昭。彼らの友情と、恋愛模様が描かれた青春SF映画。ふとしたきっかけで時間を飛び越えて過去に戻る「タイムリープ」の力を手に入れてしまった真琴は、ひとたび使い方を覚えると、その能力を日常のささいな願いを叶えるために使っていた。そんなある日、真琴は親友・千昭から思わぬ告白を受ける。これまでの関係が壊れてしまうことを恐れ、タイムリープを繰り返す真琴だったが、その能力には秘密があり…。かけがえのない時間がそこにあったことに気づいた真琴は、驚くべき真実に辿りつく。

映画「時をかける少女」とその舞台

東京国立博物館

劇中の舞台となった場所は、東京都内に複数分布しています。たとえば、真琴たちが野球をする「哲学堂運動施設 野球場」や真琴の自宅のモデルとされた「新宿区立 林芙美子記念館」、踏切シーンの「西武新宿線・中井駅」など。
なかでも再現度が高いのが「東京国立博物館 本館」。真琴の叔母「魔女おばさん」こと芳山和子が働いている博物館です。タイムリープについて相談に来た真琴が和子を待っていたのは、大階段のあるエントランス。劇中では展示室も描かれていました。

観覧料:一般620円、大学生410円

東京国立博物館

東京都台東区上野公園13-9

映画「バケモノの子」とその舞台

主人公は、東京・渋谷にひとりぼっちで生きる少年・九太。渋谷をさまよっていた彼は、ある日バケモノたちが住む「渋天街(じゅうてんがい)」に迷いこんでしまう。そこで出会ったバケモノ・熊徹の弟子となり、修行の日々を通して「本当の強さ」を学んでいく。やがて青年へと成長した九太は、突然起きた現実世界と渋天街の危機に立ち向かっていく…。人間界とバケモノ界、交わるはずのないふたつの世界が交差する物語を通して、少年の成長や親子の絆などが描かれています。

映画「バケモノの子」とその舞台

ハチ公前交差点

「人間界」は東京・渋谷の街がリアルに再現されていました。劇中何度も登場したのは、街を象徴するスクランブル交差点「ハチ公前交差点」。ポスターなどのメインビジュアルでは、JR渋谷駅前ハチ公口近くの広場から見て北西、スターバックスコーヒーが入っている建物を中央に見た構図で描かれています。その建物の西側に延びる通り「渋谷センター街」も、劇中後半、バトルの舞台となった場所です。

ハチ公前交差点

東京都渋谷区道玄坂2-1

いかがでしたか?アニメが好き、細田監督の作品が好きという方は、この記事を見ながら「聖地巡礼」に出かけてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!