close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

大磯ロングビーチ

夏に日本を訪れるなら、プールのあるテーマパークに行くのがおすすめ。ウォータースライダーをはじめ多種多様な遊び方ができるんですよ。今回は日本全国のおすすめスポットを5つご紹介します!

1. よみうりランド(東京)

遊園地よみうりランドの「プールWAI」は、東京にいながらリゾート気分を満喫できるスポットです。水面積3,323平方メートルの広さを誇るビーチ感覚の「波のプール」をはじめとしたユニークなプールを5つ完備。さらに長さ386mの4人乗りゴムボートで滑降する「ジャイアントスカイリバー」を含むスライダーも3種類あります。のんびりと楽しんだり、満点のスリルを味わったりと、色々な遊び方ができますよ。

2018年の営業期間:6月30日(土)〜9月9日(日)
プール入場料(プール入場+遊園地入園):大人(18歳~64歳)3,200円、中高生2,500円、3歳~小学生2,100円、シルバー(65歳以上)2,000円

(C)よみうりランド

(C)よみうりランド

1. よみうりランド(東京)

東京都稲城市矢野口4015-1

2. 大磯ロングビーチ(神奈川)

海岸沿いに位置するリゾート施設。最大高さ0.8mの波が押し寄せる「波のプール」や最大10mの飛び込み台を有するスリル満点の「ダイビングプール」、全長140mの「ウォータースライダー」などがあり、子どもから大人まで楽しめます。

2018年の営業期間:7月7日(土)~9月17日(月)
入場料金
・1日券:大人4,000円、中高生2,800円、小学生・65歳以上2,200円、幼児(3歳〜未就学児童)1,000円
・2:00 pmから割引券:大人2,400円、中高生1,800円、小学生・65歳以上1,200円、幼児(3歳〜未就学児童)600円
※幼児の7月入場料は無料
※刺青・タトゥー(シール含む)をされた方の入場は不可となっております

大磯ロングビーチ

大磯ロングビーチ

2. 大磯ロングビーチ(神奈川)

神奈川県中郡大磯町国府本郷546

3. ナガシマスパーランド(三重)

ナガシマスパーランドの「ジャンボ海水プール」は、総面積75,000平方メートルを誇る日本最大のプール。約10種類のプールと約11種類のスライダーを楽しめます。総水量6tの水が勢いよく吹き出るウォータージャングルジム「ジャパーーーーン」や、世界初!世界最大級の6人乗りウォータースライダー「ブーメランツイスト」など、多彩なアトラクションが勢ぞろいです。

2018年の営業期間:6月30日(土)〜9月24日(月)
一般入場券(プール利用+遊園地入場):大人(中学生以上)3,700円、小学生2,700円、幼児(2歳〜)1,500円

ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール

ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール

3. ナガシマスパーランド(三重)

三重県桑名市長島町浦安333

4. ハウステンボス(長崎)

「ハウステンボス」では夏に、個性豊かな4つのウォーターパークを楽しめます。たとえば「WAIWAIビーチ」は真っ白な砂浜の広がるプールエリア。ジェットコースターのようにアップダウンの激しい「ブーメランスライダー」をはじめ、様々なウォータースライダーを体験できます。夜には、16歳以上限定の屋外プール「OASIS〜オアシス〜」もおすすめ。SNS映えすると人気の光るプールで、約45,000個のピンポン玉が浮かび、マッピング映像が幻想的な雰囲気を演出します。この他にも様々なアトラクションが揃っていて、一日では遊び尽くせないほどですよ。

2018年の営業期間:6月30日(土)〜9月9日(日)
料金例:1DAYパスポート大人7,000円、散策チケット大人4,500円ほか

(c)ハウステンボス/J-18277

(c)ハウステンボス/J-18277

4. ハウステンボス(長崎)

長崎県佐世保市ハウステンボス町

5. グリーンランド(熊本)

「グリーンランド」の「ウォーターパーク」では、9種類のプールを完備。水鉄砲などの仕掛けがいっぱいの「ジャブリンタウン」をはじめ、ワクワクするアトラクションが満載です。特に日本最大級の高さと傾斜を誇るウォータースライダー「ウルトラフォール」が圧巻。最高時速60kmで滑り降りるスリル満点の体験が可能です。園内にはキッズ向けスライダーもあり、子どもから大人まで楽しめますよ。

2018年の営業期間:7月20日(金)〜9月2日(日)※7月15日(日)開催予定の花火大会が延期した場合、オープン日が変更
ウォーターパークセット券(入園+プール):おとな(高校生以上)2,300円、こども(3歳~中学生)・シニア(65歳以上)1,900円

5. グリーンランド(熊本)

熊本県荒尾市緑ヶ丘

テーマパークによっては、タトゥーや遊泳中の撮影禁止などのルールがあります。事前に確認し、マナーを守って楽しくプールを堪能してくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!