close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

かわいい野生動物を間近で見られる日本全国のスポット6選

近代的なイメージのある日本ですが、実は野生の動物が見られる場所もたくさんあるのをご存知ですか?そこで今回は、日本全国にある人気スポット6選をご紹介!かわいい動物に癒されたい人必見です。

1. 宮城蔵王キツネ村(キツネ・宮城)

最初にご紹介する「宮城蔵王キツネ村」では、森の中に整備された園内に100頭をこえるキツネが放し飼いにされています。種類は、キタキツネ、銀ギツネ、青ギツネ、プラチナギツネ、シャドーギツネ、十字ギツネの合計6種。園内を歩くと、キツネたちが後ろをついてきたり、かわいらしく衣服を引っ張ってきたり、今まで知らなかった生態に触れられます。
そのほかにも、ウサギやヤギ、ポニーなどの動物たちと触れ合うことができますよ!また、売店ではたくさんのキツネグッズが販売されています。

入園料:中学生以上1,000円(税込)、小学生以下無料

1. 宮城蔵王キツネ村(キツネ・宮城)

宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

2. 地獄谷野猿公苑(サル・長野)

続いてご紹介するのは、長野県北部にある「地獄谷野猿公苑」。こちらは、深く険しい山林地帯に生息しており、なかなか姿を見ることのできない「ニホンザル」を間近で観察できる貴重なスポットです。人間との間に柵もない自然環境を利用した造りになっており、野生のニホンザルたちが園内に自由に出入りできるよう配慮されています。
また、こちらの公苑のサルたちは、冬には厳しい寒さをしのぐため、辺りに湧く温泉に入ることでも有名。入浴中の写真が1970年にアメリカ「LIFE」誌の表紙になったこともあり、広く世界にも知られています。

入苑料:大人(18歳以上)800円(税込)、こども(小学生~高校生)400円(税込)

2. 地獄谷野猿公苑(サル・長野)

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

3. 嵐山モンキーパーク いわたやま

次にご紹介するのは、京都にある「嵐山モンキーパーク いわたやま」です。自然いっぱいの園内で約120頭のニホンザルが野生の状態で暮らしており、山頂にあるエサ場では餌付け体験ができます。京都市内を一望できる展望台も備えられ、春には桜、秋には紅葉が美しい嵐山の素晴らしい景観を眺められるのも魅力的です。約100種もの野鳥や鹿などの、サル以外の動物に出会えることもあるので、ぜひ訪れてみてくださいね!

入園料:大人(高校生以上)550円(税込)、こども(4歳〜中学生まで)250円(税込)

3. 嵐山モンキーパーク いわたやま

京都府京都市西京区嵐山

4. 奈良公園(シカ・奈良)

続いては、東西4km・南北2kmにもおよぶ広大な面積をもつ奈良市街の都市公園をご紹介。敷地内には、有名な東大寺や世界遺産・春日大社、原始林の生い茂る春日奥山など、奈良を代表するスポットが集約されています。
園内には1,200頭もの鹿たちが生息していますが、園で飼育しているわけではなく、国の天然記念物に指定されている、れっきとした野生動物。鹿は奈良時代(710年~794年)より神様の使いとして大切にされてきた動物で、奈良のシンボルとして愛されています。園内では鹿のエサも販売されているので、餌付け体験もできますよ!

入園料:無料

4. 奈良公園(シカ・奈良)

奈良県奈良市春日野町外

5. 大久野島(ウサギ・広島)

続いてご紹介する「大久野島」は、瀬戸内海に浮かぶ周囲約4kmの小さな島です。国立公園に指定されており、約700羽以上ともいわれる多くの野生のウサギが棲息することで知られています。毛の長いものや耳の垂れたものなど、種類も毛色もさまざま。島のあちこちに巣穴を掘って生活しています。あちこちを跳ね回り、エサを食べる仕草はとってもキュート。癒されること間違いなしです。
また、島には宿泊もでき、温泉やキャンプ場があったり、サイクリングや海水浴なども楽しめるので、レジャースポットとしても人気があります。

5. 大久野島(ウサギ・広島)

広島県竹原市忠海町大久野島

6. 青島(ネコ・愛媛)

最後にご紹介するのは愛媛県大洲市にある「猫の楽園」、青島です。周囲4.2kmととても小さな島で、住民約16人に対して、猫の数はなんと100匹以上!島のいたるところで猫たちに出会うことができます。
島への移動は、1日2便の定期船を利用。JR伊予長浜駅から徒歩約1分の長浜港より船に乗りますが、基本的には島民優先運行となります。小さな島で観光地化されていないため、民宿や商店、自動販売機などもないのでご注意を。

6. 青島(ネコ・愛媛)

愛媛県大洲市長浜町青島

いかがでしたか?かわいい日本の動物たちに会いに、今回ご紹介したスポットにぜひ遊びにきてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!