close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

動物の温泉浴が見られるスポット5選

日本観光といえば温泉が有名。入浴して心地よさを体感するのもいいですが、温泉浴をする動物たちのかわいい姿に癒やされるという楽しみ方もあるんですよ!そこで今回は温泉を楽しむ動物たちに会える施設5選を紹介。

1. 函館市熱帯植物園 (北海道)

まずご紹介するのは、北海道にある「函館市熱帯植物園」。園内の一角に約90頭のニホンザルが遊ぶ「さる山」があり、冬になると温泉を楽しむ姿を観察することができるんですよ。
サルは元々水が嫌いですが、ここのサルたちは約8割が温泉好き。温かい湯に浸かりのんびりくつろぐ、かわいい姿に癒されること間違いなしですよ。エサやり体験(えさ1袋100円)をすることもできます。
入園料:一般300円、小中学生100円
※温泉に浸かるサルが見られるのは12月〜5月上旬

1. 函館市熱帯植物園 (北海道)

北海道函館市湯川町3-1-15

2. 地獄谷野猿公苑 (長野県)

長野県の人里離れた山奥にある「地獄谷野猿公苑」でも、温泉に浸かるニホンザルに出会えます。
標高850mの場所にあり、冬場の最低気温は-10度以下、1mを越える雪に覆われます。そんな厳しい環境に暮らすサルたちが、寒さをしのぐため公苑内の温泉に浸かりに来るんですよ。仲良く温泉に浸かりながら毛づくろいをする様子や、心地よさそうな表情も見逃せません!
入苑料:大人800円、こども400円(全て税込)
※温暖な時期にはあまり温泉に浸かりません

2. 地獄谷野猿公苑 (長野県)

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

3. 那須どうぶつ王国 (栃木県)

「那須どうぶつ王国」は、栃木県にあるテーマパーク型の動物園。園内には、温泉に入るカピバラを見ながら自分も入浴できる全国初の施設「カピバラの湯」があるんですよ。
カピバラ専用の露天風呂と人間専用の内風呂があり、ガラス越しに温泉浴をするカピバラが観察可能。かわいい入浴姿と温泉で、身も心もリフレッシュ!まるでカピバラと混浴している気分が味わえます。
入国料:大人2,000円、こども1,000円
※冬季は土日のみ営業。入国料:大人1,200円、こども700円になります。
※カピバラの湯は別途入浴料(大人500円、こども250円)が必要
※冬季の温泉はカピバラ不在

3. 那須どうぶつ王国 (栃木県)

栃木県那須郡那須町大島1042-1

4. 伊豆シャボテン動物公園 (静岡県)

「カピバラ露天風呂」の発祥の地といわれているのが、静岡県の「伊豆シャボテン動物公園」。1,500種類のサボテンや、カピバラをはじめ120種類の動物たちと触れあえるスポットです。
1982年の冬、掃除中に偶然できたお湯だまりにカピバラたちが気持ちよさそうに浸かっているのを飼育員が発見。そこからカピバラ露天風呂が誕生し、今では伊豆の冬の風物詩となっています。幸せそうに入浴するかわいい姿は一見の価値あり!
入園料:大人2,300円、小学生1,100円、幼児400円

4. 伊豆シャボテン動物公園 (静岡県)

静岡県伊東市富戸1317-13

5. 箱根園水族館 (神奈川県)

最後にご紹介するのは、神奈川県の「箱根園水族館」。ここで出会えるのは、「バイカルアザラシ」という淡水域に生息する世界でも珍しいアザラシです。
1日2〜3回開催される「バイカルアザラシショー」では、飼育員が桶とタオルを渡すと器用に掴み「温泉に入る芸」を披露。実際は水族館のプールですが、まるで本当に温泉に浸かっているかのように見えてきます。頭にタオルを乗せ、人間さながらの気持ちよさそうな表情を見せてくれるんですよ。愛嬌たっぷりのしぐさに、思う存分癒やされてくださいね。
入場料:大人1,500円、こども750円(全て税込)

5. 箱根園水族館 (神奈川県)

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

いかがでしたか?どの動物たちの入浴姿も、癒されること間違いなし!季節によって見られない場合もあるので、事前にチェックしてから出かけてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪・泉州の観光スポット満載!

人気ランキング

日本全国 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!