close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

フォトスポット満載!絶対行くべき日本全国のジオパーク7選

地球活動が生み出した地形・地質、それらと深く関わりのある人々の生活や歴史が学べるジオパーク。美しい景観が満載で、フォトスポットとしても人気なんですよ。そこで今回は絶景が撮れるジオパーク7選をご紹介。

1. 山陰海岸ジオパーク(京都・兵庫・鳥取)

京都・兵庫・鳥取の3県にまたがる広大なジオパーク。その特徴は約2,500万年前の日本海形成に関わる火成岩類や地層、海面・地殻変動により形成されたリアス海岸、砂丘・砂州といった多彩な海岸地形など。代表的なのは、日本最大級の砂丘「鳥取砂丘」。風と砂がつくりだす風紋や砂柱、砂簾など、神秘的な美しさが楽しめます。京都・丹後半島の南北に流れる竹野川河口にそそり立つ安山岩の巨岩「立岩」も印象的。

1. 山陰海岸ジオパーク(京都・兵庫・鳥取)

兵庫県美方郡新温泉町芦屋水尻(浜坂県民サンビーチ内)

2. 洞爺湖有珠山ジオパーク(北海道)

太古の火山活動が生み出した美しい風景や温泉、豊かな食材が満喫できるジオパークです。代表的な見どころは、約11万年前に起きた巨大な噴火によって形成された「洞爺カルデラ」。この直径10 ㎞程のカルデラに水がたまり、現在の洞爺湖となったんですよ。有珠山のロープウェイ(大人往復1,500円(税込))からは、約70年前にできた火山「昭和新山(国の天然記念物)」が一望できます。

2. 洞爺湖有珠山ジオパーク(北海道)

北海道有珠郡壮瞥町字昭和新山184-5

3. 島原半島ジオパーク(長崎)

日本有数の活火山・雲仙岳がそびえる島原半島。火山をメインテーマとしたジオパークで、半島のなりたちや人々の暮らし、火山や海、風によって形成された岩石や地層などに触れることができます。ぜひ訪れてほしいのは、火山活動によって高温の温泉と噴気が噴出する「雲仙地獄」。普賢岳の噴火活動でできた溶岩ドームであり、日本で最も新しい山である「平成新山(国の天然記念物)」も必見です。

3. 島原半島ジオパーク(長崎)

長崎県島原市平成町1-1

4. 室戸ジオパーク(高知)

室戸ジオパークは、海と陸が出会い、新しい大地が誕生する場所。約1億年前から現在に至るまで、大地が隆起しつづけるダイナミックな地殻変動を観察することができます。たとえば、「行当-黒耳海岸」。この周辺には、約4千〜3.5千万年前の深海底で砂と泥が交互にたまってできた地層が広がっています。「室戸岬」には最も多くのジオスポットがあり、巨大地震によって隆起した海岸やマグマの痕跡など見どころ満載。

4. 室戸ジオパーク(高知)

高知県室戸市室戸岬町1810-2

5. 阿蘇ジオパーク(熊本)

阿蘇ジオパークは阿蘇火山の大地と人間生活がテーマ。世界有数の規模を誇る「阿蘇カルデラ」に刻まれた噴火の記憶や、今なお噴煙を上げ続ける「中岳火口※」の湯だまりをはじめとする特殊な火山景観の観察が可能。阿蘇外輪山の最高峰「大観峰」は、絶好のビュースポットとして知られています。また、湧き水や温泉など、火山がもたらした恵みと人々の暮らしに触れることもできます。

※2017年12月現在、火口周辺1km範囲内への立ち入り規制中

5. 阿蘇ジオパーク(熊本)

熊本県阿蘇市黒川808-5

6. 隠岐ジオパーク(島根)

島根半島の北、日本海に浮かぶ隠岐諸島。かつては大陸の一部であったり、海の底となったり、火山活動によって隆起したり、その姿はさまざまに変化。氷河期には海面が下がり島根半島と陸続きになりましたが、約1万年前に温暖化によって海面が上昇し現在の離島の形になりました。諸島最大の島・島後の見どころは、ローソクさながらの小島「ローソク島」。条件が揃えば、ローソクに灯りがともったような夕景が見られるんですよ。西ノ島・国賀海岸のダイナミックな自然景観も必見。

6. 隠岐ジオパーク(島根)

島根県隠岐郡隠岐の島町岬町1889-12

7. 糸魚川ジオパーク(新潟)

日本列島の形成を示す貴重な地質や美しい景観が楽しめるジオパーク。見どころは、5億年もの年月をかけて形成された岩石や地層、日本を分断する断裂帯・フォッサマグナ、多様な生態系など。「高浪の池」では、約3億年前のサンゴ礁が変化した明星山・大岩壁と池がおりなす絶景が楽しめます。また糸魚川は世界最古のヒスイ文化の発祥地。小滝川ヒスイ峡の名で親しまれる「小滝川硬玉産地(国の天然記念物)」では、ヒスイ原石と石灰岩の大岩壁が見られます。

7. 糸魚川ジオパーク(新潟)

新潟県糸魚川市一の宮1-2-5

美しい景観のほか、多種多様な生態系やおいしい食べ物などもジオパークの魅力のひとつ。この記事で気になるスポットを見つけたら、ぜひ実際に訪れてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!