WOW! JAPAN

その他エリア

観光

一度は訪れたい!日本の田舎の絶景風景5選

2016.04.28

Writer name : HITODE 3

日本というと、高層ビルや満員電車の人ごみをイメージする人も多いと思いますが、日本にはまだまだ自然あふれる風景がたくさんあります。今回はそんなあなたのイメージを覆す、日本の田舎のおすすめの絶景風景5選をご紹介します。

1. 奥入瀬(おいらせ)渓流(青森県)

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流で、国の特別名勝及び天然記念物にも指定されています。奥入瀬渓流は、緑豊かな自然の中にあり、点在する大小14の滝や数々の奇岩を見ながら森の中を散策することができます。中でも銚子大滝は圧巻!幅20m、落差7mの滝は「大滝」の名の通り圧倒的な水量を誇り、いつ訪れても見ごたえ十分です。また、美しい木々たちの間を縫うように流れる力強い川の流れも見逃せません。躍動感溢れる水の流れと、四季折々で異なる表情を見せる森の緑が作り出す景観はまさに芸術!流れる水の音に耳を傾けながら、清涼な空気を胸一杯に吸い込めば心身ともにリフレッシュできますよ。



1. 奥入瀬(おいらせ)渓流(青森県)


公式ホームページ(日本語のみ)

2. 袋田の滝(茨城県)

久慈川の支流、滝川の上流にあり、高さ120m、幅73mの大きさを誇る「袋田の滝」は日光の「華厳の滝(けごんのたき)」、熊野の「那智の滝(なちのたき)」と並ぶ日本三名瀑(にほんさんめいばく)の一つに数えられています。大きな岩盤を4段に流れ落ちる様から四度の滝とも呼ばれています。「袋田の滝観瀑(かんばく)トンネル」(長さ276m、高さ3m、幅員4m)を抜けると、3つの観瀑台(滝見台のこと)があり、正面から滝を眺めることができます。滝壺の真正面に設置された第2観瀑台からは勢いよく流れ落ちる滝を間近に見ることができ、迫力満点。第2観瀑台よりも51m高いところに設置された第3観瀑台からは、滝の全景を眺めることができます。轟音を立て水しぶきを上げながら勢いよく流れ落ちる水は、まるで生きているかのよう。周囲の自然と水が織りなす風景は芸術的。四季折々多彩な表情を見せてくれるので、ぜひ何度も訪れて欲しいおすすめのスポットです。


2. 袋田の滝(茨城県)


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 投入堂(鳥取県)

鳥取県のほぼ中央に位置する三徳山(みとくざん)に境内を持つ山岳寺院「三仏寺」の奥院に当たる「投入堂」は、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝にも指定されています。物理的にどうやって建てたのか、今もって謎とされている建築物ですが、伝説によると、三仏寺開祖の役小角(えんのおずぬ)が法力でお堂を岩窟に投げ入れたため、投入堂という名がついたと言われています。投入堂は、たどり着くまでに険しい山道を約1時間も登らなければならないため、日本一参拝が難しい場所とも言われています。投入堂までの道のりは、木の根や岩をよじ登ったり、かなりの傾斜のある岩を鎖伝いに登ったりと、想像以上にハードでスリル満点です。でもそれだけにたどり着いた時の感動もひとしお。心地よい汗をかいた後に眺める景色は格別!きっと身も心もリフレッシュできますよ。
※参拝登山希望者は入山時に服装と靴のチェックがあります。また、悪天候の際や、冬場は閉山されるので、事前にWebサイトでご確認ください。


3. 投入堂(鳥取県)


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)(山口県)

山口県長門市油谷の日本海を望む絶景に、赤い鳥居の階段が続く景色が印象的な元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)は、白狐のお告げにより1955年に島根県津和野町太鼓谷稲成(たいこだにいなりじんじゃ)から分霊された神社です。商売繁盛、海上安全、良縁、開運厄除、福徳円満、願望成就など、ご利益はたくさん。鳥居の立ち並ぶ裏参道付近の「龍宮の潮吹」は、水面下の洞窟と連なり、打ち寄せる波が音を立てて、海水を30mも吹き上げるもので、国の天然記念物及び名勝に指定されています。遠くから眺めれば、飛び散るしぶきが太陽を反射して、銀の砂をまくような美しい光景が見られます。真っ青な海と、岩場に押し寄せて白い波しぶきをあげながら砕け散る波と、赤い鳥居の織りなす景色は言葉を失うほどの美しさ。いつまでも目に焼き付けておきたくなる風景ですよ。



4. 元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)(山口県)


長門市観光コンベンション協会公式ホームページ(日本語のみ)

5. 高尾山(東京都)

東京都八王子市にある高尾山は、2007年に富士山と並んでミシュランの旅行ガイドで最高ランクの三ツ星の山に選定されたことで有名です。新宿駅から電車で1時間弱と、都心からのアクセスもよく、標高も599mと低めなので、気軽に登れる山として人気があります。中腹には、数多くの建物や文化財を有する高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)があり、多くの参拝客が訪れます。高尾山の登山コースには、1号路から6号路と稲荷山ルートの計7ルートが用意されていますが、おすすめは表参道とも呼ばれている1号路。1号路の途中には展望台の金毘羅台(こんぴらだい)があり、そこからは八王子市街を見渡すことができます。また、山頂にある大見晴台からの景色は格別で、空気の澄んだ晴れた日には富士山が見えることも!大都市近郊にもかかわらず豊かな自然に恵まれた高尾山。行けば必ず目から鱗の体験ができますよ。



5. 高尾山(東京都)


高尾登山電鉄公式ホームページ(日本語のみ)

四方を海に囲まれ、山岳地帯が国土の約70%を占める日本には、まだまだ緑豊かな美しい土地がたくさんあります。あなたもたまには都会を離れ、田舎の美しい風景を探しに行きませんか?

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!