WOW! JAPAN

その他エリア

観光

見応え十分、日本の水族館!おすすめ6選

2016.04.07

Writer name : umegarden

日本には家族連れでも大人だけでも楽しめる水族館が全国にあります。日本の海を再現したり、工夫をこらした展示はとても興味深く、一味違った思い出となるでしょう。

1. 沖縄美ら海水族館(沖縄県)

沖縄本島北部に位置する水族館で、世界最大級の水槽「黒潮の海」が見所の一つ。ジンベエザメ、ナンヨウマンタなど1万6,000匹もの生き物たちが優雅に泳ぎ、時間がたつのを忘れて見入ってしまうでしょう。また、毎日3:00 pm、5:00 pmには迫力のジンベエザメ餌付けや、美ら海シアターなど様々なプログラムが用意されています。大水槽を上から観覧できる黒潮体験(水上観覧コース)は、ガラス越しでない魚や、飼育員の様子など舞台裏を見ることができてオススメ。また、音声ガイド(日本語、英語、中国語、韓国語)を無料で貸し出しているので、各水槽のガイドを聞きながら見学ができます。1週間前までに公式ホームページからメールによる申し込みが必要ですが、ぜひ利用してみてくださいね。


1. 沖縄美ら海水族館(沖縄県)


公式ホームページ

2. 鴨川シーワールド(千葉県)

千葉県の鴨川市にある水族館です。”命の輝きと、ふれあえる海”をテーマにした様々な楽しみ方ができる水族館です。館内の水槽エリア以外に、4つのパフォーマンスエリアがあり、飼育員がシャチと一緒に水に入り太平洋をバックにジャンプする迫力満点のショーは必見です。また、1日2回飼育員の解説とともに、ペリカンが園内をお散歩します。目の前を通るペリカンの愛らしさはたまりませんよ。フーディングタイム(魚や動物の食事時間)や動物と触れ合えるディスカバリーガイダンス(有料)も用意されています。日常生活では出会うことのない海の生き物たちを心と体で触れ合える時間が過ごせる水族館です。


2. 鴨川シーワールド(千葉県)


公式ホームページ

3. 鳥羽水族館(三重県)

飼育種類数、日本一を誇る「鳥羽水族館」。ワンと泣く”イヌガエル”、5年以上絶食し有名になった”ダイオウグソクムシ"など「へんな生き物研究所」には「なにこれ?」と叫んでしまう生き物がたくさん。ペンギン散歩は10分間ですが、観客をチラチラ見ながら歩く姿は大人にも子供にも、大人気のショーです。また、「セイウチのパフォーマンス笑(ショー)」はおねだりしたり、歯磨きするセイウチに笑いが止まりません。1日3回のラッコのお食事タイムは、短い手でどうやって貝を食べるのか?ぜひ見学してくださいね。「コーラルリーフ・ダイビング」では、世界初の全面ガラスの観覧ギャラリーから感動のダイビング体験を。1日たっぷり遊べる「鳥羽水族館」に、ぜひお出かけくださいね。

※写真はダイオウグソクムシのイメージです


3. 鳥羽水族館(三重県)


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 八景島シーパラダイス(神奈川県)

横浜の人工島に作られた「八景島シーパラダイス」。海のすべてを楽しめる4つの水族館で構成されています。釣った魚を食べられたり(別料金)、自然の海に暮らす魚を観察したり、遊んで学んで食べられる「うみファーム」。なかでも目玉展示の一つ、5万尾ものイワシの群れが織りなす海中のドラマ”サーディンラン”は「アクアミュージアム」で。その姿を水槽の中を通るエスカレーター”アクアチューブ”から見学できます。人気の”海の動物たちのショーWA!!”もこちらのアクアスタジアムで開催されますよ。その他、海の生き物たちと触れ合える「ふれあいラグーン」、イルカをテーマにした幻想的な水族館「ドルフィンファンタジー」と見所がたくさん。見学、体験にとどまらず、自然環境を学んだりと、たっぷり1日楽しめる水族館です。


4. 八景島シーパラダイス(神奈川県)


公式ホームページ

5. 男鹿水族館 GAO(秋田県)

東北地方、男鹿半島の豪快な海岸線にある水族館です。入り口を抜けると「男鹿の海大水槽」の息をのむ美しさに圧倒されるでしょう。「男鹿水族館GAO」では、秋田の自然に関する展示が多く、「ハタハタ博物館」もその一つ。ハタハタとは、秋田の食文化に深く入り込んだ魚でその生態、漁などを学べます。ハタハタでつくる魚醤「しょっつる」の展示もあり、「しょっつる」を使った稲庭うどんを、レストランで食べられます。こちらのレストランは、男鹿の海の眺望が素晴らしいのでぜひ立ち寄ってみましょう。また、人気者ホッキョクグマ豪太のエサの時間のチェックを忘れずに!豪太はとても活発に動き回り、岩影などに隠した餌を探したり、おもちゃで遊んだりと、生き生きとした姿は見ていて飽きません。


5. 男鹿水族館 GAO(秋田県)


公式ホームページ(日本語のみ)

6. すみだ水族館(東京都)

東京の新名所「スカイツリー」にある水族館です。おススメは、クラゲゾーン。大小さまざまな水槽の中でゆらゆらと漂う無数のクラゲは、非日常で癒されると大人気なんです。また、「東京大水槽」にある丸い窓から水槽を覗くと、まるでここから1,000 ㎞も離れた世界遺産小笠原諸島を再現した海に潜っているかのような気分になれますよ。屋内開放のプール型水槽では、ペンギンやオットセイの姿を間近で見ることができます。「すみだ水族館」の規模は、さほど大きくありませんが、季節ごとに音楽イベントが開かれるなど、展示が工夫されていて、都会のおしゃれな水族館という印象を持つ方も多いでしょう。とうきょうスカイツリー駅からすぐとアクセスも抜群で、スカイツリー観光と一緒に訪れやすい場所です。


6. すみだ水族館(東京都)


公式ホームページ

どの水族館も趣向が凝らされ見応え抜群です。展示意外にも様々なプログラムを用意しているので、ぜひ参加して楽しんでくださいね。

※本記事の価格等の情報は最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!