WOW! JAPAN

その他エリア

観光

日本の冬にするべきこと8選

2016.03.04

Writer name : shiho

四季のある日本では、冬になると寒い気候を生かしたアクティビティや冬の味覚を楽しむなど、冬らしさを満喫できる過ごし方がたくさんあります。その中でも特におすすめの日本の冬の過ごし方を見てみましょう。

1. ウインタースポーツでパウダースノーを満喫する

日本は世界的に見てもスキーリゾートが多い国で、冬は国内外から多くの観光客が各地のスキー場を訪れます。中でも北海道のニセコや長野県の白馬などは人気のスキーリゾートとして知られています。人気の理由は、パウダースノーと呼ばれる良質な雪。特にニセコは、雪玉が作れないほど軽く水分が少ないパウダースノーで、このパウダースノーでスキーが楽しめる確率も高いとも言われています。新千歳空港からバスで2時間程度の距離も魅力です。


1. ウインタースポーツでパウダースノーを満喫する

2. イルミネーションを堪能する

日本の冬の風物詩として、今やすっかり定番となっているのがイルミネーションです。特に日本のクリスマスイルミネーションは海外でも紹介され、実際にそれを見た方は皆その美しさに感動するようです。また、イルミネーションによって、いつもの風景が一変して幻想的な雰囲気になるため、デートコースとしても人気です。東京では、港区にある商業施設「カレッタ汐留」、丸の内エリアのイルミネーションなどが定番人気。その他、兵庫県神戸市の「ルミナリエ」なども有名です。
※今冬の「カレッタ汐留」「ルミナリエ」のイルミネーションは終了しています。

※写真はカレッタ汐留のイルミネーション



※神戸市のイルミネーション「ルミナリエ」

2. イルミネーションを堪能する

3. 雪や氷の絶景を楽しむ

雪の多いエリアでは、その雪や寒さゆえに見られるこの時期だけの景色があります。例えば、山形県蔵王温泉スキー場では、雪と氷に覆われた木「樹氷」を見ることができます。スノーモンスターと呼ばれるその景色は不気味さと美しさも合わせ持つと評されています。また、北海道札幌市で行われる「さっぽろ雪まつり」は、雪や氷で作った200基を超える像が制作・展示されます。その繊細かつ圧倒的な雪像の数々は、見た方に「このために日本に行きたい」と言わしめるほどです。是非日本に来たら、このような雪や氷の絶景を楽しんでくださいね。

※蔵王樹氷




※さっぽろ雪まつり

3. 雪や氷の絶景を楽しむ

4. 露天風呂につかる

屋外にある温泉「露天風呂」は、温泉につかりながら開放感のある絶景を見られることで人気ですが、冬は雪景色を見ながら露天風呂に入る「雪見露天」が最高の贅沢とされています。岐阜県の奥飛騨温泉郷、群馬県の四万温泉、栃木県の奥日光や奥鬼怒などが雪見露天が楽しめるエリアとして有名です。

※写真は奥飛騨温泉郷


4. 露天風呂につかる

5. 温かい鍋をつつく

「鍋料理」は日本の冬を代表するメニュー。食卓の真ん中に置かれた熱々の鍋から、各人が思い思いに食べたい具材を取り分けて食べます。鍋を囲んで食べることにより、会話が生まれやすくなるというデータもあり、コミュニケーションの一環として鍋を食べることもあるようです。鍋料理は、一般的な味付けや具材のものから、地方ごとに特色のある具材が入ったものまで実に多種多様。冬になると、居酒屋や日本料理の店などでも食べられます。最近では「カレー鍋」や「トマト鍋」など、だしと意外な食材を組み合わせた鍋も人気です。


6. 旬の冬の味覚を堪能する

日本人から愛される冬の味覚で人気なのがカニやカキ。冬の冷たい海の中でたっぷりと栄養を蓄えているため、甘みが強く、実もぎっしり詰まっているのが特徴です。これらは、東京でも食べることができますが、水揚げ量が多い地域や有名な場所へ行くと、より新鮮で美味しいものが食べられるでしょう。例えば、カニは、福井県や石川県などの北陸地域、鳥取県や兵庫県も有名です。また、カキは、広島県、北海道や、宮城県など東北地方も有名です。是非これらの地域に訪れた際には、旬の冬の味覚を味わってみてくださいね。



7. こたつで暖をとる

日本の冬に欠かせない伝統的な家具「こたつ」。電熱器付きのテーブルを布団で覆い、暖をとる家具です。家具なので一般家庭でしか体験できないと思いきや、部屋にこたつのある温泉宿、こたつが楽しめる居酒屋もあります。さらに、東北地方の「三陸鉄道」では、こたつに入って駅弁を食べながら景色を眺める観光列車「こたつ列車」も走っています。
ぜひ「こたつ」に集まって暖を取りながら、おいしい料理、お酒、おしゃべりを楽しんでみてください。あまりに快適で、きっと出るのがつらくなること受け合いです。


7. こたつで暖をとる

8. 年末年始のイベントを楽しむ

時期が合えば、年末年始を日本で過ごしてみるのもおすすめですよ。日本では、大晦日には全国各地でカウントダウンイベントが開催され、ホテルや旅館では、大晦日に食べる風習のある「年越しそば」を振る舞ってくれるところも。さらに、年が明けた元日からは、伝統的な食事「おせち料理」を食べたり、神社へ1年の幸せを祈願する「初詣」に行ったりします。このように、年末年始は、日本特有の行事や楽しみが詰まった時期といえます。

おせち料理のイメージ


いかがでしたか?日本の冬にはさまざまな楽しみ方があります。もし冬に日本を訪れる機会があれば、これらの「日本の冬らしさ」を思う存分満喫してくださいね。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!