WOW! JAPAN

その他エリア

観光

日本が世界に誇る名美術館6選

2016.04.07

Writer name : HITODE 3

日本には様々なジャンルの美術館がありますが、所蔵作品だけではなく、その佇まいや景観も素晴らしい特におすすめの美術館を6選ご紹介いたします。

1. 根津美術館(東京都)

根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940年)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存・展示するためにつくられた美術館です。国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件を含む約7400点の美術品を収蔵しています。2009年に新設された、和風家屋を思わせる大屋根が印象的な本館は、現代日本を代表する建築家隈研吾氏の設計によるもの。美術館の敷地内には広大な日本庭園があり、四季折々様々な表情を見せてくれます。庭園内には茶室が点在しているので、美術鑑賞の後に散策するのもおすすめです。毎年、庭園の燕子花(かきつばた)が咲く4月中旬から5月中旬にかけて公開される尾形光琳の傑作、国宝「燕子花図屏風」も必見ですよ。



1. 根津美術館(東京都)


公式ホームページ

2. 国立西洋美術館(東京都)

緑豊かな上野公園内にある国立西洋美術館は、モネ、ルノアールら19世紀印象派から20世紀前半のフランス絵画やロダンの彫刻を中心とする「松方コレクション」をベースに、中世末期から20世紀初頭にかけての西洋絵画とフランス近代彫刻など収蔵・展示する、日本で唯一の西洋美術専門の美術館です。これらの収蔵品は、年間を通じ、本館、新館、前庭で展示されています(周期的に展示替えあり)。また、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの設計による本館は、コレクションの増加に伴い、建物も増築していく「無限成長美術館」というコンセプトをもとに建てられた歴史的建造物で、2007年に国の重要文化財に指定されました。2016年の世界遺産登録を目指す西洋美術館、今後ますます注目のスポットとなりそうです。


2. 国立西洋美術館(東京都)


公式ホームページ

3. 太田記念美術館(東京都)

太田記念美術館は、東邦生命保険相互会社の元会長、故・太田清蔵氏が蒐集した浮世絵のコレクションを収蔵、展示している浮世絵専門の美術館です。そのコレクションは喜多川歌麿や葛飾北斎、歌川広重といった有名な浮世絵師たちの作品を中心に、江戸時代の始めから、明治時代にいたるまでの代表作品からなり、浮世絵の発展の歴史を網羅的に辿れるような、充実した内容となっています。浮世絵の個人コレクションとしては世界有数の規模を誇っています。展示室は1階と2階の2部屋あり、2つの展示室を使い、所蔵品を中心にテーマに沿った約80点前後の作品を企画展示しています。常に人で賑わう原宿にあるのが信じられないくらい閑静な佇まいなので、落ち着いて心行くまで浮世絵鑑賞が出来ますよ。


3. 太田記念美術館(東京都)


公式ホームページ

4. 安曇野ちひろ美術館(長野県)

北アルプスを望む広々とした高原にゆったりと屋根を拡げる「安曇野ちひろ美術館」は、日本の画家・絵本作家のいわさきちひろの作品と、世界の絵本画家の作品を展示する美術館です。館内には展示スペースのほか、約3,000冊の絵本を自由に読むことが出来る「絵本の部屋」や、キッズスペース、安曇野の素晴らしい景色を眺めながら食事が出来る「絵本カフェ」などもあり、親子連れでも一日のんびり過ごすことが出来ます。また、美術館の前には36,500㎡もの広さを誇る「ちひろ公園」があり、四季折々の美しい花々を楽しむことが出来るので、ちひろの愛した景色を眺めながらちひろの世界に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。


4. 安曇野ちひろ美術館(長野県)


公式ホームページ

5. MIHO MUSEUM(滋賀県)

1997年11月に、世界的に有名な建築家I.M.ペイ氏の設計により設立された「MIHO MUSEUM」は、滋賀県信楽町の自然豊かな山の中に突如として現れた桃源郷。周囲の自然景観保全に配慮し、 建築容積の80%を地中に埋設したユニークな設計も有名です。石彫、工芸品を中心に、西は古代ギリシアから東は中国、日本まで、幅広い地域と時代に渡る優品2000点以上を所蔵し、常時約500点を展示しています。現実世界から隔絶された空間で上質な美術品に囲まれる贅沢なひと時を過ごせるおすすめのスポットです。人里離れた桃源郷ゆえか、開館期間が限られいるので、事前に公式ウェブサイト等でのチェックをお忘れなく!


5. MIHO MUSEUM(滋賀県)


公式ホームページ

6. 大塚国際美術館(徳島県)

「大塚国際美術館」は、1988年に徳島県鳴門市に設立された日本最大級の常設展示スペースを有する美術館です。こちらで展示されているのは、世界25カ国190余の美術館が所蔵する1000点を超える世界の名画や、古代壁画を特殊技術によって、原寸大の陶板に忠実に再現したもの。陶板は紙やキャンバス、土壁に比べ色が経年劣化せず、いつまでも色鮮やかな状態を保つことができます。全ての作品が原寸大で再現されているため、図録や映像では解り難い、原画が持つスケールの大きさを体感出来るのもこの美術館の特徴です。特に素晴らしいのは本来移動が不可能な古代遺跡や教会などの壁画を環境空間ごとそのまま再現した立体展示です。まるで実際に現地で作品を目にしているような迫力や臨場感は感動もの。行けば必ず満足できるおすすめの美術館です。


6. 大塚国際美術館(徳島県)


公式ホームページ

いかがでしたか?日本には優れたコレクションを持つだけでなく、お庭の美しい美術館、有名建築家による美術館、美味しいカフェのある美術館など付加価値のある美術館がまだまだたくさんあります。ぜひ色々な美術館に足を運んであなたのお気に入りを見つけてください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!