WOW! JAPAN

その他

観光

アニメ・マンガゆかりの日本の場所6選

2016.08.10

Writer name : o-dat

日本のアニメやマンガの舞台になったスポット6選をご紹介します。ここに行けば、それらの世界を体感できること間違いありません。

1. こちら葛飾区亀有公園前派出所(東京・亀有)

「亀有公園前派出所」に勤務する警察官、両津勘吉(通称:両さん)の日常生活をテーマにしたギャグマンガ。主な舞台は東京都の亀有や浅草など。「亀有公園」は実在しますが、「亀有公園前派出所」は実在しません。JR亀有駅周辺の路上には制服姿をはじめ、さまざまな格好をした両さんの像や他登場人物の銅像、駅から徒歩約5分の商業施設「アリオ亀有」内には、このマンガをテーマにした「こち亀ゲームぱーく」があります。また、作中に登場する「亀有香取神社」でも両さんの像に会えますよ!ぜひ、訪れてみてくださいね。


1. こちら葛飾区亀有公園前派出所(東京・亀有)

2. 千と千尋の神隠し(愛媛・道後温泉(どうごおんせん) 他)

スタジオジブリの長編アニメ映画。異世界に迷い込み、神々の訪れる湯屋「油屋」で働くことになった少女、千尋の冒険ファンタジー。「油屋」の外観は、愛媛県にある「道後温泉」や東京・小金井にある「江戸東京たてもの園」を、また、内部の宴会場については東京・目黒の「目黒雅叙園」を参考に描かれています。「道後温泉」に行って、千尋が働いていた湯屋を彷彿とさせる景色を楽しみつつ、温泉に浸かるなんていかがでしょうか?

道後温泉

江戸東京たてもの園


2. 千と千尋の神隠し(愛媛・道後温泉(どうごおんせん) 他)

3. もののけ姫(鹿児島・屋久島 他)

こちらもスタジオジブリの長編アニメ映画。青年アシタカと犬神に育てられた少女サンを中心に、自然を破壊する人間と神々との戦いをテーマにした壮大なスケールの映画。物語の舞台は深い緑に覆われた幻想的で美しい森。この森は、苔や清流が美しい森があり、古代からの自然が今もなお残っている鹿児島の「屋久島」や、ブナの原生林が有名な青森の「白神山地」を参考に描かれています。どちらのスポットも、映画の登場人物が今にも現れそうな雰囲気でおすすめ。

屋久島

白神山地


3. もののけ姫(鹿児島・屋久島 他)

4. ドラえもん(富山・高岡市)

日本を代表するアニメ・マンガ「ドラえもん」ゆかりの地は、作者の出身地である富山県高岡市。「ドラえもん」はもちろん、作者の他の作品も満喫できる「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」をはじめ、主要キャラの像が並ぶ「ドラえもんの散歩道」や、作品でおなじみの空き地を再現した「高岡おとぎの森公園」など、至るところに関連スポットがあります。また、市を走る路面電車にはなんとドラえもんが描かれたものもあり必見です。


4. ドラえもん(富山・高岡市)

5. 美少女戦士セーラームーン(東京・麻布十番)

爆発的な人気を誇り社会現象にまでなったアニメ・マンガ「美少女戦士セーラームーン」は、前世からの使命をもった少女たちがセーラー戦士に変身して、地球の平和を守るストーリー。 作者がマンガ連載中、麻布十番に住んでいたことから、マンガやアニメのさまざまなシーンで麻布十番がでてきます。作中でよく作戦会議に使われた「火川神社」のモデルとなった「氷川神社」や、「仙台坂上」のバス停などが人気スポット。商店街のゲームセンターは現在ファストフード店になってしまいましたが、訪れればセーラームーンの日常にちょっと近づいた気分になれますよ!


5. 美少女戦士セーラームーン(東京・麻布十番)

6. 新世紀エヴァンゲリオン(神奈川・箱根)

巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、謎の敵「使徒(しと)」との戦いを描くストーリー。
物語の舞台となる「第3新東京市」は神奈川県の箱根エリアのことで、作品に登場するスポットは箱根温泉仙石原、箱根湯本駅、小涌谷、芦ノ湖など。また、箱根町観光協会ではスタンプラリーとAR(人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術)を組み合わせた「箱根補完計画ARスタンプラリー」を実施しています。スマートフォンのアプリを使い、GPSによる自分の位置や目的地の方角などの情報を元に、選んだコースのスタンプポイントまで行くと、その場所限定のキャラクターや実物大の3Dエヴァ4機、アイテムをスマートフォンでみることができます。エヴァを探しながら箱根周遊を楽しんでみてはいかがでしょうか。
※「箱根補完計画ARスタンプラリー(期間限定)」の終了時期は未定のため、訪れる前に箱根観光協会公式ホームページをご確認ください。


6. 新世紀エヴァンゲリオン(神奈川・箱根)


箱根町観光情報公式サイト(日本語のみ)

いかがでしたか?日本に来たら、ぜひ好きなアニメ・マンガゆかりのスポットを訪れてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事